韓国ドラマの動画を無料視聴する方法をまとめたサイト|韓流ドラマを視聴する際のおすすめ動画配信の比較からドラマランキングの紹介までをまとめたサイト「ネゴシエーション」

輝くか、狂うかの動画無料サイトまとめ!日本語字幕含め1話から全話視聴!

2015年に放送がスタートした「輝くか、狂うか」は、韓国で人気の小説家とソン・ヒョク監督が携わった、高麗初期が舞台の本格的な時代劇であり、恋愛ドラマでもあります。

皇子ワン・ソ役のチャン・ヒョクは、日本でもファンが多く、「輝くか、狂うか」では、かっこいいアクションシーンにも注目です。

この記事では「輝くか、狂うか」の動画を無料で見ることのできる配信サービスを比較し、まとめてみました。

ちなみにU-nextなら「輝くか、狂うか」の動画を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

31日の無料お試し期間中に解約すれば1円もかかりません。

 

輝くか、狂うかの動画を無料視聴

「輝くか、狂うか」の無料動画があるかどうか、

  • Youtube
  • ニコニコ動画
  • GYAO!
  • TVer

の4つの視聴サイトで各話ごとに検索し、結果をまとめました。

検索した結果は、ドラマ「輝くか、狂うか」の予告編の動画しかなく、本編を視聴出来る動画はありませんでした。

ですが、U-nextなどの動画配信サイト(会員登録が必要)では、全話を無料視聴することが出来ます。

今すぐ「輝くか、狂うか」の動画を視聴したい方は、無料視聴できる動画配信サイトをまとめましたので、ぜひご覧ください♪

<<無料視聴できる動画配信サイト一覧を見る>>

動画で無料視聴する前に内容を知りたい!

という方は、あらすじ・感想を各話ごとにまとめましたので、ドラマ「輝くか、狂うか」の雰囲気を味わって頂けると幸いです。

第1話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第1話 あらすじ
ワン・ソは皇子として生まれながら、呪われた皇子と呼ばれていた。彼が生まれたとき、その空には不吉の星、破軍星がまたたいていたのだ。破軍星の下に生まれた子は呪われた子と呼ばれ、ワン・ソは幼くして宮を追放。金剛山での生活を余儀なくされる。ところが時代が経ち、彼は皇宮へ呼び戻されることになる。期待を胸に皇宮に向かったワン・ソだったが、皇帝暗殺を目論む刺客と遭遇してしまう。王宮に帰ってきて早々、死闘を演じることに。一方、同じように数奇な運命を辿る女性が、紫微星の下に生まれていた…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第1話 感想
破軍星が血の色に輝く日、生まれるのが皇子ならば、皇室は血の海となり多くの者が死ぬだろう・・・長老の予言の日、皇宮には皇子が誕生してしまいます。不吉の皇子は皇宮を追放され、遠く離れた金剛山に追いやられることに。同じ頃、紫微星の下に生まれた二人のお姫さまのうちの1人は渤海最後のお姫さまでした。紫微星のもとに生まれた姫は皇子を光に導くといわれます。韓国では、占星術が重視され、よくドラマに登場します時がたったある日、金剛山で暮らす皇子ワン・ソに、皇帝から遣わされた使者がやってきます。混沌としている朝鮮時代と高麗時代。三韓をひとつにまとめる為呼び戻されたワン・ソ。辺境に追いやった父からの頼みでした。金剛山に追いやられて以降、「捨てらた皇子」と呼ばれ辛い日々を過ごしたワン・ソには呼び出しをすぐに受け入れることが出来ませんでした・・・

第2話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第2話 あらすじ
シンユルの家を出たワン・ソは、刺客の一人を捕らえた。仲間のウンチョンとともに尋問を行う。尋問の結果恐ろしい事実が判明。なんと刺客の短剣には、毒が塗られていた!毒が体中に回れば命が危うい。ピンチに陥ったワン・ソだったが、冷静さを保った彼は解毒剤を持って、開京へと急ぐ。解毒のためには一刻の猶予も許されない。開京へと向かっていたのはワン・ソとウンチョルだけではなかった。拠点を開封市から開京に移したいと考えていた青海商団も開京に向かっていた。一方その頃、開京ではワン・ソとファンボ・ヨウォンの婚礼の儀式を行われていた・・・
ドラマ「輝くか、狂うか」第2話 感想
将軍からの猛烈な求婚を断りたいシンユルと偽装結婚することになったワン・ソ。式のさなか、シンユルに文句を言うワン・ソが微笑ましく、和やかに式は進みます。ですが新婚初夜を過ごすかどうかまで見張られることになり二人はこれからどうなるやら・・・皇室で暮らしていた頃、幼いかったワン・ソは悲しい事件で兄を失いました。自室に置かれていた菓子を兄と使用人たちに分けてあげた優しいワン・ソ。しかし菓子には毒が盛られており、それを口にした兄、使用人が何人も亡くなってしまいます。予言の通りに皇室を血の海で染めてしまったワン・ソ、その心に深い傷を負うのでした。自身の父である皇帝の臥せっている原因が「毒」だと見抜いたワン・ソは、解毒剤を手に入れ解毒剤を飲んだのにすでに体中に毒が周っていた皇帝、苦しみの中語ります。兄を毒殺したと疑われたワン・ソが臣下達に狙われていた、それを知り自分に唯一出来る事は遠く離れた金剛山へ追放することだけだった・・・。ずっと捨てられたと思っていたワン・ソでしたが、父親が自分のことをしっかり想ってくれていたことを知ります。

第3話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第3話 あらすじ
ワン・ソは、5年前の太祖暗殺事件を終わったことだとは考えられませんでした。なぜなら暗殺に関わった刺客たちが、今もある屋敷に留まっていることが判明したためです。刺客たちを一掃するために、ワン・ソはキム・ジョンシクの屋敷を襲わせます。別の頃、開国寺の開眼法要から帰る途中だったシンユルは川に落ちそうになっていたところを、たまたま通りかかったワン・ウクに助けられました。ワン・ソに太祖の秘密武士について調査させていた高麗第3代皇帝、定宗。ワン・ソの兄でした。彼はなんとしてもワン・シクリョムを抑えたいと考えていました。
ドラマ「輝くか、狂うか」第3話 感想
皇帝陛下が亡くなり、王命によりヨウォンと結婚したワン・ソは自分達を裏切った人間を絶対に探し出すと誓います。ワン・ソは皇帝殺害の犯人を隠密に調査していました。西京派が怪しいと睨み、真相を探ります。5年後、妻とうまく行っていないワン・ソは、なかなか皇室に寄りつかず、外に出歩いてばかりいました。街を訪れたシンユルは、ワン・ソに似た面影をついつい目で追ってしまいます。チラチラとすれ違うワン・ソとシンユル、恋の始まりそうな予感!二人はついに奴隷市場で偶然の再会を果たします。ずっとその面影を追い続けていたシンユルはときめきを隠せませんが、ワン・ソの方はシンユルであることに気づかない!気づいてー!そのとき暴走する馬に轢かれかけたシンユルをワン・ソが助けます。まるで二人のはじめての出会いを繰り返すかのように・・・

第4話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第4話 あらすじ
ワン・ソは男装しているシンユルになかなか気づかず、昔の開封での出来事を思い出せません。その上2度も結婚していると聞いてシンユルは苛立っていました。彼女にとってそれはかけがえない思い出。青海商団にやってきたワン・ソにシンユルは冷たく当たってしまいます。一方、ワン・シクリョムは、キム・ジョンシクを討った首謀者が皇子の中にいるとの情報を得ました。情報源の刺客はなんと中原から来ていました。どうにかワン・シクリョムに反旗を翻したい第3代皇帝・定宗。それは決して容易なことではなく、彼は策を巡らせます。西京築城への支援を中断させることで、ワン・シクリョムを苦しい立場に追い込めると考えた定宗はこれを実行に移します。
ドラマ「輝くか、狂うか」第4話 感想
男装したシンユルはワン・ソと偶然再会。女性であることを隠し、2人の出会いの地の名前、開封(ケボン)と名乗ります。ワン・ソはケボンに会うため、青海商団を訪れます。ケボンが、自分と偽装結婚した相手・シンユルだとは全く気付かないワン・ソに気づいてほしいシンユル。やきもきしている様がかわいい!一方、強引に西京築城の工事を押し進めるワン・シクリョムに対し、決死の覚悟で工事の中断を命じる民衆思いな王様定宗。渤海の王の子どもとして産まれたばかりのシンユルの母は兵に追われていました。逃げ切れなくなったお母さんがシンユルを川に流し、それを救ったのがシンユルの付き人、ペンミョだったのです。シンユルも実はお姫様だったなんて!体の弱いシンユルは母と兄と穏やかに暮らしたいと願っていましたが、母は行方しれず、兄は襲われた時に亡くなっていました…”

第5話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第5話 あらすじ
ワン・ソの胸元のお守りに気づいたシンユル。彼女にとってそのお守りは特別な意味を持ちます。開封での偽装結婚式の時に渡した蝶の玉佩の首飾り。その半分を今も持っていたのです。思い出の品を大切にしてくれていたことが彼女を嬉しくさせます。青海団に入ろうと奔走するワン・ソでしたが事はなかなかうまくいきません。しかしシンユルの助けを借りることで潜入に成功。すべては父を亡き者にした首謀者を探し出すため、情報を探します。一方、ワン・シクリョムはワン・ソのことをキム・ジョンシク暗殺の賊の首長ではないかと疑っていました。その思惑を知ったワン・ソの妻、ヨウォン。野心家の彼女は果たしてどう動くのか。そんなことはつゆ知らず、ワン・ソは父を殺害した首謀者を追います。
ドラマ「輝くか、狂うか」第5話 感想
酔いつぶれたワン・ソを介抱していたシンユルは、彼が開封での偽装結婚式の時に渡した首飾りの半分を持っていた事に気づきます。あの日の出来事を大事に思ってくれているのかしら、と喜ぶシンユルのかわいいこと!喜んだシンユルは、ワン・ソを助けるつもりで商団の仕事を教えます。そうしてワン・ソは、5日間の限定で青海商団で働くことになりました。身分を隠しながら働いていたワン・ソはシンユル扮するケボンのことを本当に男なのかどうか疑っていました。しかしお風呂に向かうシンユルをこっそり覗くと男である証拠が!付き人のペンミョが細工をしていたのですが、これにまんまと騙されてしまうわけで、すれ違いが加速していきます。

第6話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第6話 あらすじ
キム・ジョンシクは亡くなる前にある装飾品を見ていました。その事実に気付いたワン・ソは彼がどのような装飾品を見ていたのかを調査します。材質だけでも知りたいと思うのですが、なかなか分かりません。しかしそれが何だったのか分かるときが来ました。驚いたことに、それは銅鏡のかけらだったのです!その銅鏡は一体誰が作ったものなのか、それを知るべくワン・ソは直ちに青海商団へと向かいます。会うべき人、それは銅鏡を作った職人に他なりません。一方、ワン・シクリョムは義賊達の首長の調査をしていました。そこへ開封からの刺客が訪れて義賊の首長がワン・ソであったことを知らせます。シクリョムはその事実にうなずきます。その頃、西京遷都についての議論が大殿で行われていました。西京へ遷都した方が良いと言う者もいれば、それは良くないと言う者もいて意見は一致しません。しかしやがて西京遷都論が多数派となり、その記念大会が開かれる事になりました。西京派の豪族達は記念大会である皇子格闘大会開催の支援を申し出ます・・・。
ドラマ「輝くか、狂うか」第6話 感想
ワン・ソはキム・ジョンシクが死ぬ前に持っていたかけらがシンユルの部屋にあった銅鏡と同じ模様だという事に気づき、まだ青海商団に残って調べたいと言います。皇宮では、西京遷都をどうするかで重臣たちが二つに分かれます。皇帝陛下の一存で決められないのはいつの時代でも同じですね。皇帝陛下が優し過ぎるのでしょうか。重臣達の意見はまとまらず「皇子格闘大会」の開催を提案します。しかしワン・ソは「皇子格闘大会」とは、皇子達の力比べをする大会で次期皇帝が決まると勘違いする人が出てくるため熾烈な闘いになると予想します。「何故そんなに皇室に詳しいの?」と聞かれてドギマギしているワン・ソは何だか可愛いです。ワン・ウクは青海商団でワン・ソが身分を隠しながら働いている事を聞きつけて訪ねて来ます。ペンミョにこっそりと何故ここにいるのかを尋ねて、皇子格闘大会の事を調べるのでした。ウクは、シンユルに格闘大会で着るための輝ける衣装を頼みます。ウクは、シンユルに好意を抱いていますよね。シンユルはワン・ソに夢中ですけれども。そしてワン・ソは修業を終えて青海商団を去る日が来ます。するとワン・ソは「義兄として契りを結ぼう」とシンユルに提案します。「お前と離れるのが寂しいのだ」と言うのです。シンユルは男として扱われたままなので腑に落ちないのですが、一緒に居たいという義兄としての抱擁にも嬉しく思うのでした。なんだか、一緒ににドキドキしてしまいます。

第7話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第7話 あらすじ
ユルは宮廷で宮女の服を着て立っていました。それは絵に描いたような美しさを放っており、ワン・ソは思わず見入ってしまいます。しかしそれが女性だという事には気づいていません。一方、皇帝は西京遷都の記念として開催される「皇子格闘大会」を阻止したいと考えています。それにはどうしたら良いのかと考えた皇子は早衣仙人達の力を借りる事にします。なりふりかまわない西京派の豪族達とそれを懸命に抑えようとする皇子・・両者の意地がぶつかり合います。しかし皇帝の前に早衣仙人達はなかなか来てくれません・・。一体どういう事なんだ・・。期待して待っていただけに皇帝はがっかりしてしまいます。ユルは相変わらず男装したままでしたが、そのユルとワン・ソの二人が月香楼にやって来ます。やがてワン・ソは酒に酔いながら、ユルに昔の話をします。ワン・ソが話した中身は、かつての偽装結婚の話だったのでユルは驚いてしまいますが、それより驚かされたのは、二人が引き寄せられるかのように口付けを交わそうとした事です。しかしそこへちょうどワン・ウクが現れます…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第7話 感想
皇宮に潜り込む為に各々女官と高官の姿に着替えます。ワン・ソは女官の姿になったシンユルの美しさに胸が高鳴ってしまいます。お風呂を覗いて男だと確認したはずなのに。いえいえ、女性だと分かるよね。陛下は「皇子格闘大会」が次期皇帝を決める大会になる事を危惧して心を痛めていました。ワン・ソはそうはさせないと誓います。皇太后ユ氏は、破軍星の下に生まれたワン・ソの事が疎ましくて仕方がありません。陛下に変装をしてワン・ソに会いに来て「お前がここに居ると不吉な事しか起こらないから出て行け」と言い放ちます。本当の母に疎まれ、産まなければ良かったとまで言われたワン・ソは自分の存在意義が分からなくなり呆然とするだけでした。これはあまりにも酷過ぎる。母親に否定されたらどのようにして自分が存在する意味を見つければいいの。そのような時、皇宮の前で自分を待っていたシンユルにやるせない心の内を打ち明けて思わず抱きしめるのでした。そんなところを見ていたのはワン・ソの義理の弟であるワン・ウクでした。ワン・ウクは、シンユルの事が好きで気にかけていたのでウクとソはライバルということですね。その一方でシンユルとソの間には恋心が芽生え、ワン・ソは、男装したシンユルの事を思わず抱きしめてしまい胸の高鳴りを抑えられません。同じくシンユルもワン・ソの事を思うだけで鼓動が早くなるのでした。

第8話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第8話 あらすじ
皇子格闘技大会に出場する王族たちは上等な衣装を身に着ける必要がありました。この衣装制作を担当する事になったのは、ユルの青海商団です。ワン・ソも衣装を選ぶ必要がありましたが、彼は運び込まれた衣装の中に一着だけとても素敵な衣装を見つけました。それは他の衣装とは全く違い、一際美しさを放っており自分に最も合う衣装だと感じました。衣装に引き寄せられるように近づいたワン・ソはこの衣装が誰に作られたのか聞かずにはいられませんでした。ユルにその衣装のことを聞くとワン・ウクのために作られたものだと答えます。この時ユルはワン・ソが位の高い殿下だという事を知らなかったためウクの衣装よりランクが下の衣装を見せて「貴方はこちらを着てくださいね」と言います。勿論ワン・ソはワン・ウクよりも位の高い人間なのですが・・。一方、ワン・ソは突然、ワン・シンニョムから送られた刺客に襲われます。そして大騒ぎとなり、ユルも駆けつけて来ます。刺客は更にワン・ソに襲い掛かろうとするのでワン・ソはユルを連れて脱出しますが、追って来た刺客はワン・ソのことを切りつけます。
ドラマ「輝くか、狂うか」第8話 感想
ワン・ソは、ケボン(シンユル)の事がなかなか頭から離れません。ケボンは男だというのに何故こんなにも気になってしまうのか。ケボンが近くに来るとポーっとしてしまい、そんな自分がどうなってしまったのか分からずじまい。そのような折、青海商団が皇子格闘大会で出場者の着る衣装を準備する事になります。ワン・ソは自身の身分をケボンに隠さなければならないので正体を明かせません。それなのに自分の事をアピールしたくてケボンの周囲をあちこち歩き回ってしまうのでした。ケボンに恋をしたんですね。どうすればいいのかと思い悩んでいるワン・ソは可愛いかったです。ワン・ソは妓楼で手下の妓生チェオクと共にいるという事にして外出します。シンユルは母親が居た可能性のあるお寺にワン・ウクと向かい、刺客同士の争いに巻き込まれてしまいます。ワン・ソは、突然現れたシンユルを守ろうとして刺客に斬られてしまい、シンユルは意識を失ったワン・ソを背負って洞窟へ入ります。そこでワン・ソが三足鳥の一味だという事実を知ります。シンユルは持っていた万病草をかみ砕いてワン・ソの命が助かることを願いながら口移しでそれを飲ませます。やっと意識を取り戻したワン・ソは、自分が早衣仙人だということは絶対に秘密にするようにと言います。この怪我はワン・ソの皇子格闘大会への出場を阻止する罠だったのでした。

第9話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第9話 あらすじ
ワン・ソは刺客に崖っぷちまで追い詰められそこから落ちてしまいます。もうダメかと思われましたが、幸運なことに命はとりとめました。けれども意識を失ったワン・ソはなかなか目を覚ましません。このままではそのうち死んでしまうかもしれない・・いや、そればかりではなく皇子格闘技大会が始まろうとしています。それでもやはりワン・ソは目を覚まさず、とうとう皇子格闘技大会が始まりました。格闘技大会ではワン・ソが出場すればワン・ソの優勝が予想されていましたが、そのワン・ソがいないために優勝候補筆頭はワン・ウクが注目され始めます。このままだとウクの優勝が確実という流れで・・時はどんどん過ぎ去ります。ウクの優勝はユルにとってはその身を危険に晒すものでした。ウクが優勝するとユルの命が狙われことになるからです。しかし間一髪、格闘技大会にワン・ソが現れてその上見事に優勝します。そうしてユルは命の危険を回避することができ、そこでユルはやっと気が付きました。ワン・ソがあのソソだったという事を・・。知らなかったとはいうものの、これまでワン・ソに失礼な事をしてきたとユルは思います。
ドラマ「輝くか、狂うか」第9話 感想
ワン・ウクは、ワン・ソの身を気遣うシンユルのことが気に入りません。ワン・ウクはシンユルに自分と一緒に居る時にワン・ソの事は忘れてくれと頼みます。ウクの心情は分かるけれど、シンユルはワン・ソの事で頭がいっぱいなんですよね。ワン執政は、皇子格闘大会によって陛下とソの両方を潰すことを企んでいました。自分の言う事に陛下が耳を貸さなくなったとたんにそんな仕打ちをするとは。シンユルは皇子格闘大会に招待されたため陛下と対面します。そして「お前は今日全てを失う」と言われてしまいます。そうした中で開催された皇子格闘大会に、瀕死だったワン・ソはやって来ません。開会宣言をするのは陛下のはずだったのに勝手にワン執政が太祖から譲り受けた剣を授けると言って開会宣言をしてしまいます。しかし陛下も黙っていませんでした。ウクが優勝したら「竜が青い海を切って飛び立つ」という言葉でシンユルを切ることを言ってのけます。ワン・ソの事でシンユルを恨んでいるのでしょうか。陛下がそのような激しい性格の人だとは思いませんでした。ワン・ソが姿を現さないまま皇子格闘大会が進み、ウクが勝利を目前にします。そして太祖からの剣を授かろうとしたその瞬間、今にも死にそうだったはずのソが現れます。シンユルは、ワン・ソの本当の身分が皇子だとは知らずにいたため、何故ソソが皇子の着るはずの衣装を着て現れたのかと驚きました。皇子姿のチャン・ヒョクは素敵だったしウク皇子の衣装も似合っていました。ウクとソの対戦はワン・ソが勝利を収めました。

第10話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第10話 あらすじ
彼は出場できるのか危なかったが、どうにかワン・ソの皇子格闘技大会に不死鳥のように舞い戻り、勝利を収めることに成功する。結果、無事に大会は閉幕を迎えた…。閉幕後、王族たちの宴が盛大に開かれワン・ヨは、宴の席にユルを誘う。ワン・ヨは、ユルに「次の皇帝は誰なのか…」占わせようとします。しかし、ユルは次の皇帝の名前が見えていても、口を開こうせず…それに腹を立てたワン・ヨは、ユルに刃を向けるのでした。恐れるユルだったが、それでも名は口にしません。その後、ワン・ヨは余波チョンへと向かいます。ですが、そこには意外な人物が…。それは、弟のワン・ソでした。もしや…。ワン・ソが商団と組み自分を襲うのでは…と考えます。しかし、ワン・ソは全くそんな気はなく…ワン・ヨだけが疑心の目でワン・ソを見つめるのだった…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第10話 感想
ウクを嫌う陛下は、ウクと親しいシンユルが何かを企んでいると考え、皇子達の前に呼ぶ。シンユルは「皇子達がつけた装飾品を売り出しする事が目的」と伝えるも、ウクと何か企んでいるのだろう…とシンユルを問い詰める。そんな時…「その儲けたお金は苦しむ民を助ける為なんだ」とワン・ソが助言する。ワン執政は、自身の立場を危ぶみ陛下に囁く…「敵はウク皇子ではなくソ皇子だ」と。陛下も大変…。ソを信頼していた残念…この一言で誰を信じたらいいのか。ケボンを心配したワン・ソは、商団へ…無事ケボンと会えますが、女と知っているかのようでした…そこに陛下が登場。ケボンが副頭領とは知らないワン・ソは、副頭領と何している?!と言われても意味が分かりませんよね。ケボンが副頭領で女性だって事実を早くワン・ソに知らせないと可愛そう過ぎます。シンユルのお陰で陛下は、捜査だった事を理解してワン・ソを分かってくれて良かった。母にも疎まれ…陛下を想って行動していたのに…疑われたら…本当に孤独。良かった~その後、ワン・ソ皇子はケボンが女性だった事実を知りますが、その時のワン・ソ皇子が可愛すぎます~

第11話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第11話 あらすじ
チョンへ商団の副団主がケボンだということを、ワン・ソは少しも知りませんでした。それを聞いて驚いたワン・ソは、ただちにウクを問い詰めます。どうしてケボンがチョンへ商団の副団主だと伝教えてくれなかったんだ!と。ウクがワン・ソに教えなかったのは、ウクにとってケボンが想い人だったという理由がありました。ワン・ソは驚きの表情を浮かべ、落ち着いて整理しようとします。ユルの正体がケボンだったなんて・・そうだと分かれば・・。ワン・ソはずっとユルをからかい続けてきました。けれど、彼女がケボンだと知り、ワン・ソはやりきれない思いになりました。一方、ユルはいつも通り男の格好をして歩いていました。ワン・ソにとってもはやそのような格好をする必要はなかったので、彼女を呼んで怒ります。お前は、いつまで男装を続けるつもりだ・・と。しかし、内心はユルに対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今まで辛く接してきた事をひたすら悔やむワン・ソでした・・。さらには、自分を情けないと思い、涙がとまりません。その上ワン・ソは、ユルに副首領を連れてくるよう指示しました。ケボンが女であることを、ワン・ソはあえて気づかないふりをしています…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第11話 感想
ウクとソは同じ人を想っていました。青海商団の副頭領を務める、シンユル、別名ケボン。ウクは、シンユルを奪われたくなくて、シンユルが女であることを秘密にしてました。でも、ソのことが、シンユルは好きだよね。皇后ユ氏は、皇子格闘大会で陛下を陥れなかったワン・ソが破軍星から光に運命がうつり変わったのではないかと考えました。柴微星との出会いによって破軍星が光になると知り、妃のヨウォンがそうだったと聞かされます。これまで冷たくあたっていたソに、ひどい事をしてきたと自身を責めました。知らないにしても、ひどかった。実の母がする事ではないかな。ワン・ソは、ケボンを訪ねるために、青海商団に行きます。そして、ソは君が女だということは知っていると言い、2人はキスをします。やっとお互いの気持ちが通じあったんだね。でもウクはどうなってしまうんだろう?ワン・ソの身辺を]調査する妻は、シンユルが同じネックレスを持っていることを知ります。その上、妓生でワン・ソが贔屓にしている女にも目をつけます。ソが本当は、陰の刺客だと気付き始めたのかも。ワン・ソとシンユルが婚礼したことが分かってしまいます。高貴な身分の人は、偽装でもダメなのかな。許せないよね。

第12話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第12話 あらすじ
ワン・ソは自分の気持ちを正直にユルに伝えます。その気持ちには、今までのように辛く当たる様子も、からかいの心も全くありません。ただ自分の思いに正直になって、ユルに本当の心の内を伝えるのでした。ワン・ソはチョンへ商団までユルを迎えに来て、二人は楽しい一時を過ごします。二人を阻むものは何一つなく、夫婦であるかのような、幸福なひと時です。ワン・ソはユルに心底気を許し、警戒心もないのです。それどころか、女性としてのユルの姿にワン・ソは引き込まれていきます。本当に美しい・・と。そして、母親に会いに来たワン・ソ。母親の皇太后ユ氏は、ワン・ソとは違い威厳のある態度です。ユ氏はワン・ソに丁寧にお茶を出します・・。ワン・ソが母親から優しくされるのは、生まれてから初めてのことです。その状況に身の置き方がわからず、ワン・ソは動揺してしまいます。そこで、ユ氏はワン・ソに小声で伝えます。今まで冷たくしてきた事は、母親として決して許される事ではない。心からお詫びします。と。一方、シンニョムに招かれてユルはやって来ます…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第12話 感想
ワン・ソの妻は、シンユルを警戒します。穏やかな口調で、女だと知ったからにはもう会えないなと言います。静かな言い方がかえって怖い。ワン・ソは青海商団に来て、ペンミョたちをうまく回避し、振蟻で薬と治療費を渡した場所に行きます。共に笑いながら年をとりたいとワン・ソは話します。思いにふけってるけど、妻の事も忘れちゃいけないなあ。ワン・ソは、母とのすれ違いもなくなり、穏やかな時を過ごしていました。ワン・ソは躊躇しながらも、母を許そうと思っていいます。ワン執政と手を組んだウクは、この件に手をだすなとシンユルを脅します。シンユルも負けずに、それはできないと主張します。ウクは、民をただ働きさせて、儲けようとしているのをしり、シンユルはすんなり引き下がります。新しく、ダヒョンという女の名前がでてきたけど、ウクとの関係性は?シンユルと似てるので、間違いなく美しいよね。ウクは、皇子の初婚は皇命でなくてはならず、それを守らなければ、相手は死刑となり、許されないと言います。偽装結婚でもダメなのか?話を聞いた部屋に戻ったシンユルは、偽装結婚の衣装を抱きながら涙します。部屋に内緒でいたワン・ソは偽装結婚したのがシンユルだと気づき運命だと思うのでした。

第13話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第13話 あらすじ
皇太子には揺るがすことも、触れることも決してできないある掟がありました。それは、初めての婚礼についての、厳しい決まりです。皇太子の初めての婚礼は、絶対に皇帝が命じたものでなければならず、それ以外は認められない・・そんな掟がありました。過去に密かに偽装結婚をしていたユルとワン・ソでしたが、その事は今まで誰も知りませんでした。しかし、ワン・ソの妻ヨウォンがついに真相にたどりついてしまいます。ヨウォンは美しい見た目の女性でしたが、高いプライドと野心がありました。ユルは、ヨウォンが偽装結婚の事実を知った事に気づき、即座に行動します。彼女はこのままではワン・ソの立場が危うくなると思い、ワン・ソと別れようと決意します。それ以後、ワン・ソのに冷たく接するようになります。一方、ワン・ソは事情を何も知らず、ユルに冷たくされたことに驚きを隠せません。でも、それよりも重大な事が起きてしまいます。ワン・ソは、驚いたことにワン・ヨが毒にやられ、中毒症になってしまったという知らせをユルから受け、ワン・ヨに会いにいきます。ワン・ヨは毒を飲まされているようで、やったのはおそらくシンニョムだろうとワン・ソは思います..。
ドラマ「輝くか、狂うか」第13話 感想
ワン・ソとヨウォンは、していなかった床入りの日を強制的に迎えることになります。偽りとはいえ婚礼を先にあげたシンユルに、ワン・ソに冷たくして欲しいとヨウォンは提案する。死罪になる可能性があると知ったシンユルはすんなりと引き受けます。皇命以外の婚姻が死罪なんて、重すぎるよ。青海商団を訪れたワン・ソに、距離をおいて接していたシンユルは、皇帝陛下が毒漬けにされていることを伝えます。解毒剤がないので、すぐに経路を発見し毒を入手する必要があるとワン・ソと話します。食べ物に毒を混入されるなんて、何も信じれないよ。ワン・ソは、陛下に毒なんかを盛った犯人はワン執政に間違いないと確信する。ワン執政を絶対に追い詰め、陛下を救いたいと思います。けれど、キム執政と手を組んでいたのは、弟のワン・ウク。妻と床入りをし、シンユルを断ち切らなければいけないワン・ソは、陛下の毒についてリサーチを続けました。結婚後、何年も経つのに床入りがまだって仮面夫婦にもほどがある。ワン・ソは皇帝に、早衣仙人の首領に会わせてくれと言われます。ワン・ソは、主牢が誰か不明だから、落ち着かないのかと思い、自身が会いにくべきかと頭を抱えます。

第14話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第14話 あらすじ
はじめは軽いと考えられていたワン・ヨの中毒症状は長引き、想像よりも深刻だと判明。このままにしておくと、あるいは・・という追い詰められた状態になってしまいます。体を巡っている毒が何なのかをユルが慎重にリサーチすると、それは朝鮮朝顔の中毒が体をめぐっていることが判明しました。知らせを聞いたワン・ソは、深く悩んでしまいます。ワン・ヨは変わらずに、中毒症状で苦しみ続けます。ワン・ソは兄の仇を討つため、シンニョムを倒すと約束します。しかし、ワン・ヨは意外な指示をシンニョムに出します。それは、ワン・ソの援護ではなく、ワン・ソを捕まえてくるという驚きの指示だったのです。ワン・ヨは何を考えているのでしょうか。一方、ユルはワン・ヨを救うために、命を懸けて解毒剤を探していました。そこへ、効果的な解毒剤があったとの知らせが届きます!その頃、青銅鏡を持ったチャンオクがワン・ソの前に現れていました。そこでワン・ソはチャンオクから意外な話を聞くのです・・・。彼は、チャンオクとヨウォンの話を聞いたとのことなのです。
ドラマ「輝くか、狂うか」第14話 感想
早衣仙人の首領として、ワン・ソは皇帝陛下に、陛下に毒を盛っているのはワン執政だと伝えます。弟に騙されていたことに怒りを隠し切れない陛下。誰を信じるべきか、味方は誰なのか、疑念をいだき、陛下は疲れきっていました。自分の味方のフリをして毒を盛られたり、裏切り行為をされたりしたら、全部嫌になるよ。最終的に、皇帝陛下はワン・ソを信じます。早衣仙人の頭領には会えず終いだったとワン執政に嘘をつきます。次の皇帝にとワン執政に指名されたワン・ウクは、二人で現皇帝の座を奪おうと考えます。ワン執政との協力は、悪党への道・・。シンユルを奪われたくないのかな。シンユルは毒を見抜くのに必要な要素を見抜きます。ワン・ソと2人で話をしたいのに、ワン・ソを気遣い距離を取るシンユル。兄の首領は、2人で話すべきだと思い、2人を倉庫に閉じ込めます。よ、首領。粋だね。しかし、シンユルは態度を変えません。そこでソは、ケボンならいいじゃないかと言い、実在しないケボンを捜すマネをしてシンユルの心を和らげます。お互い愛おしくて仕方ない2人。この恋心をとれば、重い罪しかない。揺れ動く2人でしたが、思いを堪えきれず抱き合います。思いは抑えられないよね。

第15話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第15話 あらすじ
信じられない事実を知ってしまったユル。なんと、ヨウォンが、ワン・ヨに毒を盛って中毒症に陥らせた犯人だったのです!ヨウォンはワン・ソの妻であり、ワン・ヨはそのワン・ソに尊敬かつ信用されている兄です。そのような事を夫が尊敬する兄に果たしてするだろうか。ユルは全然信じることができませんでしたが、どう考えても、犯人はヨウォンしかありえません。そこで、ユルはヨウォンに近づき、交換条件を突き出します。私が知っているあなたの重大な秘密をバラされたくなければ、私たちが過去に偽装結婚をしたことも黙っていてほしい。堂々とした男らしいユルの態度に、ヨウォンもひるみます。ヨウォンは、ユルに「毒を盛った事は黙っている」と言われて、ヨウォンはしかたなく条件受け入れます。一方、ワン・ヨはさらに危険な状況にありましたが、そのようなワン・ヨをシンニョムが抑制します。ワン・ウクもそれに便乗し、彼もワン・ヨを抑制してきます。追い詰められるワン・ヨを見て、ワン・ソは驚いた表情をしています。ワン・ソは混乱して、正常な頭ではいられなくなっていました‥。
ドラマ「輝くか、狂うか」第15話 感想
少量ずつ毒を盛られ、起き上がれない程悪化してしまった皇帝陛下の代わりに、ワン執政が政権を握ると宣言します。周りをウロチョロするシンユルが邪魔で、ワン・ソの妻は、都から去るように警告します。毒を持つワン・ソの妻は、シンユルにお茶を煎れます。シンユルは負けずに「これを飲んで、生きて帰れますか」と言います。女の冷戦が怖い。皇帝陛下に飲ませている、マンダラゲの解毒剤を明日までにもらえないならば、全てをワン・ソに明かすと妻に宣戦布告します。この時の妻・ヨウォンの目が笑ってない。ワン・ソは、毒の影響で皇帝陛下にしか見えていない幻想に合わせて振舞い、皇帝陛下の気持ちにそっと寄り添います。シンユルは、ヨウォンに解毒剤をもらう約束をし、亥の刻に約束の場所へ向かいます。西京変遷で鍵を握る青海商団にヨウォンは税金の決済漏れで責め立てようと潰しにかかります。そこに内管がきて、ワン・ソの初めての婚姻が皇命でないことを再確認し、二人が死罪になる前に姿を消せと伝えます。その時、シンユルの手首に星の痣があることがわかります。柴微星の下に生まれた女はその痣を持ち、破軍星の下に生まれたワン・ソを肯定の道に導けるのは柴微星のもとに生まれた女だけ。2人は運命で結ばれていたのでした。

第16話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第16話 あらすじ
ユルはワン・ヨを救いたいと強く思う。そのため、ヨウォンのところに大急ぎで解毒剤を購入しに行く。ユルのワン・ヨを救いたいと思いながらする行動をつけるのは・・ワン・ソである。ワン・ソは、ワン・ヨの必死な様子を見て不安な感情にかられ、動揺が隠せないでいた。そして、事態は急展開へ。解毒剤を買いに出かけたユルが、何者かにさらわれてしまう。ユルの後をつけていたワン・ソも、あまりの突然の事だったのであたふたし誰が連れ去ったのか確認することも助けることも出来なかった。一方、ワン・ソが戻ると、数多くの兵士がいた。ユルに脱税の疑いがかったのだ。兵士たちは、大声で手紙を読み上げるが、この手紙はユルが書いたとされる手紙だが、偽物だった。ワン・ソは、本当のユルの書いた手紙を見つける。手紙の内容文には、あのヨウォンの名前が書いてあった…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第16話 感想
ヨウォンから解毒剤を貰う約束をしたユルは、突然さらわれてしまいます。いったい誰なのか気になります。
商団には、税金の調査が入っていました。何者かに連れ去られるユル、それを追いかけるワン・ソは、結局逃がしてしまいます。シンユルを捜すため必死に考えをまとめるのだが、中々まとまりません。その時、ワン・ソがユルから貰った何気ない手紙を思い出します。「忘れないでね。花嫁衣裳を」と。その衣装を閉まっている場所に手紙が見つかりました。ヨウォンが毒を持ち皇帝陛下に飲ませているという内容で、とてもビックリする内容でした。ウクとワンが協力するだなんて、私は想像していませんでした。ウクはユルが好きなのにいいの?かと思いました。やっと見つけたユルは、意識を失っていました。今後の展開が楽しみです。

第17話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第17話 あらすじ
ワン・ソが目にしたユルの手紙は、ワン・ソを驚かせるには十分だった。ユルがさらわれ行方不明となったことを、ワン・ソはチョンオクから聞いて、慌ててユルを探しにいく。このままではユルが死ぬかもしれい・・・。一刻も早く見つけ出さないと・・。とワン・ソは無我夢中に探す。ワン・ソはヨウォンと話をすることを決意した。ワン・ソは頭ごなしに批判することなく、冷静にヨウォンに話し始める。今まではこれからはあなたを理解するよう努力していきたいと・・。一方、あなたの無理やりなやり方には自分は賛同できない。
だから、私の手で必ず終わらせます。ワン・ソは嘘のない態度で、ヨウォンの目をしっかり見ながら決意した表情で言った。そんなワン・ソに対してヨウォンは、無理なのではないでしょうかと話します。ワン・ソがヨウォンに向けて言った「私たち…」という言葉が、ヨウォンの心に何かしら響いて心に残った。これ以降、ワン・ソに対するヨウォンの見方が徐々に変化していくのである…
ドラマ「輝くか、狂うか」第17話 感想
ワン・ソは、ヨウォンが毒を盛ったと確信する。どうして腹違いの兄妹に・・・そのような事をするのかと問いただす。するとヨウォンが、あなたが金剛山に捨てられ時に、皇室では34人の皇子と姫が殺し合いながら生き延びて生活をしていたのだと話す。苦しかった現実に心を痛めたのか、苦しい顔で話し始める。「恨む相手が違う。私ではなく、兄妹同士で殺し合う状況を作ってしまった環境が悪い。太祖陛下を恨んで」と言われる。このときのイ・ハニさんの演技力は、すごい気合が入っていて心の苦しさがすごく伝わった。ワン・ソに冷たく言われてヨウォンのことを思うと、涙が止まらなかった。一方、商団では脱税疑惑が浮上し、ウクがシンユルを裏切る。実は裏切ったように思えるけれども、シンユルを守る行為なんだと思います。もうみんなめちゃくちゃでそれでいいの?って感じがする。シンユルを挟んで、ソとウクは協力し合う姿は、なかなか目が離せないシーンでした。

第18話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第18話 あらすじ
ユルに強い思いがある。それは、何があっても商団を守り抜きたい。という気持ち。商団は今大変なことになっている。周囲から傷めつけられているので、これを再建させたい。そのために、必要なことは何かを考える・・。ユルの考えた内容は、高麗人参です。ユルは高麗人参をどうにか使用して商団を復活させることはできないかと考えていた。プンはシンニョムの息子だ。そのプンと将軍のクァクが、ケギョンに訪れた。ユルはすでに結婚している・・この事実を知ってビックリしたのはウクであった。ウクにそのことを教えたのはクァクだった。ユルが結婚していることを受け入れられないでいるウクは、直接ユルに確認をする。一方、ワン・ソから解毒剤を作るようヨウォンは指示され完成させた!ワン・ソは、完成したことを喜びすぐさまワン・ヨのところに持って行き飲ませる。するとワン・ヨは、みるみるうちに回復する。
ドラマ「輝くか、狂うか」第18話 感想
銅鏡を手に入れようと、ソは乗り込んだ。ワン執政が持つ銅鏡であった。ワン執政側についたウクとばったり出会う。現段階では、銅鏡のかけらをソの方がたくさん持っているね。そしてソは、ついに銅鏡のすべてのかけらを手に入れたのだ。どうしても信じられない思うヨウォンに、ソは次の手段方法を考える。皇帝陛下の解毒剤を貰うためヨウォンと協力し合うのか。商団は、豊友商団にすべてを持って行かれてしまったので追い込まれた。土地や家までも全て奪われそうになる。何とか半月待つという約束で次期を伸ばすことにしてもらう。こんなに容易に財産がなくなっていくだなんて、ありえない!!王座を狙うワン執政の元に、郭将軍が相談に来る。力を貸して欲しいという内容でだった。それはシンユルの事だった。ワン執政は、その婚姻相手がワン・ソとは全く知らなかった。ウクはシンユルを守りたい気持ちでいっぱいで話をそらす。シンユルの婚姻相手がソだと知らない郭将軍は・・・。

第19話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第19話 あらすじ
ワン・ヨにとっては、回復したものの試練が続く。シンニョムが王に恐怖を与えた時のことです。シンニョムは、ワン・ヨの復活を全く望んでいなかった。シンニョムは、ワン・ヨがあのまま中毒症で絶つことを期待していたが、思い通りにはいかなくて苛立ち始める。ようやく回復したワン・ヨは、シンニョムの脅しをきっかけに再び体調不良となっていきます。ワン・ヨは、不安に陥り精神を病んでしまい、真っ当に執政することができなくなる。一方、ワン・ソとユルが危機状況陥る。それは、偽装結婚について・・・クァク将軍が皆にしゃべってしまった・・・。ヨウォンとの条件交換にホッとしていたところですが、秘密が漏れ出していく・・・。偽装結婚は、国家の掟に逆らうもので、ワン・ソとユルは捕らえられてしまう。二人が送られた先は、処罰をうける刑務所。閉ざされた狭い空間の中は、ユルを次第に追い込み、体調までもおかしくなっていった。ユルの様子をウクから聞いて知ったワン・ソは、心配になりユルに会いに行くのですが…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第19話 感想
次第に明らかになっていく早衣仙人組織。会議の時にワン・ソが罪を咎めることとなる。皇帝陛下が毒にダメージをおかされているうちに、やりたい放題な状況だったワン執政を何とかして止める為に、数時間正常をキープできる薬をヨウォンがワン・ソに手渡す。ヨウォンはウクを皇帝にしたかったことも伝わってくるし、ソの事も大事に思っていたことが伝わる。正常な心を取り戻した陛下に、ワン執政と一緒に太祖陛下の暗殺を計画した功臣達を糾弾する。その途中で、陛下は精神的なダメージを受けて、毒におかされていた状態に戻ってしまう。薬がもう少し効いていればソの完全勝利だったのにな~。と思った。もう少しでワン執政を追い詰めるところまできたと思った時、郭将軍がウクとの約束を破った。普通ならそうするかなっと思った。ワン執政側についた方が、自分に利益がありそうだもん。と思った!シンユルとソは、ある計画を練り始める。それは婚礼が偽装だった事を主張し、自分達の関係を隠す計画だ。偽装だと乗り切れたらいいけど、裁く相手はワン執政だから・・どうなるか心配。

第20話

字幕動画
日本語吹き替え動画
ドラマ「輝くか、狂うか」第20話 あらすじ
体調不調が続くワン・ヨのために、ワン・ウクが体調回復を願い解毒剤を届ける。しかし、毒で体調不良に悩まされているにも関わらずワン・ヨは、薬を口にしません。その理由は、彼の心が疑いの目を光らせ、過剰なほど疑心暗鬼になっているからだ。ワン・ヨは、常に薬は全て毒物かもしれない・・飲んだら危険なことになる。もう誰も信じることが出来ないでいた。こんな状況でも、信用してもらえるのは、ワン・ソのみだった。仕方なくワン・ウクは、自分では無理だと思いワン・ソに薬を持っていくよう頼んだ。だが、ワン・ソは牢獄中の身であり頼むことは出来なかった。困ってしまったワン・ウクは、ヨウォンと計画を立て直すことにした。そこで必要なことをリストアップすることにした。まずはワン・ソを牢獄中から解放すること。ワン・ウク達は計画を実行し、見事にワン・ソを脱獄させる。体調を回復させる解毒剤がワン・ヨのもとに届けられる。しかしワン・ソが確認してみると、ワン・ヨは完全に自信喪失していた。どうせ何を飲んでもかわらない・・・そんな状況に対してワン・ソは…。
ドラマ「輝くか、狂うか」第20話 感想
牢屋に入れられたシンユルは、体温が奪われ意識を失う。ワン・ソとシンユルを助けたいと思い計画を立てたのは、ワン・ウクだった。計画内容は、偽装結婚を信じているワン執政を利用して助けようと考えたのだ。ウクはワン執政側についたのではなく、ワン・ソとシンユルを助けたいと思っているのだった。疑ってごめんなさい。って気持ちになった。2人を弁護しているかのような兄の首領だが、自分が郭将軍からいやがらせを受けた苛立ちを仕返ししているような、いつも心が和むような首領のシーンが印象に残る。この女性と自分は何の関係もない!とはっきり言うワン・ソ。その隣で涙をポロポロと流すシンユル…。彼女を思うがための守る言葉でも、シンユルは流れる涙を止める事は出来ませんでした。厳しい感想かもしれないが、シンユルちゃんは、そこで泣いたらダメだよね。って思った。気持ちは理解できるけど、ソの気持ちを考える必要があったし、とりあえずこの場をどうにかして切り抜けないといけない状況を考えてほしい。そして別れの時、離れることはお互いのためになると決意したが、2人は熱きキスを交わすシーンは、情熱的でだった。このキスシーンは、感情零れ落ちてるほど、2人の愛の大きさがしみじみ伝わるシーンだった。

あらすじや感想を見ていただき、輝くか、狂うかの内容をお分かり頂けたかと思います。

「輝くか、狂うか」の内容を知って、ぜひ動画でも見てみたい!

そう思った方は、無料で視聴出来る動画配信サイト一覧をまとめましたので、ぜひ参考にしてください♪

 

輝くか、狂うかの動画を無料視聴できる動画配信サイト

輝くか、狂うかの動画を無料視聴できる動画配信サイトの情報を字幕/日本語吹き替え別にまとめました。

◯:見放題 △:有料/実質無料 ×:視聴不可

配信サービス名 字幕動画 日本語吹き替え動画 無料期間
月額料金/ポイント
韓国ドラマ作品数
U-next
見放題
X 31日間無料
月額1990円 600円分配布
1270作品

ビデオマーケット

見放題
X 初月無料
月額500〜980円
540円分配布
600作品

dTV

見放題
X 31日間無料
月額500円 ポイントなし
350作品

hulu

見放題
X 2週間無料
月額933円 ポイントなし
150作品

ABEMATV

見放題
X 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
140作品

amazonプライムビデオ

見放題
X 30日間無料
月額500円 ポイントなし
320作品

GAYO!

1話目無料
(220円/2話〜最終話)
X 無料
580作品

FOD
X X 2週間無料
月額888円 ポイント配布
500作品

TSUTAYA TV
X X 30日間無料
月額1026円 1100円分配布
760作品

NETFLIX
X X 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
190作品

(2020年11月13日時点の配信情報)

字幕版のみとなりますが、「輝くか、狂うか」の動画を無料視聴出来る動画配信サービスは、U-next ・ビデオマーケット ・hulu などいくつもあります。

※日本語吹き替え版を扱っている動画配信サービスはありません。

Q:なぜ、無料で視聴出来るの?
A:殆どの動画配信サービスには無料視聴期間があるからです。

※ U-nextの例:登録から31日間、無料で動画を視聴出来ます。

なかでもU-nextは韓流ドラマ作品の取り扱い数が日本一なので、

沢山の韓国ドラマ・映画が視聴出来るだけでなく、見たい作品がなかった・・・ということが殆どなくおすすめです♪

31日の無料期間もあるので「輝くか、狂うか」の動画だけでなく、他の韓流ドラマ・映画も、ぜひたくさんお楽しみください♪

31日の無料お試し期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ここまでU-nextで輝くか、狂うかの動画を無料視聴できることをお伝えしました。

ただ、無料で視聴することが出来るのはわかったけど、解約が出来なくてお金を払うことになるんじゃないの?と不安も出てくると思います。

そこで、U-nextで輝くか、狂うかの動画を無料視聴する方法を登録・解約方法と共に説明しますので、不安を払拭して頂ける嬉しいです!

U-nextで輝くか、狂うかの動画を無料視聴する方法

U-nextの登録・解約方法ともにすごく簡単なので、画像と一緒にお伝えします♪

【登録方法】

U-nextの登録方法の流れから説明致します。

※スマホで、この記事を読まれている方は画像を横スクロールして頂けますと全ての登録の流れが見れます♪

step1 step2 step3 step4
「今すぐ31日間 無料トライアル」をクリック お客様情報を入力し「次へ」をクリック クレジットカード情報を入力 確認して完了

【解約方法】

続いて解約方法を説明致します。

※スマホで、この記事を読まれている方は画像を横スクロールして頂けますと全ての解約の流れが見れます♪

step1 step2 step3 step4 step5
ログイン画面の左上をクリック→設定・サポートをクリック 契約内容の確認・変更をクリック 月額プラン『解約はこちら』→次へをクリック 『同意する』をクリック→解約する 解約完了

以上が登録方法と解約方法になります。

登録も簡単ですし、10秒もあれば解約もできるので安心です♪

U-nextに登録後すぐに輝くか、狂うかの動画を無料視聴できるので、ぜひたくさんの韓国ドラマ・映画をお楽しみください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

さきほど韓流ドラマ・映画の取り扱い数が日本一のU-nextとお伝えしましたが、他にもどんな作品があるんだろう?

と、気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、U-NEXTの韓流ドラマのおすすめ作品をまとめました。

輝くか、狂うかだけでなく、多数の韓国ドラマ作品をお楽しんで頂けると嬉しいです♪

U-nextでおすすめされている作品

 

輝くか、狂うかのキャスト・スタッフ

【脚本】
クォン・インチャン
キム・ソンミ

【キャスト】
ワン・ソ:チャンヒョク
シン・ヨル:オ・ヨンソ
ファンボ・ヨウォン:イ・ハニ
ワン・ウク:イム・ジュハン

 

「輝くか、狂うか」の動画を見た方々の感想

口コミ

(20代・女性)
時代劇の演技に定評のあるチャン・ヒョクが主演していて、乗馬シーンやアクションシーンが素敵すぎて楽しめます。コミカルな見せ場もたっぷり!彼女の部屋に忍び込んでテーブルの下にかくれたりするところは最高でした。笑い声が特徴的で、独特の皇帝の世界観を創造していました。時代劇にしてはラブロマンスを堪能できる作品です。素敵なキスシーンも満載です。青海商団を率いる才色兼備なユルを演じるオ・ヨンソもびっくりするくらい可愛くて癒されます。中国語を話したりインターナショナルな姿も垣間見れます。長い髪の毛で伝統衣装を着こなしたり、男装してワンソと兄弟のようになったり、七変化も楽しめます。内側から発光しているような美しさを感じました ミスコリアにもなったイ・ハニもあまりに綺麗で見とれてしまうほど。横顔が美しくて、ユルとの女性の対決にも注目してしまいました。


(30代・女性)
チャン・ヒョク演じる主役のワン・ソが、かなり野性的です。生まれた時に予言で不幸を招くといわれたせいで、身分が高い皇子でありながら、金剛山という荒れ地で育ちます。周りから忌み嫌われ、行儀作法を習っていないせいで粗野な振る舞いをするのですが、誰よりも愛情に飢えているワンが不憫です。チャン・ヒョクは見た目がワイルドな感じなので、ぴったりです。愛されなくてスネてしまうようなところもあり、放っておけない感じです。ヒロインの王女であるシンユルがワンに一目惚れするのですが、シンユルを慕って権力の座を狙うワン・ウクの存在が悲しいです。イケメンで優しいのになぜかヒロインに振られてしまう恋のライバルに、同情してしまいます。


(30代・女性)
男優チャン・ヒョクと女優オ・ヨンソの絡み合いがたまらなく楽しいです。オ・ヨンソがチャン・ヒョクを誘惑するところは、可愛いい仕草が一杯で元気をもらえます。またチャン・ヒョクの生い立ちや王とのシリアスな場面は韓国ドラマの史劇が好きな私にとってわくわくしました。脇役の女優さん男優さんの演技も実にプロです。滑稽さはこのドラマの癒しであり華でもあると思います・オ・ヨンソさんは、清純さと可愛さの反面たくましさと勇敢さも感じさせてくれます。とにかく笑って笑ってまた歴史の残酷さで胸を締め付けられ見ごたえのある韓国歴史ドラマです。私の心にはずっとお二人の共演場面が残っていくと思います。歴史ドラマがお好きな方にはとても楽しめるドラマだと思います。


(30代・男性)
はじめ見た時に、ワン・ソ役のチャン・ヒョクがえらい老けていておじさんだったので、このまま見ようかやめようか迷いました。最初、身なりも汚かったですし。が、シンユル役のオ・ヨンソがめちゃくちゃ可愛いので見続けることにしました。しかし、シンユルの男装は誰が見ても女の子だって分かりますよね。シンユルちゃん、可愛良すぎです。どうして女の子だと気付かないんだ、と画面越しにツッコミを入れましたよ。男装していても可愛いのに、女の子の姿に戻った時の美しさはもう輝いて見えました。とても顔立ちの良いステキな女優さんですよね。個人的にシンユルのお兄ちゃんがツボでした。おバカキャラなお兄ちゃんはなんだか憎めませんでしたね。


(20代・女性)
主人公のワンソとシンユルとのラブロマンスも素敵でしたが、中盤からのワンソとヨウォン姫との関係の変化が好きでした。序盤はお互いに利己的で冷めた関係でしたが、ワンソがワン執政に戦いを挑んでいると知ってから徐々に興味を示して最後には自分の身の上を泣いて話し、ワンソが言葉をかける姿は少しずつ夫婦らしくなる感じがして当時のほとんどの夫婦がこんな感じかなと想像してしまいました。さらにそんなヨウォン姫を演じたイハニが美しく、黒髪と華やかな衣装がマッチして素敵でした。そして、一番好きなエピソードは王子格闘大会です。ワンソとワンウクとの闘いは単なる親睦を深めるだけでなく、権力闘争も兼ねている緊迫感あるシーンで面白かったです。

 

まとめ

「輝くか、狂うか」は、ただドキドキするだけの恋愛ドラマではなく、緊張感も味わえる本格的な時代劇です。

ワン・ソとシン・ユルの恋愛にドキドキすること間違いなしです!

それだけではなく、ワンソの奥さんのファンボ・ヨウォンや、その弟のワン・ウクをはじめとした周りの人物の人間関係にも要注目のドラマとなっていますね。

とても内容の濃いドラマでした!

31日の無料期間に加え、韓国ドラマ・映画の作品数日本一のU-nextで、ぜひ輝くか、狂うかの動画を無料視聴でお楽しみください♪

31日の無料お試し期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴