韓国ドラマの動画を無料視聴する方法をまとめたサイト|韓流ドラマを視聴する際のおすすめ動画配信の比較からドラマランキングの紹介までをまとめたサイト「ネゴシエーション」

女王の教室の動画無料サイトまとめ!日本語字幕含め1話から全話視聴!

「女王の教室」は2013年に放送され、主演を務めたのはコ・ヒョンジョンです。

日本で放送された天海祐希さん主演のドラマ、「女王の教室」をリメイクした韓国ドラマとなっています。

そんな「女王の教室」のフル動画を無料で視聴するための方法について、ご紹介していこうと思います。

ちなみにU-nextなら「女王の教室」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

女王の教室が無料視聴できる動画配信サービス一覧

女王の教室の動画を無料視聴できるサービス一覧をまとめてご紹介していきましょう。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 無料期間
月額料金/ポイント
韓国ドラマ作品数

見放題
× 31日間無料
月額1990円 600円分配布

2310円/全話購入
× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布

見放題
× 30日間無料
月額562円 550円分配布

2640円/全話購入
× 31日間無料
月額550円 ポイントなし

3300円/全話購入
× 31日間無料
月額550円

2310円/全話購入
× 無料

「女王の教室」を視聴できる動画配信サービスはいくつもありますが、無料で全話見ることが出来るU-nextがおすすめです!

U-nextは、31日間無料サービスを行っており、女王の教室を全話無料で視聴できます!

また、600円分のポイントをもらうことができるので、1ポイント1円として使うことができ、最新映画やドラマ、コミックなどに利用できるのもおおすすめです。

31日間無料サービスを行っており、ポイントももらえるU-nextで、是非女王の教室を楽しみましょう。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ただ、無料期間があるとは言っても、解約が難しくて結局、お金を払うことになるんじゃないの?と不安にも思いますよね。

そこで続いて、U-nextの登録方法、と、解約方法について説明しますので、不安を払拭して頂ける嬉しいです!

U-nextの登録方法と解約方法

U-nextの登録方法は簡単3ステップで完了できるので画像と共に説明していきますね。

【登録方法】

U-nextの登録方法の流れから説明致します!スマホでは横スクロールして頂けますと全てのステップが見れます♪

step1 step2 step4 step4
「今すぐ31日間 無料トライアル」をクリック お客様情報を入力し「次へ」をクリック クレジットカード情報を入力 確認して完了

【解約方法】

続いて解約方法を説明致します。こちらもスマホですと横スクロールで簡単にご覧頂けます♪

step1 step2 step3 step4 step5
ログイン画面の左上をクリック→設定・サポートをクリック 契約内容の確認・変更をクリック 月額プラン『解約はこちら』→次へをクリック 『同意する』をクリック→解約する 解約完了

以上が登録方法と解約方法になります。登録も簡単ですし、解約も3クリックでできるので安心ですね♪

登録も簡単に出来て、解約も簡単に出来ることはわかったけど、でも、やっぱり無料動画サイトで観れるなら・・・と、思う気持ちもわかります汗

そこで無料動画サイトにて視聴は可能なのか?

「女王の教室」 を検索した結果をまとめましたので、ご覧頂ければと思います♪

 

女王の教室の無料動画一覧

各話ごとに無料動画があるかどうか「女王の教室 字幕」と「女王の教室 吹き替え」に分けて、検索した結果をまとめました。

結論から述べると無料動画があるのか調べた結果、本編を視聴できる無料動画はありませんでした。

吹替版の取り扱いをしている動画配信サービスは現在のところなく、字幕のみとなっており、U-nextでは全話日本語字幕で視聴できるのがおすすめです。

U-nextは31日間無料期間を使って全話無料で視聴できるので、是非U-nextを利用して女王の教室を全話楽しみましょう。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

また、映像でも見たいけど、どんな内容なのかを把握してから視聴したい!という方のために、あらすじを既に視聴された方の感想と共にまとめました!

文章でどんな雰囲気のドラマなのかを掴んでから、映像でも2度楽しんで頂けると嬉しいです♪

第1話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第1話 あらすじ
“サンドゥル小学校に通うハナは進級し、6年3組になった。ハナとナリは、新しい担任の正体が「レジェンド級の魔女」マ先生と知り絶望する。
そんなマ先生だが、始業式には行かず、教室で一人一人の机を見て回っていた。そして、ハナの席に置かれていた筆箱を手にするマ先生…。
その後、始業式を終え戻ってきた生徒達にテストをすると言った。そして小テストの成績で最下位の人に掃除当番をさせ、その結果でクラス委員を決めることになり、テストが始められた。ところが、ハナは筆箱に入っている鉛筆が全部折れてしまっており、問題が解けなかった。ナリはハナの様子に気がつき鉛筆を貸そうとするが、先生に見つかり人のことより自分のことをしろと怒られてしまう。”
ドラマ「女王の教室」第1話 感想
コ・ヒョンジョンは、ドラマの脇役で出演しても、主演に負けないくらいの名女優だと思いますが、このドラマでは、子役たちのあまりの熱演に他の作品より影が薄いような気もしました。そのくらい子どもたちの演技は素晴らしく、演技と言えないくらい役に入りきっているのです。特にブラックな場面では、とても胸が張り裂けそうになりました。この子役たちは、今も様々なドラマに出ていますが、見るたびにこのドラマの時は、こうだったのに…と親のような気持ちで見てしまいます。

第2話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第2話 あらすじ
“ハナは自分のせいでクラス委員をすることになってしまったソヒョンに謝罪をした。しかし、彼女はあなたのせいではないと言い、委員の仕事をこなしていた。マ先生に、自分が彼女の代わりにクラス委員をすると言うハナだが、全く聞き入れてもらえない。ドングとハナとボミの三人は、遅刻しそうになり慌てて教室へと向かうが、マ先生の姿を見かけ、ドングが先生の気を引き、ハナとボミは先に教室へと向かった。ドングはマ先生と教室に入るが、授業開始が遅くなった分、授業の時間を延ばすと言った。不満を漏らす生徒に呆れたマ先生は、本を読む生徒からは本を取り上げ、化粧道具をもっている生徒からはメイク用品を取り上げた。そんな時、ナリの携帯が鳴ってしまう。携帯を取り上げられたナリは今までのマ先生のことを母親に打ち明けた。
ドラマ「女王の教室」第2話 感想
“最近、私の中でプチブームをおこしているドラマ『女王の教室』。2005年に放送された日本版ではなく、韓国版のほうです。韓国のMBCで、6/12から放送開始。毎週水・木の22:00から放送中。現在は6話まで放送されています。物語としては、前半の<財布盗難事件〜和美への激しいいじめと復活>が見どころです。日本版は11話で終わりですが、韓国版は16話までと少し長めの予定になっており、1話が70分(しかもCM無し)という尺ですが、今のところは、かなり原作に忠実で、オリジナル要素も少ないので、日本版で2006年にスペシャル放送した女教師・阿久津真矢の過去も含まれているようです。

第3話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第3話 あらすじ
“泣きながらドングを庇ったハナ。そんな二人に、1年間のクラス委員を命じたマ先生。二人が掃除をしながら喧嘩する様子を見ていたボミに、マ先生は自分の味方でいれば1年間安全に過ごせると告げる。次の日、マ先生は春祭りの舞台でダンスをすると生徒に言った。しかし、ボミだけが振付けを覚えられずにいた。ハナは、毎日マ先生から注意される彼女を見て、もう許してあげてほしいと訴える。すると、マ先生は二人に体育館の掃除をするように命じた…。掃除の最中にハナは、友達がおらずいつも一人のボミに、今日から私があなたの友達になると言った。その後、ボミのダンスの練習に毎日付き合うハナ。そして、ダンスの試験の日がやってきた。ところが、マ先生はドングとボミに、当日は欠席しても構わないと言い放つ。その一言にショックを受けるボミ…。ハナは、こんな仕打ちは酷いと思い、当日ボイコットをしようと言い出したのだ。

ドラマ「女王の教室」第3話 感想
“当時とても話題になった、過激な内容を含んだ展開も、構成のうまさやセリフの力強さなどに関心しました。7年前の作品であるにもかかわらず色褪せることがありませんし、それまではさほど興味のなかった天海祐希さんにも魅了された作品です。だからこそ、韓国版が過激さや力強さをどう再現してくるのか、とても気になっていました。日本で問題作とされていただけに、拒否反応もかなりあるのではないか、と。しかし、ブログを見ると日本人でも興味を持って韓国版を視聴している人は多いようですね。

第4話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第4話 あらすじ
“舞台の当日。6年3組の生徒達は、マ先生に対抗することを決めたものの、異常な空気が漂う。ハナを見るボミの目も昨日と全く違っていた。涙を流すハナの元にソヒョンが戻ってきた。彼女から、春祭り前日にマ先生が家庭訪問をしていたことを聞いたハナは、そのせいで生徒達は祭りに参加せざるを得なくなったことに気付く。そして、ソヒョンは先生とボミの間にも何かあるはずだと話をした。放課後、ハナとドング、ソヒョンの三人は体育館の清掃をしていた。その時突然、「あなた達にはこれから監視をつける」とマイク越しに言うマ先生の声と共に体育館のドアが開き、現れたのはボミだった。
ドラマ「女王の教室」第4話 感想
“韓国の方のドラマの感想を見ると、面白いことが分かります。まず、韓国の方のドラマ好きはとても有名で、日本にもかなりの作品が提供され、TV放送やレンタルでも数多く出回っていますが、最近はネタが少なくなっているようですね。なので、日本のリメイクドラマも多く、成功するドラマも出てきています。原作が既に完結している作品なら、それだけ製作費も切り詰められるし、興行などの面で失敗が減っていく傾向があるようです。(もちろん、日本への逆輸入というメリットも想定されますしね。)さらに韓国ドラマに多いと思われる、情緒メインの人間ドラマや、現実からかけ離れたファンタジー要素が入った恋愛もの、その中に含まれている出生の秘密や三角関係などの構成に飽きがきているようです。小学生が主人公のドラマがこの「女王の教室」で初めてという話にもとても驚きました。もちろん日本と同様、有名な子役は多いですが、主人公の幼少時代を演じることが大半のようです。

第5話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第5話 あらすじ
“財布を盗んだ犯人にされてしまうハナ。みんなが帰る中、校舎の前で自分が財布を盗んだとマ先生から言わされてしまう。罰が終わり帰ろうとしたハナに、やってないのならどうして犯人を言わないのかとドングは聞いたが、あなたには関係ないと言われてしまう。そんなハナの元に、放課後、公園に来てほしいというメールがナリから届く。公園に着いたハナに、泣きながら謝罪するナリ。明日のテストが終わったら本当のことを先生に話すことを約束をした。そんなナリを信じることにしたハナ。翌日のテストが終わると、ナリはマ先生と廊下で話をしていた。その姿を見たハナはナリが本当のことをを話していると思っていた。しかしナリが本当のことを言うどころか、ファジョンにもハナから財布を盗んだことにしてほしいと頼まれたと話していた事を知る。

ドラマ「女王の教室」第5話 感想
“金八先生やスクールウォーズなど、日本の学園ドラマは数多くありますが、「女王の教室」は過去の作品とは違い、全く初めての題材となる小学生モノに衝撃を受けましたが、韓国版は果たしてどんなものなのか。日本版と違うのは、まず驚くほどカラフルな色合いの教室や家のセット。少女達も今時の子なので、スマホを使っていじめるシーンや、パッと見の違いは一目瞭然です。早くも子役達の名演技は話題となっていますが、私が見ても日本版にかなり寄せた作りになっており、大袈裟なくらいに泣く演技は様になっています。

第6話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第6話 あらすじ
ケガをして保健室にいると、教頭にいじめがあったのかと聞かれたハナ。ありませんと答えるハナの様子を見ていたボミ…。ボミは、どうせ本当のことを言ったところで助けては貰えないと心の中でつぶやくのだった。プールの授業後、ナリがスジンの写真を撮っているのを目撃したボミ。そして、ナリの悪事を全て知ったボミだが誰にも言えず、全てをノートに絵で残した。教室ではクラスメイト達がドングの机と同様にハナの机も備品室に運ぼうとしていた。しかしその時に、ボミの机からノートが落ち、ナリはボミに危機感を覚える。ナリはボミを呼び出し友達になりたいと言うが、ボミはそんな彼女に恐怖を覚えた。
ドラマ「女王の教室」第6話 感想
“シムハナ(日本版は和美)役のキム・ヒョンギは、声が少し低めですが、人懐っこい笑顔がとても可愛いですし、特に泣きの演技は素晴らしいの一言。彼女の同志となるオドング(日本版は真鍋由介)役のチョン・ボグンは小柄で、少し素朴になっちゃったけど、親近感があります。ソヒョン(日本版は進藤光)役のキム・セロンは、映画「冬の小鳥」で鮮烈なデビューを果たした子だけに、物凄く存在感があります。背はかなり伸びて160cm以上はありそう。和美を裏切る気の弱いボミ(日本版は馬場久子)役は、ソ・シネという14歳くらいの名子役が演じていて、日本版より”馬場ちゃん”の存在感が増してより怖い感じ。ナリ(日本版は恵里花)役の子も、もう少し憎らしい感じの子になっています。クラスメートも大人びた子が多く、「とても小学生のクラスには見えない…」とも思えますが、見てくとだんだん気にならなくなります。

第7話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第7話 あらすじ
“ナリに夏休み中に、ルール違反をしてる人の報告をするよう頼んだマ先生。夏休みが始まり、3組の生徒のみが登校し勉強をすることになった。ビンナ・ナリ・ボミが問題を解く中、マ先生から呼び出されたソニョンとファジョン。2人が塾をさぼり映画館に行っている写真を見せつけたマ先生…。2人は誰が先生に告げ口をしたのか不思議に思う。一方、ナリが過食嘔吐していることに気が付いたハナは、ナリについて行く。その様子を3組の生徒全員が上から見て、2人の会話を聞いてしまう。そしてナリは、自分が財布を盗んだことなどを話し、クラスメートは犯人がハナではなくナリだということを知る。ナリの母は奉仕活動を頑張ったご褒美にと、クラスメートに食事を準備するが、誰も食事を取りに行こうとしない…。

ドラマ「女王の教室」第7話 感想
“日本版との1番の違いはやはり、マ・ヨジン先生かな…と。現地では、一部で”ミス・キャスト”との声もあった、コ・ヒョンジョンさん。3年ぶりの復帰作だそうですが、丸顔で中年太りな感じが日本版で先生役を務めた天海さんのシャープさとはちょっと違う感じです。演技を見てもベテラン女優としての風格は感じられるものの、”少し意地悪で怖い先生”という感じで、カリスマ性が感じられた阿久津先生を全くなぞらえていません。リメイクといっても完璧に同じ作品をに作る必要はないので、違えばその分面白い場面もあるとは思いますが。日本版の色のない感じとは違い、全体的に演技も演出も”トゥーマッチ”なところが見ていて楽しいところではあります。いじめ事件も徹底的に不気味で恐ろしくなっていて、「ある意味、韓国ドラマになっているな…」と感心して見てました。早く全編通して見たいですね。

第8話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第8話 あらすじ
“母により病院に強制的に入院させられたナリ。そしてナリの母は、弁護士を連れて学校へと向かう。マ先生は大事にするつもりはないが、財布を盗んだ件や、いじめの主犯であることを内申書から消すことは出来ないと言い切る。ナリの母はその言葉に激怒するが、やり取り聞いていた校長は、内申書のことより、今やるべきことはお母さんがナリの傍にいてあげることではないかと言った。その発言に言葉をせなくなるナリの母…。しかし、ナリがそんなことをするなんておかしい、先生に問題があるのではないかと考え、マ先生を徹底的に調べることにする。一方、退院したナリは留学することをクラスメイトに告げるため、学校にやってきた。教室では唯一ハナだけが彼女に話しかける。ナリが帰ると授業が始まるが、その授業が終わった時ハナはみんなにこのままナリを行かせてもいいのかと聞く。
ドラマ「女王の教室」第8話 感想
“一方で、面白いのがドラマニュースの作り方。検索していると同様の内容のネット記事が色んな新聞社からどんどん取り上げられています。これは、各マスコミが数名のフリー記者と契約をしているのでは、と思うのですが、その方達がドラマを見ながらリアルタイムで情報をアップしてるようです。それも1つの話で15分ごとに切り分け、感想を細やかにアップしているのです。その細やかさには、本当に驚きです。「お茶の間の涙を誘う。」とか、ありふれた宣伝文句もあるものの、「それは不特定多数の意見ではなくて、君自身の感想では…?!」とツッコミながら読むのがまた楽しい。それにしても毎回、どのドラマにもかなり多くの公式な記事がアップされているところを見ると、面白いドラマに対する期待感は半端ないものなんだな、と感じます。

第9話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第9話 あらすじ
“別室へ連れて行かれるソヒョン。そんな彼女に真意を聞くマ先生は、友情を捨ててでも勉強を選ぶと発言する彼女の望みを叶えてあげようと考える。一方、ドングはオ女史の病室にずっと付き添っていた。オ女史の病室を出て行くソヒョンの母を追いかけたドングは、彼女がソヒョンの父の病室で話しかけているところを見かける。ソヒョンの母の言葉を聞いてしまったドングは声をかけられず、再びソヒョン父の病室へ行き彼に話しかける。その時、ソヒョンの父の瞼が動いた…。慌てて知らせようと部屋を飛び出すドング…。しかし、自分の意思で動いているわけではないと説明を受けショックを受ける…。放課後、ソヒョンはいつものように病院へと向かった。するとそこに、マ先生が現れ、内申書ができあがったと言い帰っていった。
ドラマ「女王の教室」第9話 感想
“韓国の方のブロガーのドラマへの熱い批評等も、日本ではなかなかないような名文が多く見つかり、普通ではないような勢いを感じます。「女王の教室」のような好みがハッキリ分かれるドラマだと、他の国のの感性等の違いも事細やかにに分析されてるので、どこが合う合わない、というのが逆に分かってきます。「女王の教室」については、設定が現実からかけ離れていても、ドラマの中での登場人物の行動や態度がかなり現実的に受け止められているようです。日本のドラマの細やかな人物像や、過激な描写の中でも、先生の吐き出す毒舌が正論であることもあり、その独特の教育観は、現場の教師にも受けがいいようですね。(もちろん、過激すぎて拒否反応を起こす人もいますが。)

第10話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第10話 あらすじ
マ先生のことを何も知らないと気付いたハナ達は、マ先生をの後を付ける。しかし、マ先生に尾行がバレてしまい、卑劣なやり方が通用すると思うなと言われてしまう。ハナ達が逃げ帰ったため、尾行されていないと思っていたマ先生だったが、ドングは尾行を続けていた…。翌日、マ先生は再び子供達に班の中の誰か1人の名前を書くように言うが、生徒達の様子がおかしいことに気付く。すると、マ先生は子供達を煽って不安にさせクラスの雰囲気を悪くする。マ先生は1人になったボミに、みんな自分のことが大切だと言い放ち、もし自分側につくならいつでも受け入れると言い立ち去る。ボミとハナは家に帰り、クラスの一人一人に手紙を書き、次の日それぞれの机の中に手紙を入れたが、その手紙を読んだ生徒達は迷惑そうだった。そして喧嘩が始まってしまう。
ドラマ「女王の教室」第10話 感想
“最終話まで、ササっとですが視聴しました。ジャンルは学園ものとして、イジメ、窃盗、友情、教師としての葛藤などがあります。生徒が小学6年生と少し幼いので、感情移入はそこまで出来ませんでした。同じような若い世代の方が見れば、もう少し楽しく感じたかもしれません。原作、日本版の「女王の教室」を見ていた分、内容は大体、把握できてました。日本版はすごく視聴率が良く、雰囲気が分かっていたので、話の内容に集中出来ず、コ・ヒョンジョンに対して、もうちょっと痩せた方が良いんじゃ・・と、関係ないことに気が散ってしまいました。「善徳女王」を超えるような作品は難しいかもしれませんね。また、ミシルのような女性を見たいです。

第11話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第11話 あらすじ
“マ先生と現れたドジン。彼が戻ってきたことを喜ぶクラスメートをよそに、気まずさを感じてしまうハナ。一方、ハナの母やソニョンの母たちが食事をしているところへ、ナリの母親が現れ、マ先生が前の赴任先で様々な問題を起こしていたようだと話す。その話を聞き、ソニョンの母は詳細を調査する為動き出す。塾の帰り道でハナを待ち伏せるドジン。そして、自分が孤児で今の両親が義理の親であることを話した。これはハナにしか打ち明けていないと言うドジンに、ハナは秘密を守ると誓う。投票の結果、ドジンがクラスの委員に…。しかし、様々な問題が起こり、ドングとドジンとマ先生は職員室で教頭に怒られてしまった。するとマ先生は、ドングを転校させるという罰を与えると言い放つ。

ドラマ「女王の教室」第11話 感想
“成績で生徒を評価し差別するマ先生。しかし、成人し社会に出れば、もっと厳しい争いがあることを教えていたのです。厳しいマ先生は暴力教師で刑務所に入っていたと噂になり、辞めさせようと考える親も登場します。教頭先生も、マ先生を追い出そうとしているうちの1人。校長先生は、刑務所にいたことを知ってましたが、冤罪であり、彼女を信頼してたからこそ採用したのです。16話では、マ先生の刑務所の件を話す校長先生。二審で無罪となり釈放されていた。つまり、冤罪だったのだ。裁判中、何も話さないマ先生は、生徒の責任は教師が背負うものだと考えていた。被害者だと言ってた生徒の証言で、真実が明らかになり、無罪だと発覚したのです。誤解されても言い訳せず、大人になれば不条理な社会で生きなければいけないという真実を、早くも教えていたマ先生。まだ、子供だから・・ではなく、傷つく前に防御の意味を教えたかったのでしょう。

第12話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第12話 あらすじ
“転校させるから両親を呼ぶようドングに言い放つマ先生。一方、ハナ達はどうして彼がドジンに暴力を振るったのか不思議に思う。何故手をあげたのか聞いても黙り込むドング。そこでハナは、ドジンに何故ドングに殴られたのかと聞くが、彼の答えを信じられない。そこで何とか彼が転校するのだけは避けたいから、先生を説得して欲しいとハナに頼まれ、マ先生の元へと向かうドジン。しかし彼はそれた話しかしない…。ハナはそんな彼に向かい、あなたの好きなようにはさせないと言った。その後、ハナの部屋で宿題をしていたボミは、ハナの机の中からハナとドジンが映った写真を見つける。ドングを呼び出し、ドジンに手をあげたのはハナのためではないかと聞くボミ。そしてマ先生と喧嘩になったら、前みたいに孤立してしまうから、そんな時にハナの傍にドングが居てくれたらと思うと話をした。

ドラマ「女王の教室」第12話 感想
日本の「女王の教室」を視聴していませんが、公式HPなどであらすじを確認しながら視聴していました。大筋のストーリー展開は日本版そのまま。視聴率は良くなかったけど、私は見やすかったし、何より子役ちゃんたちの演技がとっても良くて後半は何度も泣きました。活躍している子役ちゃんたちがメインでキャスティングされていましたが、それ以外の子役ちゃんたちも演技が上手でした。あぁ・・・その中でもそうでない子もいましたけど( ´ノω`)コッソーリ日本の教育事情と韓国の教育事情は異なるはずなのにストーリー展開がほぼ同じだったから韓国では受け入れられなかったのかもしれませんね。マ・ヨジン役・・・コ・ヒョンジョン。さすがコ・ヒョンジョンさん!というくらいの存在感でした。日本版の天海祐希さんのようなアクションシーンはなかったですけどね(笑)やっぱりヒョンジョンさん好きだなぁ♪ハナ役・・・キム・ヒャンギ。ヒャンギちゃんも実力のある子役ちゃんなので、コ・ヒョンジョンさんとの1対1のシーンも負けてなかったですね。最後のヒャンギちゃんとヒョンジョンさんのシーンが良かったです。

第13話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第13話 あらすじ
みなさんは、韓国版の「女王の教室」をどう思いますか?私は、韓国版の先生は笑うシーンが多くあったので、怖さが全くありません。原作の日本版の先生は、全く笑わないので、とても怖いです。更に、韓国版の先生は、ふくよかな体型なので、見た目が怖くないです。みなさんは、どう思いますか?演技がどうとかでなく、彼女の体形が問題でしたね。彼女は昔、ミスコリアに選ばれ、財閥の方と結婚し、色々な作品に出られた方ですが、今回はかなり太りすぎ、田舎のおばちゃん…という感じでした。それに加えてあの髪型と衣装はもっと老けて、重苦しかったように感じました。見た目の年齢が少し、老けすぎでしたね。私はミスキャストに思えました。
ドラマ「女王の教室」第13話 感想
職員室で教頭からドジンのことについて色々と言われ、これから先このようなことが起きた時は全ての責任を自分が負う言い放つマ先生。その一方で彼女は生徒一人一人の言動記録していた。そして次の日、突然2学期の三者面談をすると言い出す。生徒達の悪行や秘密は全てPCのファイルに残してあると話したマ先生は、もし、それらのことを話されたくなければ面談中は黙って話を聞いているようにと指示したのだった。面談が始まり、マ先生は親の意向と子供の意見が違う所を、うまく利用し親の意向に従うよう話して仕向けるのだった。しかし、面談を終えた生徒たちは不満そうだった。それを感じ取ったマ先生は、親の期待を受け入れることが大切だと告げる。子供達はクラス会議し、先生のPCに入っている自分達のことが書かれたファイルをどうすべきか話していた。そしてその夜、マ先生が帰ったことを確認しPCからデータを移した。

第14話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第14話 あらすじ
マ先生についてを調べるため学校にやってきていたチェ委員。マ先生は職員室で教頭から教育委員会がやってきたこについて追及され、責任を取るように言われた。するとそこにやってきた校長がこうなったのは教頭の責任だと言った。教頭は校長の言葉に何も言葉を返せなかった。校長はマ先生を呼び出し、授業のやり方を変えて欲しいと頼んだ。しかし、それを拒否したマ先生は、校長先生が私をこの学校に呼んだ際に交わした約束を守ってくれればいいと言い教室へ行ってしまう。そのころ、母親達はマ先生に様々な問題があることを知り、マ先生について調査しようと一致団結していた。ハナはヤン先生にマ先生がどうなるのかを聞き、ショックを受ける。クラスメートもマ先生のことが心配でならない。そこでハナは、教育委員会の人が見に来る授業中、今まで気になってたことを全てマ先生に聞いてみようとみんなに提案する。
ドラマ「女王の教室」第14話 感想
このドラマは日本のオリジナル版では、ヒロインを天海祐希が悪魔のような小学校の鬼教師を演じて話題になったそうですが私的には観てないので…。リメイク韓国版の方は、『善徳女王』で圧倒的な存在感を示し、人気を博したミシル役を演じたコ・ヒョンジョンがヒロインを演じていてなかなか観応えがありました。タイトルの女王繋がりだけど、適役で面白く視聴できました。問題提起の教育ドラマではあるけど、韓国ではドラマをどういう風に感じ、どういう風に受け止められたのか。ちょっと気になるところではありますけれどね~^^ゞところで、オリジナルの日本版もそうですが…日本での放送時もかなり論争を呼んだみたいですから韓国でも、かなり受け入れらないという意見も多かったのではというか、考えられないという感じだったのか…?

第15話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第15話 あらすじ
入院することになったマ先生。意識が戻らないため家族に連絡取ることにし、ヤン先生とク先生はマ先生の個人情報をチョン先生に頼み調べて貰うことに。しかし、家族がいないと分かり、先生たちはマ先生の自宅へ向かう。そこでヤン先生達は本棚に並んだ箱を見て、とても細やかに3組生徒の日々の記録を残していたことを知り驚く。そのころ、3組では、マ先生が来るのを生徒達が待っていた。しかし、なかなか現れず…。すると校長がきて、マ先生が体調不良で暫く休むことを伝えた。教頭は校長にマ先生がいない間自分が代わりに授業をしているが、新しい先生を探すことを提案する。しかし校長は、新しい先生を呼ぶつもりはなかった。そのころ、3組の子供達は卒業制作をマ先生が退院し戻るまでに仕上げようと作業を進めていた。校長先生は生徒達の様子を見た後、マ先生の病室へと向かった。
ドラマ「女王の教室」第15話 感想
韓国バージョンしか観ていませんけど、「えっ?!」という思いを私も抱いたくらいなので(って、私の年代的な教育観もあるかもですが)、 推して知るべしかなと。^^ゞでもドラマ的には、鋭い切り口で面白かったです。これって、最後にはヒューマンな展開になるので正直ほっとできましたけどね…。とくに先生と生徒の子供たちとのやり取りが中心になるわけだけど…前半は先生からの一方的な大人の私に従いなさいという強圧的な感じで権威を示して重苦しい雰囲気だったのが、後半からはただ先生に従うのではなく、子供たちなりに考えながら問題を解決してゆこうという姿が見られ、受動的だったのが能動的になってゆく成長した子どもたちの姿がまぶしく感じられました。これって、先生が憎まれ役をかって出て(この辺もミシルみたいだけど)子供たちの成長を手助けしたということだろうけど、憎まれ役になる覚悟というか~本当に子どもたちを愛してなかったらできないよなと思いました。だってわざわざ憎まれたいとはだれも思わないしね。皆よく見られたいわけだし、あえて憎まれ役とはアッパレです。あのコ・ヒョンジョンの迫力は、子供たちにもミシルと同じだったかも~。

第16話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「女王の教室」第16話 あらすじ
あらすじの入力
ドラマ「女王の教室」第16話 感想
感想を入力

各話のあらすじと感想をご覧になり、ドラマの内容が分かったのではないかと思います。

子供達に厳しい指導を行っている教師の真意が気になるストーリーになっていましたね。

映像で見れば、もっとハラハラした気持ちを味わえること間違いなしとなっているので、ドラマが気になる方は、是非映像で楽しめるU-nextを利用して視聴しましょう。

次に、女王の教室を全話視聴した方々の感想をご紹介していこうと思います。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

「女王の教室」の動画を見た方々の感想

口コミ

(30代・女性)
一話目を身終えた時点での感想は「こんな教師がいたら怖い」でした。
タイトルの通り序盤からエンジン全開で虐めとも終える厳しい教育を仕掛けます。
主人公の先生を演じたコ・ヒョンジョンは日本版で阿久津真矢を演じた天海祐希とは全く違う印象です。
見た目は丸く優しい印象なのですが演技力が高く、しっかりとどこか闇を持ったような印象を受け何故この人なのか納得できました。
ただ、韓国は学校教育で起こる問題に敏感な国なので、日本版をそっくりそのまま韓国で作ったということに驚きました。
容赦なく残酷な表現もそのままで、残念ながらそれほどオリジンリティは感じませんでした。
子役たちも日本版と比べると特別可愛らしい感じではなく、普通の一般人という印象。
各々の演技力は申し分ないが、全体の評価としてはイマイチです。


(30代・女性)
小学生でキス、ませてますね。
けど、その男の子はカナダに行くとか。
そして最低なやつだとか。
イケメンはやっぱり性格が良くないのでしょうか。
そんな事はないか。
雷に打たれてしまえ。
とか、言いたくなるのも分かります。
こう長年生きていればそういう相手もいます。
ハナの友達は、お金持ち?車で学校まで送りはいいけど、何か高級そうな車です。
羨ましいです、お金持ち。
ハナの着ている服が何か可愛いです。
ちょっと参考までにしようと思いました。
クラスメイトの悪口。
嫉妬する気持ちは分かりますが、よくないです。
相手は勉強も出来て、可愛いから言ってしまうのは無理はないですが。
男の子ってやっぱり面白いと言うよりもアホだなと。
ハナのクラスに魔女と呼ばれる先生が担任になるのですが、その後が気になります。
威圧感が出ており演技が素晴らしいなと思いました。


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる


(30代・女性)
感想を入れる

 

女王の教室のキャスト・スタッフ

【脚本】
キム・ウォンソク

【キャスト】
コ・ヒョンジョン
キム・セロン
ソ・シネ
ユン・ヨジョン
キム・ヒャンギ
イ・ヨンユ
チョン・ボグン

まとめ

厳しい教師を演じたコ・ヒョンジョンも見どころですが、生徒たちの演技も注目しながら見ていきたい作品でしたね。

女王の教室の無料動画を調査したところ、U-nextの31日間無料期間に登録すると、31日間無料になり、女王の教室を全話視聴できることが分かりました。

ドラマを全話見たいと思った方は、是非U-nextを使って、「女王の教室」を見て頂ければと思います。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴