韓国ドラマの動画を無料視聴する方法をまとめたサイト|韓流ドラマを視聴する際のおすすめ動画配信の比較からドラマランキングの紹介までをまとめたサイト「ネゴシエーション」

タンタラ~キミを感じてるの動画無料サイトまとめ!日本語字幕含め1話から全話視聴!

「タンタラ~君を感じてる」は2016年4月からKNTVにて放送された芸能界が舞台のドラマです。

主役はチソン、助演はGirl’s Dayのヘリ、CNBLUEのカン・ミンヒョクなどが名を連ねています。
策略によりはめられた敏腕マネージャーが、新人アイドルバンドをデビューさせる愛や笑い、成功への葛藤が盛り込まれているラブコメディです。

そんな「タンタラ~君を感じてる」のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います!

ちなみにU-nextなら「タンタラ~君を感じてる」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

タンタラ~君を感じてるが無料視聴できる動画配信サービス一覧

タンタラ~君を感じてるの動画を無料視聴できるサービス一覧をまとめましたので、ご覧下さい♪

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 無料期間
月額料金/ポイント
韓国ドラマ作品数

字幕見放題
× 31日間無料
月額1990円 600円分配布
960作品

字幕見放題
× 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし

字幕見放題
× 31日間無料
月額500円 ポイントなし
340作品

字幕見放題
× 2週間無料
月額888円 900円分配布
140作品

字幕見放題
× 30日間無料
月額933円

3740P(第1話無料)
× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
×
見放題
× 31日間無料
月額550円 ポイントなし
500作品

 

「タンタラ~君を感じてる」を視聴できる動画配信サービスはいくつもありますが、無料で全話見ることが出来るのはU-nextだけです♪

また、U-nextは動画配信サービスの中で31日間という最も長い無料期間があるだけでなく、韓国ドラマの配信本数が他のサービスに比べて圧倒的に多いのも魅力の1つです。

無料視聴期間が31日と最も長いだけでなく、作品数も最も多いU-nextで、タンタラ~君を感じてるをお楽しみ下さい♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ただ、無料期間があるとは言っても、解約が難しくて結局、お金を払うことになるんじゃないの?と不安にも思いますよね。

そこで続いて、U-nextの登録方法、と、解約方法について説明しますので、不安を払拭して頂ける嬉しいです!

U-nextの登録方法と解約方法

U-nextの登録方法は簡単3ステップで完了できるので画像と共に説明していきますね。

【登録方法】

U-nextの登録方法の流れから説明致します!スマホでは横スクロールして頂けますと全てのステップが見れます♪

step1 step2 step4 step4
「今すぐ31日間 無料トライアル」をクリック お客様情報を入力し「次へ」をクリック クレジットカード情報を入力 確認して完了

【解約方法】

続いて解約方法を説明致します。こちらもスマホですと横スクロールで簡単にご覧頂けます♪

step1 step2 step3 step4 step5
ログイン画面の左上をクリック→設定・サポートをクリック 契約内容の確認・変更をクリック 月額プラン『解約はこちら』→次へをクリック 『同意する』をクリック→解約する 解約完了

以上が登録方法と解約方法になります。登録も簡単ですし、解約も3クリックでできるので安心ですね♪

登録も簡単に出来て、解約も簡単に出来ることはわかったけど、でも、やっぱり無料動画サイトで観れるなら・・・と、思う気持ちもわかります汗

そこで無料動画サイトにて視聴は可能なのか?

「タンタラ~君を感じてる」 を検索した結果をまとめましたので、ご覧頂ければと思います♪

 

タンタラ~君を感じてるの無料動画一覧

各話ごとに無料動画があるかどうか「タンタラ~君を感じてる 字幕」と「タンタラ~君を感じてる 吹き替え」に分けて、検索した結果をまとめました。

結論から述べると無料動画があるか確認しましたが、タンタラ~君を感じてるの予告編や本編字幕などでした。

Youtubeでは「タンタラ~君を感じてる」の取り扱いはありますが、公式ではないため突然見れなくなってしまう可能性もあります。

現在の動画配信サービスだと「吹替版」を扱っている配信サービスがなく、「字幕」での視聴のみとなります。

「U-next」なら字幕版の取り扱いがあるだけでなく30日間無料で見ることができ、600円分の配布もあるのですぐに見たい!という方は、ぜひ無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

また、映像でも見たいけど、どんな内容なのかを把握してから視聴したい!という方のために、あらすじを既に視聴された方の感想と共にまとめました!

文章でどんな雰囲気のドラマなのかを掴んでから、映像でも2度楽しんで頂けると嬉しいです♪

第1話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第1話 あらすじ
大手有名芸能事務所・KTOPで敏腕マネージャーとして活躍するシン・ソクホ。所属アイドルをトップにするためには手段は選ばない野心的なマネージャーだ。苦楽を共にし成長させてきたアイドルグループJACKSONと事務所から独立する計画を進め、この事務所での最後の活動としてチャート1位を獲得するため新人作曲家の曲をJACKSONの新曲として発表する。そして、JACKSONが新曲をひっさげ華麗に活動を始め成功を収めていた頃、ソクホ自身は予測もしていなかった事態に見舞われ、なんとか再起を釜山へ向かう。青年ハヌルは幼馴染への婦女暴行容疑をかけられ法廷に立っていた。ハヌルの後見人として裁判を傍聴していたグリンは公判の内容に苛立ちを隠せずにいた。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第1話 感想
序盤にハヌルの裁判シーンに驚きました。主要人物であるハヌルが犯罪者!?グリンは興奮し無罪を主張していたので、この容疑は冤罪なのでしょうか。虚偽の発言をしているジヨン役はユンソ。「今日から愛してる」で主人公の妹スンアを演じていました。スンアはかなり性格の悪い子でしたが、ジヨンは一体どんな子なんでしょう。ソクホは敏腕マネージャーでまさに今勢いのあるマネージャーって感じですが、作曲家の作品をアイドルグループの自作曲として発表するなど結構強引な所もあり、大丈夫かなと思っていたら案の定、失脚してしまいました。失意のソクホに聞こえてきたのはハヌルの歌声。この時のハヌルが歌っていた歌の歌詞が良いんです!聞いていると励まされて心が暖かくなる歌なんです。ハヌル役のカン・ミニョクは所属しているバンドCNBLUEではドラム担当ですが、今回のドラマではボーカル役です。アーティストとしてだけではなく、「オレのことスキでしょ」「棚ぼたのあなた」「相続者たち」といった作品で俳優としても活躍しています。

第2話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第2話 あらすじ
ハヌルの声を聞いてからというもの、ソクホは必死でハヌルを見つけ出そうとする。ハヌルの歌うCM ソングを手に入れたソクホは、JACKSONための支援金を新人の売り出しのために使おうとする。親友のミンジュはそれを聞きつけ、それは契約違反になると大反対!しかし、諦めないソクホは執念でハヌルは通う学校を見つけ出す。学校に向かうと、停学処分を受けているハヌルが同級生たちから暴言を受けているところに出くわす。落ち込み歩くハヌルをそっと追いかけていたソクホは、しばらくしてハヌルに手を差し伸べる。しかし、自分は婦女暴行の犯罪者だと言い、ハヌルはソクホの提案を拒否した。その後、偶然通りかかったオーディション会場でソクホは名門ジュリアード音楽院出身のギタリスト・カイルを見つけた。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第2話 感想
高い建物の上にハヌル。その姿は今にも自ら命を絶ってしまいそうな雰囲気。性犯罪者の濡れ衣を着せられ、学校では牛乳をかれられるなどのひどいイジメに遭い、思いつめてしまっていたんでしょうね…そんなハヌルをスカウトしたいソクホはまず保護者でもあるグリンに接触するも、彼女はガードが固く、それだけハヌルを大切に思っている気持ちが伝わってきます。アルバイトを4つもかけ持ちをしていることも脱帽です。ハヌルの次にソクホが見つけたのが、ジュリアード音楽院出身のカイル。カイルを演じるのは、5urpriseのメンバーであり、NCTのドヨンの実のお兄さんでもあるコンミョン。本編では、ソクホに曲を奪われ命を絶った作曲家の弟がソクホを襲います。自殺をしていたとは衝撃でしたが、ソクホがしたことはそれほどの事という事実です。そんなことがあってもまだ芸能界で再起を図ろうとするソクホはすごいバイタリティの持ち主だと思いました。

第3話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第3話 あらすじ
“””歌うハヌルを見て喜んだグリン。その後、事務所へ向かったグリンは、職員に練習生の中にジヨンという子がいないか尋ねていた。彼女が事務所に来たことを聞いたジヨンは行動を起こす。一方、ナ・ヨンスという男が突然ソクホを訪ねてくる。以前、店でギターを弾いていたがヨンスは、ソクホの独立を聞き、ギター担当として自分を売り込みきた。しかし、新しいバンドにベースがいないことを知るとベーシストとしてバンドに参加させてほしい。とソクホに頼んだ。その後、練習会場に現れたヨンスは子どもを連れていた。これにはメンバーそしてソクホも驚く。ハヌルの家を訪れたカイルは、偶然、前科があるというハヌルの過去を知り、ソクホと衝突する。
“””
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第3話 感想
3人目のメンバーとしてヨンスが登場しました。癒しの笑顔の持ち主です。25歳の彼にはなんと5歳になる息子がいたのです!これにはソクホも驚きを隠せませんでした。元々はギタリストだったヨンスでしたが、すでにギターがいることを知るとベーシストとしてバンドに参加することに。いいのか、ヨンス?ハヌルはカイル、ヨンス、彼の息子のチャニを自宅に招きますが、家の壁にはひどい内容の落書きがされていてグリンが必死で消そうとしていました。それを見たヨンスとチャニが壁にカラフルな絵を描いてすっかり落書きが消えてしまいます。このシーンには心があったかくなりました。しかし、ハヌルの前科を知ったカイルはソクホに反発しますが、最後にはソクホに従います。「もう歌わない」と宣言するハヌルにソクホが渡したのはCDとキャラメルの箱。昔の縁を示す2人をつなぐものでした。ボーカルは前科があり、ベースはシングルファーザーとそれぞれの過去を背負ったメンバーでバンドはこの先どうなるのでしょうか。

第4話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第4話 あらすじ
どうしても歌うことができないハヌルはバンドを辞めたいと言い、出ていってしまう。残されたCDとキャラメルの箱を見たソクホは、何かを思い出し、とある納骨堂へと向かう。兄貴分として慕っていたソンヒョン場所の前で涙を流すソクホ「ひょっとしてハヌルは兄貴(ヒョン)の弟…」その昔、あるバンドでギターを担当していた兄ソンヒョンには弟がいた。彼らと話した時を思い出したソクホ。そして、CDの中に手紙を見つける。ハヌルに会いに行くソクホ。カイルも後から釜山へ向かい、二人はグリンの家で過ごすことになった。その後、ハヌルの犯罪の真相を聞き、嘘の証言をしたジヨンがKTOPに所属していることを知ったソクホは、事務所でジュハンに警告する。その頃、カイルの言葉を思い出したハヌルは複雑な思いを感じていた…。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第4話 感想
ハヌルが昔お世話になった兄貴分ソンヒョンの弟だと知ったソクホ。昔、いつかハヌルのアルバムを出すことを約束していたのです。なんという偶然でしょう。カイルはハヌルを訪ね、「オーディショ会場でハヌルの歌を聞いた時、ジュリアード音楽院を辞めてきて正解だった」と思ったことを伝えます。今回の話では、グリンとハヌルに血のつながりがないことも分かります。グリンが中学2年生の時に両親が亡くなり、ハヌルの両親がグリンを引き取って育ててくれたのでした。その愛情に報いるためにもグリンはハヌルを守りたいという思いがあるんですね。今作では弟思いの儚げな姉グリンを演じるヘリは「応答せよ1988」ではコミカルなドクソンという役を演じていました。ソクホが担当していたグループJACKSONが、ハヌルの事件の真犯人を明かすのです。真犯人はジュハンでした。これにはジヨンが新しいガールズグループのメンバーとしてKTOPからデビューしている事にも関係がある様です。まだ真相の部分は闇の中ですが、この事件のシーンは暗い気分になります。

第5話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第5話 あらすじ
幼い頃、ソクホを出会っていてことを思い出したハヌルは胸に溢れる懐かしさに涙が止まらない。残してきたCDの中の手紙を読み、ハヌルは再び歌うことを決意しソウルへ。ソクホはハヌルの冤罪を晴らすため、調査を続ける中で事件の真犯人に辿り着く。なんと彼が手塩に掛け育ててきたJACKSONのジヌだった。事務所のジュハンから明かされた真相はこうだった。舞台恐怖症になったジヌは1年程、薬を飲んでいた。ある日、クラブにいたジヌは誤ってアルコールと薬を飲んでしまう。そして、その場にいたジヨンに利用されていたのだ。しかもハヌルの婦女暴行罪をでっち上げたうえ、ジュハンを脅し、ジヨンは新人グループのメンバーとしてデビューを果たしていた。ソクホは、ハヌルを救いたい気持ちと、ジヌを警察に通報できない思いの間で苦しむ…
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第5話 感想
何とかしてハヌルの無実を証明したいと調査を続けていたソクホでしたが、その結果、真犯人はJACKSONのリーダー・ジヌであることを知り、思い悩みます…これから素晴らしいアーティストに育てようと見つけたハヌルに無実の罪を着せたのが、これまで長い間育ててきたジヌだったということがすでに衝撃の事実です。それに加え、ジヌを自首させようとしても事務所の代表にそのつもりは一切なく、ハヌルが害を被ってしまいそうです。芸能事務所KTOPイ・ジュンソク代表を演じるのはチョン・ノミン。ドラマ「善徳⼥王」ではミシルの内縁の夫役でした。思い悩んだ末、ソクホは理由を明かさず、メンバーたちにバンドは解散するとだけ言い、行方をくらませてしまいます。何よりも恐ろしい子はジヨン…突然、グループに加入してデビューした上にメインポジションを奪う、ドラマに出たいと言い出す。やりたい放題。もちろんグループでは浮いた存在になりますが、チームワークって何?状態なので気にしてないようです。本当の芸能界も画面の外ではこんなことが繰り広げられているんじゃないかと思ってしまいました…

第6話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第6話 あらすじ
行方不明のソクホを待ち続けていたハヌルは、ある日トラックに乗ったソクホを見かける。ハヌルは、トラックの記憶を頼りに港で手当たり次第に聞き込みをし、ソクホを知る人に会う。そして、ついにソクホを見つけだした。そばに来るハヌルを無視しているような素振りのソクホに「ソクホの曲で歌いたい。皆ソクホを待ってるから」と言い、ハヌルは帰っていった。その言葉に聞いたソクホはバンドの再始動を決心する。まず、KTOPへ向かったソクホはジュハンに会う。そこであらゆる妨害に屈することはない、ハヌルの汚名も必ず晴らすと告げた。そしてメンバーのもとへ。ソクホが復帰を信じ彼らを支えていたミンジュは涙を流す。メンバー達はソクホからのメールを受け、急いで事務所に集まった。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第6話 感想
ハヌルが失踪したソクホを見つけ出し、バンドは再始動します!ソクホが戻ることを待ち、共同生活を送っていたメンバーたちも一安心ですね。ここで登場したのが4人目のメンバーとなるドラム担当のジェフン。マザコンのソウル大の学生という面白いキャラクターです。彼を演じるのはTEENTOPのLJOEです。再始動したバンドを音楽番組に出演させるため、番組担当プロデューサーにソクホが土下座するシーンが印象的でした。そのプロデューサーはKTOP時代のソクホが不遜な態度を取ってしまっていた人だったんです。昔と今、立場が逆転してしまった2人。今はバンドのためなら何でもしようと覚悟しているソクホは、過去の無礼を詫び、その身を持ってお願いしたんです。そのソクホの姿はかっこよかったです。練習室のオーナーであり、事務所の元室長が現代表を話をしていたのが気になります。そして、ハヌルとソンヒョンの間には昔何があったのでしょう。

第7話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第7話 あらすじ
タンタラが喜んで楽しみにしてた生放送番組の出演がKTOPからの妨害により白紙になってしまう。ソクホは担当プロデューサーに局長に会わせてほしいと懇願する。しかし話は進まず、局長室から追い出されようとしたその時、ジュンソク代表がジュハンを共に局長室にやってくる。局長はKTOPは好きにすればいい、局としてはタンタラバンドを舞台に立たせると放送局の見解を示す。加えて、音楽面での完成度を重視していることも言う。最後に、局の番組にはKTOP所属の歌手、タレントすべての出演を拒否することを通告する。突如、ピンチに陥るジュンソク代表。彼らが局から去った直後、ソクホはバンドの出演決定の連絡を受け、大声で喜んでいたのだが…
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第7話 感想
ついにタンタラバンドが番組出演を果たしましたー!!!新局長が事務所の代表の圧力に屈することなく毅然と対処したシーンにスカッとしました。今回のような芸能事務所とテレビ局の関係というのは、日本でも聞くことのある話だなと思いながら見てました。ソクホは人気のギタリストであるイ・サンウォンがカイルとジュリアード音楽院で一緒だった事を知り、タンタラバンドをサンウォンのコンサートで共演できないかと考えます。実はカイルはこのサンウォンにゆがんだ感情を持っていたんです。これまでも様々な過去を抱えていたメンバーでしたが、カイルにも隠された過去があったんですね。タンタラバンドのボーカル・ハヌル役のカン・ミニョクは所属するバンドCNBLUEではドラムを担当しています。歌唱シーンでは、いつもアーティスト活動中に後ろから見ているCNBLUEのボーカル・ヨンファの姿を参考にしたそうです。そしてイ・サンウォン役はカイル役のコンミョンと同じグループ5urpriseのソ・ガンジュンが友情出演として演じました。

第8話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第8話 あらすじ
ソクホから突然言い渡された解雇に納得がいかないグリン。これからしっかり勉強して頑張ると言うグリンだったが、ソクホは聞く耳を持たず、マネージャーの資格がないとまで言われてしまう。悔し涙を流すグリンをハヌルは励ます。自室に戻ったハヌルにカイルが、2人の姉弟関係を聞く。彼は、グリンの実の父は自分の父親の友人。グリンが中学生の時に両親が亡くなり、ハヌルの両親がグリンを引き取ったことをカイルに打ち明ける。ヨンスはこれまでグリンが実の弟のようにハヌルの世話をしていたことに心を動かされた。ハヌルはこのことは他の人には言わないでほしいと2人に頼んだが、その後メンバー全員が知っていたことに怒る。ソクホはトッポギを差し入れとして皆のところに持ってくる。ジェフンはおいしそうに頬張っていたが、これまで友達がいたことがなく、こうしてみんなで食事ができることが嬉しいと皆に打ち明けた。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第8話 感想
久しぶりに再会したことでカイルとサンウォンのわだかまりもほどけていきました。ライバルって難しい関係性ですが、お互いを認め、友人としても大切に思っている事が伝わって良かったです。同じグループのメンバーがカイル役とサンウォン役ということもあり、共演した舞台で手を取り笑いあう場面は2人の繋がりをより感じられました。グリンがソクホからマネージャーを解雇されてしまったのは、バンドのマネージャーという立場にも関わらず、ハヌルを優先して行動していたからでした。こういうところはソクホは一流のマネージャーなんだと思います。無実の罪で辛い日々を送っていたハヌルですが、真犯人だったジヌも同じように苦しんでいます。事件の様子の動画に写った靴の持ち主は、ジヌではなくジュハン!?この事件は一体どうなっているのでしょうか。

第9話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第9話 あらすじ
出演したラジオで聞いた投稿が気になったジヌは事件現場である釜山へ向かうと、待ち伏せしていたハヌルと鉢合わせる。「2人とも被害者なんじゃないか」というジヌの言葉に激怒するハヌル。しかし、ジヌは当時のジヨンの事で思い出したことがあると言う。それを聞いたハヌルは思いだす。自分が逮捕された時、そこにギョンスがいた。ハヌルはジヨンの家から戻る途中で交通事故を起こしたジヌを発見する。すぐにソクホに電話し指示を待っていたが、連絡を待たずにジヌをタクシーに乗せソウルへ向かった。連絡を受けたソクホは対応を終えた後、ハヌルの様子を見に行く。いつからジヌが犯人だと知っていたのか」と聞くハヌルに、「タトゥーで気づいた。グリンが気づかないようにしてくれ」とソクホは言った。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第9話 感想
事件現場で無実の罪をきせられたハヌルと真犯人とされるジヌが出会うシーンは、まるでサスペンスドラマのようでドキドキしました。この事件、早く解決してほしいです。そんな中、事故を起こしたジヌを助けソウルに戻ったハヌルはえらいですね。かつて、自分が“ヒョン(兄さん)”と呼んでいたソクホの事を、今はハヌルが“ヒョン”を呼ぶ様子を見て複雑な気持ちになるジヌ。そのソクホの「お前がソンヒョンの弟なら、俺にとっても弟だ」という言葉。兄と両親を相次いで亡くし、そこで無実の罪で前科が付き辛い日々を送っていたハヌル。心細い思いをしていた中で、胸に響いたでしょう。頼りになるヒョンができて良かったです。教育ママのお母さんによって実家に連れ戻されてしまったジェフンでしたが、自らの意志でバンドに戻ってきました。お父さんは家出を勧めてましたが、母を思うジェフンはそれではママが可哀そうだよと言うのには優しさが表れていました。

第10話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第10話 あらすじ
グリンが地方に出張していた頃、グリンの傘の絵を見たソクホはその足でグリンがいる美術館に行っていた。冷静になろうとするソクホだったが、その矢先、担当者のミスでソクホとグリンは一緒に泊まることになってしまった。それを知ったハヌルは動揺するが、状況を察したヨンスが落ち着かせた。グリンが好きなんじゃないかと聞かれ、自分の抱いていた気持ちに気づいたハヌル。一方、ジュンソク代表は活躍を続けるタンタラバンドを貶めようと、ハヌルが前科者だというゴシップ記事を出すことを企む。付き合いのある編集長から連絡を受けたソクホ。編集長はKTOPから情報を得た記者がハヌルの前科に関する記事をあげようとしていることをソクホに伝える…
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第10話 感想
グリンが取ってきた仕事が敬老イベントだと分かりどうなることかと思いましたが、担当のチョ課長のおかげで結果的には、タンタラバンドの知名度が上がる仕事となりました。グリンを好きになりかけていることに気づいたソクホ、そして姉のような存在のグリンに淡い思いを抱いていることに気づいたハヌル。そして、ミンジュはソクホが好き、そのミンジュに憧れるヨンス。一方通行が絡み合う複雑な恋愛模様です。知名度をあげてきたタンタラバンドは、芸能人をしての自覚を持った行動を心掛けなければなりません。カイルの運転代行バイトもそろそろ難しくなってきそうです。あの事件の真相も少しずつ明らかになろうとしています。ここにきても、ジヨンは自分のまだ幼い弟を巻き込んでまで成功しようとする野心の強さをむき出しです…

第11話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第11話 あらすじ
仕事を終えたタンタラバンドが放送局から出てくると、そこには道をふさぐほど大勢の報道陣の姿が。立ちすくむハヌルの手を握り、「笑うんだ」と声をかけるソクホとハヌルの反対の手を握るグリン。気持ちを立て直したハヌルはメンバーと共に迎えの車へ向かう。社内で一斉に携帯を確認するメンバーに「しばらく携帯は見ないでおこう」とソクホが言うと、皆携帯を置いた。しかし、容赦ないマスコミの攻撃は続き、ネット上ではハヌルが婦女暴行の前科を持っていると騒がれていた。この騒ぎにほくそ笑みながらメールをするジヨン。送信先はハヌルだった。ハヌルは傷つきながらも事態を静観していた。KTOPのあまりに非情な行動が目に余ったピョン社長は、自らKTOPに乗り込んでいったのだが…
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第11話 感想
今回の見どころポイントはファンミーティングのシーンです!この撮影には7話と同様、実際のCNBLUEとTEENTOPのファンが参加したそうです。それもあって、本物のファンミーティング並みの盛り上がりと臨場感でした。ここで、ヨンスがファンに向け5歳の息子を持つパパだということを告白するのです。突然の告白もファンはあたたかく受け入れてくれたのです。最初はファンに言ってしまって大丈夫!?と思ったのですが、まだデビューして間もなかったこともあり、ファンの皆さんも受け入れられたのかもしれませんが、何より事実を伝える時の言葉ひとつひとつにヨンスの人柄が表れていたことも良かったのかもしれません。このシーンで、ヨンスの告白に会場で涙を流す女性がいました。チャニのママだったような?そしてジヌは記者会見で、事件現場にいたのは自分だ。と発表します。潔くかっこいいジヌが見られました。でも彼のこれからが心配です…

第12話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第12話 あらすじ
一緒にお茶を飲んでいた時、ソクホはグリンにハヌルと家族になったいきさつを聞いていた。両親を亡くしたグリンをハヌルの父親が引き取ってくれたのが始まりだった。とグリンは話した。そんなグリンは辛い時、1人で泣けばすっきりして元気が出る。と話す。すると、ソクホは「傘にはなれないかもしれないけど、泣きたいときはそばにいる」とグリンに伝える。その頃、ハヌルは雨の中でグリンを待ち続けていた。ハヌルの過去を書いたパク記者は、ガールズグループ・トゥインクルのメンバーイ・ジヨンに何かを感じ、所属事務所KTOPのジュハンを訪問する。ハヌルについてはスラスラ話していたジュハンだったが、パク記者がイ・ジヨンとJACKSONについて話を聞こうとすると途端に言葉を濁した。それをパク記者は見逃さなかった。その頃、ジュンソク代表はジヌとジヨンのことを弁護士に相談しているところだった。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第12話 感想
ヨンスを訪ねてきたチャニのママは言った言葉は、結婚することになった…!!チャニはママを分かっているので、「もう来ないの?」と号泣。それを見たヨンスも号泣。というシーンには胸が締め付けられる思いでした…幼い子供がお母さんともう会えないなんて、しかもそれを知ってしまうなんて辛すぎます。そんな状況でもチャニのママの幸せを願ったヨンス、なんていい人なんだろう…そして、なんとハヌルはグリンに指輪をつけ告白したのです!血のつながりはないかもしれませんが、今まで姉のようにそして親代わりとして支えてきたハヌルに告白されるなんて、グリンには目の前の事が理解できないでしょうね。グリンとソクホの距離が徐々に近づいてきてるので、ハヌルの方は望みが薄いような感じ。これから、ハヌルとソクホのグリンへの恋はどうなるのか!

第13話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第13話 あらすじ
グリンは3人を連れて外出する。そこで楽しそうにはしゃいでいる彼らを微笑ましく見守る。ハヌルはグリンに告白しようと考えていたが、ジェフんがケガをするというハプニングが起き、機会を逃してしまう。その頃、ジヨンとソクホが手を組んだ。警察署に向かったソクホはこれまでの詳細を記録した動画を見せ、担当の刑事に事件の再捜査を依頼する。そして、ジュンソク代表に電話しKTOPの悪事を明るみにするために警察署に来たことを伝える。ジヨンがソクホについたことを知った代表は怒り心頭だった。ヨンスをチャニの実の母親であるガウンが訪ねてきた。彼に、別の男性を結婚することを伝えに来たのだ。その話を聞き、メンバーをはじめソクホは怒るが、当のヨンスは喜びが半分だ。と言うみんなを混乱させる。事件の再捜査の話を聞き、最初は喜んだハヌルとグリンだったが動画の存在に驚きを隠せずにいた。そんな2人にソクホは無罪を主張するための出頭することを勧める。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第13話 感想
ついにハヌルが告白した!という展開にビックリしていたら、まさかのハヌルの妄想で(笑)何かおかしいと思ってたんです。あの事件の裁判が開かれましたね。寛大な処置を願うジヨンの母親に、グリンはブチ切れていましたが(当然ですよね)それに対し、処罰は望みません。と述べたハヌル。あれだけ酷い目に遭わされたなかでこんなことが言えるなんて、人としての深さに感服です。やっと事件は区切りを見そうですが、次はソンヒョンの死がストーリーの展開に関わって来そうです。前にハヌルまで妨害することは止めろ。とジュンソク代表に言っていたピョン社長でしたが、彼は全ての真相を知る人物なんですよね。言われたジュンソク代表は全く気にしてない様でしたが。全てが明らかになった時、ソクホとハヌルの関係性が変わってしまわないか心配です。

第14話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第14話 あらすじ
『レジェンド・アゲイン』という番組からタンタラバンドの出演依頼を受けるソクホ。この番組は昔の曲をアレンジして今の若手アーティストが歌うというもの。タンタラバンドが担当することになったのはチェ・ジュナの歌。それを知ったジュンソク代表はうろたえ、何とかしてチェ・ジュナが表舞台に出られない様にと画策する。ある日、タンタラバンドの宿舎に突然ジェフンの母親がやってくる。食事のメニューやクレジットカードをグリンに渡しながらジェフンの母親はしっかり管理をしてくれるように言う。その後も、息子が止めるのもかまわず一方的にグリンに話続ける彼女に圧倒される他のメンバー。ソクホも今後ジェフンの写真を送るのは止めて下さい。とは言ったものの、お母さんなりにバント活動を認めたという事だ。とジェフンに言った。後日、ヨンスとミンジュの仲が報道されたことで、ミンジュがジェオグループの令嬢だということが発覚。それを知ったソクホはショックを受ける。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第14話 感想
グリンがソクホの事ばかりに話すので、ハヌルは自分の気持ちを伝えることを諦めていました。意地でも自分の思いを伝えることはせず、好きな人に苦しい思いをさせたくないを身を引いたハヌル。グリンに「弟だから好きなんだ」と裏腹な気持ちを答え、グリンの知らないところで涙を流しているシーンにぐっとしました。ハヌルのような相手を思いやるやさしさを持ったキャラクターが描かれいるところが好きです。一方、ソクホはソンヒョンの死が自殺だったことを知ります。当時モスクワにいたソクホ、ソンヒョンとの間に何があったんでしょうか。ソンヒョンの死のことを知っていたピョン社長を演じるアン・ネサン。いつもは重要な役どころを演じることの多い彼を、出演するシーンもさほど多くないキャラクターにキャスティングしたのは贅沢だなと思いました。

第15話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第15話 あらすじ>
タンタラバンドが番組に出演しチェ・ジュナの歌を歌うこと、ハヌルがジュナの歌を歌うことにピョン社長は大反対する。そして、ソクホはピョン社長の口からソンヒョン死が実は自殺だったこと知る。今までソンヒョンは心臓麻痺で死んだと思っていたソクホは、ジュンソク代表のいる高級クラブへ向かい、絶対に許さない。と代表に殴りかかる。その時、ジュンソク代表は「お前にそんな偉そうな事を言う資格があるのか」と笑った。そして「番組には出演しろ。そして、必ずハヌルを歌わせろ」と言ったのだ。真相を知ったソクホは納骨堂に眠るソンヒョンの所へ向かうと、これまで自分が何も気づいていなかったことを天国のソンヒョンに詫びた。家に戻ったソクホはそのままベッドに倒れこんだ。翌日、ミーティングの時間になっても姿を見せず連絡も取れないソクホをグリンは心配し、ソクホの自宅へ行ってみようというと。そんなグリンをミンジュは何か私たちには言えない事情があるんだと止めた。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第15話 感想
番組に向け準備をしていタンタラバンドの皆に、ソクホはチェ・ジュナの曲「泣いてもいい」とソンヒョンとの間にあった真実を話します。素晴らしい名曲だと思っていた「泣いてもいい」が本当はハヌルの兄ソンヒョンが作った曲だったのです。その上、曲を作った本人ソンヒョンは心臓麻痺で死んだのではなく、自殺だったということまで明かされます。これだけ衝撃の事実を立て続けに聞いたメンバーは呆然として…当然ですよね。ハヌルに至っては倒れてしまいました。「レジェンド・アゲイン」のような番組は実際韓国で人気番組となっています。韓国に戻ってきたチェ・ジュナと会おうとするソクホ。ジュナ自身も人から奪った曲が名曲となって平穏な日々では無かったのでしょう。ソンヒョンの命日には毎年納骨堂に行っていたのです。ソクホの前に現れたジュナは彼に何を語るのでしょうか。

第16話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第16話 あらすじ
番組が始まる前までに、必ずチェ・ジュナを探し出せ!ジュンソク代表はジュハンに命じた。ジュナのことを調べていたジュハンは、ジュナが滞在中のオーストラリアから韓国に帰国していることをつかみ、そのことをソクホに伝えたのだ。滞在先となりそうなホテルを片っ端から探していったソクホだったが、一足遅かった。すでにジュンソク代表の説得を受けたジュナは出国しようと出て行っていた…ホテルに残したメモの場所で待ったソクホだが、ジュナは現れない。諦めて帰ろうと店を出たとき、ついにジュナが現れた。しかし、本当のことは明らかにできない。ジュナは言い、去ってしまった。そして、ソンヒョンの命日だからとメンバー達はお参りに行く。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第16話 感想
“タンタラバンドとチェ・ジュナのコラボステージは圧巻でした…チェ・ジュナの挨拶から始まる舞台で、映像に映されたソンヒョンが優しいまなざしでハヌルを見つめているような演出があったり、感動的でした。ソクホとハヌルの説得で、頑なだったジュナも勇気を出そうと決めました。ジュナも、音楽活動が出来なくなりオーストラリアで暮らしていた間も印税に手を付けることはできす、家族にも過去の真相を話せず、人の曲でヒットしたという自責の念にずっと苛まれていたんです。ソンヒョンの納骨堂を皆で訪れ、ソンヒョンに挨拶をしたシーンで「ビジュアルはハヌルの方がいいですね」と言ったジェフンの言葉はアドリブだったのかな。

第17話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第17話 あらすじ
ステージに立ったチェ・ジュナは、表舞台から突然姿を消した理由、そして自分の曲はソンヒョンの曲だと告白した。そうして、映像のソンヒョンとステージのハヌルでの夢のデュエットが実現した。それぞれの思いを胸に2人の歌に聞きながら涙していた。ステージを見たジヌはソクホに正直に生きたい。自分も「Don’t Touch」が自身の曲でないと告白する。と告げた。そのことに関しては共犯者であるソクホは、知人にタンタラバンドを託す。ソクホの自首を聞いたミンジュは怒るものの、ソクホのために保釈金を用意するとやる気になる。しかし、ソクホは自分の罪はちゃんと自ら償いたい。と協力を断る。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第17話 感想
「泣いてもいい」がソンヒョンの曲として戻ってきました。そして、ソクホは自らが過去に犯した罪を償うため自首します。最終的には、遺族の申し出もありソクホが刑務所に行くことにはなりませんでしたが、ジヌの他人の曲を自作曲としてきたことを告白します。一連の問題は真相が明かされ、解決の方向に向かってきました。一方、ミンジュはヨンスに実は10年以上ソクホに片思いしていることを明かしました。10年以上も思われたソクホはその思いに気づくときは無かったのかなと思いました。ミンジュにヨンスの息子がなついているので、ヨンスがミンジュがうまくいくのもいいなぁと思います。

第18話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第18話 あらすじ
ジヌはSNSで「Don’t Touch」は自作曲ではないことを告白。自分は音楽の勉強のため海外に渡ると投稿した。驚いたソクホはすぐジヌに連絡を取ったが、空港に到着していたジヌはお礼を言い旅立とうとする。すると、空港にはジヌのファンが大勢詰めかけ、声援を送り続けていた。ファンの声に勇気をもらい旅立つジヌ。ハヌルは、兄を亡くした両親に笑顔が戻ったのはグリンが来てくれたおかげなんだ。とグリンに話す。すると、グリンも自分が成長できたのはハヌル一家のおかげだと言った。KTOP ENTERTAINMENTはジュンソク代表、ジュハンが去り、事務所は再建不能をなった。それから1年後、タンタラバンドは音楽番組で1位を獲得。その地位は不動のものとなっていた。
ドラマ「タンタラ~君を感じてる」第18話 感想
ジヌが自作曲の偽証を告白し謝罪。イギリスへ音楽留学に旅立っていきました。事件に巻き込まれたあとも翻弄され続け、辛い日々もありましたが、最後は自分の意志で新しい道を歩んでいく強さを身につけました。根がまじめな繊細な子だったんですね。1年後の物語ですが、なんとジェフンが脱退!ドラムに新メンバーが加入という展開が!!新メンバーはキュートな女の子でした。ハヌルが一目ぼれするというおまけつき。このドラマは当初全16話の予定が2話追加されたんです。そのせいかラストが少しダラダラした印象が残りました…最初は暗い事件の話もあり、気持ちがふさいでしまいそうな時もありましたが、まっすぐでエネルギーいっぱいのキャストに救われた作品でした。

各話のあらすじ、感想を見て頂き、どんなドラマなのか?よりイメージして頂けたのではないでしょうか♪

映像で見れば、より面白みが増しますし恋愛ドラマに胸がときめくこと間違いなしです!

映像でも見てみたい!と思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

「タンタラ~君を感じてる」の動画を見た方々の感想

口コミ

(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる

 

タンタラ~キミを感じてるのキャスト・スタッフ

【脚本】
ユ・ヨンア

【キャスト】
チソン
ヘリ
カン・ミンヒョク
チェ・ジョンアン
コンミョン
ビョンホン
チョン・ノミン
チョン・マンシク

まとめ

タンタラ~君を感じてるの無料動画を調査した結果、無料期間を上手く利用すれば多くの動画配信サービスで視聴できる事が分かりました。

ぜひ、U-nextを使って映像でも、皆が感動してる「タンタラ~キミを感じてる」を楽しんで頂ければと思います♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴