韓国ドラマの動画を無料視聴する方法をまとめたサイト|韓流ドラマを視聴する際のおすすめ動画配信の比較からドラマランキングの紹介までをまとめたサイト「ネゴシエーション」

2020|イ・ビョンホン出演のおすすめドラマ・映画まとめ

1991年に放送された「アスファルト、我が故郷」で俳優デビューを果たしたイ・ビョンホンは、高い演技力が評価され多くの作品に出演し、韓国で大ブレイクしました。

韓国だけでなく、日本・香港・シンガポールなどアジアの国でも人気が高いイ・ビョンホン。

そんなイ・ビョンホンの人物紹介や、これまでに出演したドラマや映画作品の一覧と共に、人気作をランキング形式でまとめたものを紹介していきます!

 

イ・ビョンホンのプロフィール

生年月日 1970年8月13日
出身地 京畿道城南市
身長 177cm
体重 72kg
血液型 O型
学歴 中央大学新聞放送学科大学院
デビュー年 1991年
SNS イ・ビョンホン Twitter
イ・ビョンホン Instagram

イ・ビョンホンは、漢陽大学校仏語仏文科在学中に、アルバイトで「コカコーラ」など多くのCMでモデル活動をしました。

母親の友人の勧めでKBS公開採用オーディションを受け、翌年の1991年にはトップの成績で研修を終えて、ドラマ「アスファルト、我が故郷」でデビューしました。

1992年のドラマ「明日は愛」で、2年にわたって主役として出演して、青春スターの代名詞にまでなりました。

評価が高いイ・ビョンホン ですが、兵役は終えたのか気になったので調査しました!

イ・ビョンホンの兵役はいつ?

イ・ビョンホンは、父を亡くしていて、母を養う必要があったので、現役兵として入隊はしていません。

6ヶ月の間、自宅から役所へ通う形で兵役に替わる仕事を務めていました。

このような形で兵役に替わる勤務を終えているイ・ビョンホンは、今後兵役による活動休止の心配がなさそうですね♪

イ・ビョンホンの日本での活動情報!

イ・ビョンホンは日本でも好評で多くのファンを抱えています。

2004年の紅白歌合戦にゲスト出演し、スピーチをしました。

「韓流四天王」と呼ばれて、CM出演・ファンイベント開催・写真集出版など、日本での活動も行っています。

2006年には『Lee Byung Hun in Tokyo Dome』を開催し、東京ドームで日本で初めてのファン・ミーティングを行い、4万2千人を動員しました。

そんなイ・ビョンホンが、これまでに出演したドラマと映画作品を一覧でまとめましたので、ご覧ください♪

 

イ・ビョンホンの出演ドラマ・映画作品まとめ

2005年に主演して、ハリウッドのエージェントと契約するきっかけになった「甘い人生」で、映画評論家協会賞をはじめ3つの主演男優賞を受賞しました。

演技力だけでなく、作品ごとにさまざまなキャラクターを演じられるので、「千の顔を持つ俳優」と呼ばれました。

2009年に、「G.I.ジョー」のストームシャドー役でハリウッドデビューを果たしました。

これまでイ・ビョンホンが出演した作品を、ドラマと映画別にそれぞれ、まとめたものを紹介していきます!

イ・ビョンホン出演のドラマ一覧

公開年 作品名
1991年 アスファルト、我が故郷
1991年 風の花は枯れない
1991年 家族
1991年 霧は晴れない
1992年 太陽が昇る日
1992年 別れの来ない朝
1992年 明日は愛
1992年 あの野菊の如く
1993年 生き残った者の悲しみ
1994年 ポリス 〜愛と追憶の果てに〜
1994年 恋の香り (テレビドラマ)
1995年 アスファルトの男
1995年 風の息子
1997年 美しい彼女
1998年 白夜3.98
1999年 Happy Together
1999年 セリが帰ってきた
1999年 ラブストーリー 〜ひまわり編
2001年 美しき日々
2001年 遠い路
2003年 オールイン 運命の愛
2009年 IRIS-アイリス-
2011年 外交官・黒田康作
2018年 ミスター・サンシャイン

以上がイ・ビョンホンが出演したドラマの一覧になります。

1900年代はイ・ビョンホンの活動がテレビドラマ中心だったこともあり、何本も出演する年もありましたね。

ドラマの一覧をご覧いただきましたが、ここからは映画作品を一覧でまとめたものを紹介します!

イ・ビョンホン出演の映画一覧

公開年 作品名
1995年 誰が俺を狂わせるのか
1995年 ラン・アウェイ
1995年 ネオンの中へ陽が沈む
1996年 ハルマゲドン
1996年 彼らだけの世界
1997年 地上満歌
1999年 我が心のオルガン
2000年 JSA
2001年 バンジージャンプする
2002年 マリといた夏
2002年 純愛中毒
2004年 美しい夜、残酷な朝「cut」
2004年 誰にでも秘密がある
2005年 甘い人生
2006年 夏物語
2007年 HERO
2009年 グッド・バッド・ウィアード
2009年 アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
2009年 G.I.ジョー
2010年 インフルエンス The Influence
2010年 悪魔を見た
2011年 Share The Vision
2012年 王になった男
2013年 G.I.ジョー バック2リベンジ
2013年 REDリターンズ
2015年 ターミネーター:新起動/ジェニシス
2015年 メモリーズ 追憶の剣
2015年 インサイダーズ/内部者たち
2016年 ブラック・ファイル 野心の代償
2016年 マグニフィセント・セブン
2016年 密偵
2016年 MASTER/マスター
2017年 エターナル
2017年 天命の城
2018年 それだけが、僕の世界

以上がイ・ビョンホンが出演した映画の一覧になります。

これまで、イ・ビョンホンが出演しているドラマと映画作品を紹介してきましたが、気になる作品はありましたでしょうか?

どの作品を見たら良いか分からないという方は、イ・ビョンホン出演の人気作をランキング形式でまとめましたので、ぜひ参考にして下さい♪

 

イ・ビョンホン出演ドラマランキング

イ・ビョンホンが出演したドラマを、視聴率の高い順にまとめましたしたのでご覧ください!

1位|IRIS-アイリス-

放送時期 2009年
視聴率 50.2%

ヒョンジュン(イ・ビョンホン)は特殊任務隊に所属していた。ある日、軍部からの命令で大学院に通うことになり、そこでスンヒ(キム・テヒ)と出会い、彼女に一目惚れをしてしまう。一方、サウ(チョン・ジュノ)もまた、知人にスンヒを紹介され、彼女に一目惚れしていた。彼はヒョンジュンの親友だった。しかし、彼女はある日忽然と姿を消してしまい、ヒョンジュンは物思いにふける日々を過ごしていた。ある日、ヒョンジュンとサウは知らない男たちに連行される形で、突然過酷なテストを受けさせられることになった。2人は何とかテストに合格し、国家安全局(NSS)の一員となる。ヒョンジュンがNSSに初出勤するとなんとそこにはスンヒがいた。スンヒはヒョンジュンにきつく当たり、彼女が過去、意図的に自分に接近してきていたことを知ったヒョンジュンは不快感を表に出しながらも、いきなりキスをして…。

IRIS-アイリス- の感想

20代・女性
アイリスメンバーのほとんどが実はリーダーの掌の上で踊らされていた被害者だったように思います。
ヒョンジュンには幸せになってほしかったが最後に殺されてしまい残念でした。けど、この大きな闇の中で生き残る術があったのかと問われると答えは出ませんね。
ただもう少しスキャナー説が生きていれば良かったなぁー。
それとも母親が主張しているように、ヒョンジュンは生きているのか?!
恋愛物語としては、ソンファ贔屓だったので、彼女がコーヒーを飲む際にバターを入れていたシーンに切なくなりました。ヒョンジュンを庇って殺されることがなくてよかったです。ヒョンジュンが贈った花束は、いつまでも彼女の中に残ることでしょう。


30代・女性
スパイものが好きでこれも面白かったですが、事件やテロが杜撰に見えて緊迫感が薄く感じました。
アイリスという巨大な組織の実体が明らかされないまま進んでいたので仕方なかったのかな。ラブストーリーの部分は無くてもいいとまでは言わないが、個人的にヒョンジュンとスンヒの組み合わせより、サウとスンヒの組み合わせの方がお似合いのような気がして切ない気持ちを感じ取れませんでした。もう少しお似合いの2人だったら・・・こういったドラマは続きが気になる終わり方をして次回に引っ張るんだよなぁと冷めていましたがやっぱり気になって観てしまいました。“なんだったのこれは?”という思いもあるにはあるんですがそこそこ楽しめたので よかったです。

2位|オールイン 運命の愛

放送時期 2003年
視聴率 49.0%

イナ(チン・グ)は孤児で賭博師のチス(イム・ヒョンシク)に育てられ、物心つく頃から各所の賭場で才能を発揮していく。放浪の末にたどり着いた街で、イナは生涯の仲間たちと初恋の女スヨン(ハン・ジミン)に出会い、そして持ち前の決断力と優れた能力でリーダー的影響となるが、誤ってマフィアのボスを手にかけ服役する事になってしまう。やがて成人になり出所したイナ(イ・ビョンホン)は、拘置所で親しかったチョング(ホ・ジュノ)を訪ね、ディーラーとして働くスヨン(ソン・ヘギョ)と、かつての仲間でホテル経営企業の御曹司チョンウォン(チソン)に偶然再会し…。ギャンブルの才能を見込まれ生涯が開けるかという矢先に、運命のいたずらで韓国から米国に逃亡。社会の最底辺からポーカーの名人に登りつめ、ついには実業家にまで出世していくイナの波乱に満ちたのドラマは、韓国で最高視聴率を記録したのである。

オールイン 運命の愛 の感想

20代・女性
わたしはオールインが大好きで、ドラマの曲を聴いていると、今でもドラマの名場面が浮かんできます。それらの曲の歌詞の日本語訳を見ると心が痛くなるというか、今後のドラマの展開が浮かんできます。歌詞には日本語での発音も一応わかります。ルビがふってあるので。ドラマを見て、歌も覚えて、とても幸せな気分です。実は今、NHKでオールインが放送中なので、録画して何回も繰り返し見ています。そのくらい好きなんですよね。このドラマに出会えて本当に良かった。


30代・女性
イ・ビョンホンさんが大好きでこのドラマを見始めたんですけど、音楽といい中身といいどれも最高でした。私が韓国ドラマの中でも一番好きなのがこのオールインです。音楽が素晴らしく、寂しさや怒りをメロディにした音楽には現実に聞き入ってしまいました。イ・ビョンホンさんの熱演も最高ですし、サウンドトラックだけでなく、ドラマも見て涙を流しちゃってください!!それにしても、何故韓国はこんなにいい音楽が製作できるのでしょうか…?(笑)。

>>今すぐオールイン 運命の愛 を視聴する<<

3位|Happy Together

放送時期 1999年
視聴率 40.0%

連れ子同士の再婚で血の繋がらない兄妹になった、テプン(イ・ビョンホン)、ジソク(ソン・スンホン)、チャンジュ(チョ・ミンス)、ムンジュ(カン・スンヨン)。そして再婚後に生まれ、唯一兄姉全員と血縁があるユンジュ(チョン・ジヒョン)。両親の死去後、散り散りになってしまったこの5人の兄姉の絆を取り戻そうと、長男であるテプンは奮闘する。
しかし、末っ子ユンジュは海外に養子に出されたまま行方不明。貸し本屋を経営する長女チャンジュと、チャンジュに育てられた次男ジソクからは頑なに交流を拒否される。そして、次女のムンジュはキャバレーのホステスとして荒れた生活を送っていた。
引用:Wikipedia

Happy Together の感想

20代・女性
あなたがもしビョンホンのファンなら、特典映像に収録されているインタビューがおすすめ。バラエティの司会者から「今後どんな役に挑戦したいか」と質問されて、軽いノリで「テコンドーならやってみたい」とビョンホン氏は言ってしまった。それが後の傑作『甘い生涯』に結実するわけですね。あるいはあなたが『猟奇的な彼女』がおもしろいと感じていたなら、ここにその原型となるチョン・ジヒョンとチャ・テヒョンの二人があり、その上テヒョン氏の板についた殴られっぷりがすでに準備されていた事にも気づくはず。または『ピアノ』や『雪だるま』のチョ・ジェヒョンと本作の彼を比較して、二枚目と三枚目のどっちがサマになっているかを判定するという、少々マイナーな鑑賞法もオススメ。筋書きよし、音楽よし(とはいっても局所放映時と異なるのが心残り!)、その上伏線てんこ盛りの本作を、ご賞味あれ。


30代・女性
イビョンホン、ソンスンホン、チョンジヒョン、ハンゴウン、等々、キャストが豪華。ドラマティックな物語ながら、明るく健気なキャスト達に共感せずにはいられません。それもイビョンホンの大好演のお陰です。好きな女の手に触れた後、思わず匂いを嗅いでしまい、思いを巡らせるなんてこのところのイメージとは違う一面が満載です。加えてビョンホンの「精一杯の笑顔で心で泣く」シーンはガチで格好良いです。スンホンも正反対な弟を好演しています。コントラストと成るべくキャラを不足無く演じ切り、良い男ぶりに魅了されます。特に最後の屈託の無い笑顔は印象に残ります。こんなに心が暖まって、大笑いしたドラマは今までに有りません。たくさん笑った後、涙も零れる、本当に満喫出来ます。民放で放映された時のカットシーンがウィットに富んだシーンが多く、笑いも倍増するはずです。

4位|美しき日々

放送時期 2001年
視聴率 35.9%

ヨンスとセナは孤児院育ち、まるで本当の姉妹のように仲が良かったのですが、やがては離れ離れに。その後ヨンスはレコード店で働くことになります。上司の企画室長ミンチョルは母が亡くなってしまい、父親が愛人とその息子を家に呼び寄せていたことに傷ついています。一応ミンチョルの立場も慮った母子は、気を遣って小さくなって生活していました。ヨンスはセナと再会することになりますが、すさんだ人生を送っているセナのことが心配。考慮したミンチョルはセナを歌手にすることをヨンスに約束、そして2人はお互いに惹かれ合っていくのです。ただ父の愛人の息子であるソンジェ、実は彼もヨンスを愛してしまい、ミンチョルと激しくぶつかり合うのです。

美しき日々 の感想

20代・女性
この「美しき日々」は本当に超おすすめの作品です!BS2で放送されていたのを見てものすごくハマり、ついにはDVDも購入してしまいました(そんなことするのは邦画洋画ドラマ問わずこれが初めて)。今となっては誰もが知っている韓流の大スター、イ・ビョンホンにチェ・ジウ、そして私の大好きなリュ・シウォン。彼らのみずみずしい、演技による青春群像劇はもう、ときめきます。病気が発覚してしまう切なさも良い演技をしていましたけど、今思えばこのドラマの役者さんたちも、青春時代だったのではないでしょうか?これまで10回は見ている作品だけど、またきっと見るはず。愛のかたちはそれぞれ、自分の本当の愛を探し、家族を想い合う。そんなストーリーです。


30代・女性
事前に雑誌でこのドラマの簡単なあらすじを読みました。正直、よくある男女の恋物語なのかな~、と感じてしまい、そこまで期待はしていなかったのですが…。でも良い意味で裏切られたというか、はっきり言ってとてもユニークで面白い作品。4人の登場人物がそれぞれ人間的で、魅力的。中でもイ・ビョンホンの演技は本当に素晴らしい。最初は少し変な印象なんですけど、後からどんどん感情を移入させてしまう魔力的な魅力を兼ね備えています。若い時からすでに。セリフ以外の表情、手の動きで感情を表現するのもとてもうまい。チェ・ジウ等は若いゆえの未熟な部分も見えているだけに、ビョンホンの完成度の高さが凄く浮かび上がりましたね。ぜひ多くの人に観て欲しい。

>>今すぐ美しき日々 を視聴する<<

5位|ミスター・サンシャイン

放送時期 2018年
視聴率 20.0%

道のりは記録しなかったが、我々は記憶しなければならない無名の義兵たち。
奴婢、牛殺し、朝鮮の時代の女として、賤民として、様々な顔をもって生きていた彼らが求めたったひとつの望みは、金でも名誉でもなく、朝鮮の‘主権’だった。
彼らは震え、傷つきながらもただひとつの使命を信じ、一歩一歩前に進もうとする名もなき英雄達の、愉快ながらも哀切な、重たい抗日戦闘史だ。
20世紀初の漢城。
「東洋と西洋」が、「醜聞とスキャンダル」が、「孔子曰く・孟子曰く」と「トルストイ」が共存していた厄介なご時世。

ミスター・サンシャインの感想

20代・女性
長い映画のよう!素敵映像、壮大なスケール!韓国の景色ってすばらしいなんですね。ク・ドンメがとにもかくにも最高です。日本人役の皆さん、日本語頑張ってくれてありがとうって思うけど、なんとなく多少聞き取り辛い。白竜さん以外にも日本人使って欲しかったかな。役柄的に理不尽?見終わった直後は、日本ってめちゃくちゃ酷いと思ったけど、「反日種族主義」を読んでからは、少々盛ってるんじゃないかと思ってる。かなり複雑な心情で観た。道のりを見て見ぬふりするんじゃなくて、充分に受け止めなきゃと思った。登場人物一人一人にちゃんと物語があって、各々の想いがあって。


30代・女性
悲しい、悲しい、悲しすぎる歴史上の事実は本当にこうなているの?こんなにたくさんの、志ある人たちの命が犠牲になってしまったの??こんなにみんな死んでしまうなんて、、なんてご時世ですか…コエシンとユジンは平和になった韓国で幸せになってほしかったよ。そうなると勝手に思い込んでみていた…クドンメも宿泊施設支配人もキムヒソンも師匠も大将も。じいやもハマンもチキンスープの女将もクドンメの弟分もどの人も、いとおしい。どの人の死も、悲しい。

以上がイ・ビョンホン出演のドラマランキングになります。

人気のイ・ビョンホン出演ドラマを紹介したので、次に人気映画についても紹介していきます!

 

イ・ビョンホン出演映画ランキング

イ・ビョンホンが出演した映画を、興行収入の高い順にまとめましたのでご覧ください!

1位|ターミネーター:新起動/ジェニシス

公開年 2015年
興行収入 450億円

西暦2029年。「審判の日」から30年以上に渡って繰り広げられていた、未来を知る男ジョン・コナー率いる人類とスカイネット率いる殺人機械群の戦いは、人類の勝利に終わった。窮地に陥ったスカイネットは、ジョンの母サラ・コナーを殺害することで彼の存在自体を抹消すべくタイムマシンでターミネーターT-800を1984年に送り、人類側もそれを阻止すべく志願したカイル・リースが送り込まれることになる。しかしタイムトラベルの瞬間、カイルはジョンが何者かに背後から襲われるのを目撃する。転移中、カイルは「ジェニシスがスカイネットだ。起動すると審判の日が始まる。その前に殺せ。」「審判の日は2017年」と、子供の頃の自分が語りかけてくるという謎の光景を見る。

1984年に到達したカイルを待っていたのは、液体金属ターミネーターT-1000の襲撃だった。予想外の窮地へ追い込まれたカイルを助けたのは、屈強な女戦士となっていたサラと、彼女に「おじさん」と呼ばれる中年姿のT-800(守護者)だった。サラは幼少時にT-1000の襲撃によって両親を失い、彼女を護るべく何者かが派遣した守護者の保護と教育を受けて育ち、カイルがやってくることや彼のその後の運命もすべて知っていた。そして、スカイネットから送り込まれていた青年姿のT-800も、サラと守護者によって倒されていた。

カイルは、自分がジョンから聞いていた過去と違うことに戸惑いつつも、追撃してきたT-1000を倒す。そこでサラが、守護者からもたらされた未来の情報を用いてタイムマシンを製作していたことをカイルに明かす。サラは青年姿のT-800の頭脳から摘出したチップを使い、「審判の日」の起こる1997年にタイムトラベルしてスカイネットを起動直前に破壊しようと考えていたが、それに違和感を覚えたカイルは転移中に見た謎の光景のことを伝える。守護者に、謎の光景が「別の時間軸の記憶」であることを告げられたカイルは、そこで見た2017年へタイムトラベルすることを主張し、サラを説得する。T-1000に生体組織を損傷させられ、タイムトラベルができなくなっていた守護者を残し、カイルとサラは2017年に向かう。
引用:Wikipedia

ターミネーター:新起動/ジェニシスの感想

20代・女性


30代・女性

2位|G.I.ジョー

公開年 2009年
興行収入 301億円

あらゆる金属を破壊してしまう極小兵器“ナノマイト”をNATOの資金で開発した「MARS社」。代々武器商人の家系だったCEOのマッカラン(クリストファー・エクルストン)は、これをNATOへ渡さず、悪の組織「コブラ」の手に渡す算段をしていました。

NATOへナノマイトを輸送する任務を受けたデューク(チャニング・テイタム)率いる小隊は、突然コブラの襲撃を受けて壊滅的状況に。しかしそこにさらなる謎の組織が介入し、デュークと相棒のリップコード(マーロン・ウェイアンズ)を助けます。それが、国際的な軍事エキスパートチーム“G.I.ジョー”でした。

襲撃してきたコブラの中に、かつての恋人アナ(シエナ・ミラー)の姿を見つけたデュークは、リップコードとともにG.I.ジョーに入隊。ところがG.I.ジョーの基地が襲撃され、ナノマイトが奪われてしまいます。コブラがまず標的にしたのはパリのエッフェル塔でした。
引用:ciatr シアター

G.I.ジョーの感想

20代・女性


30代・女性

3位|マグニフィセント・セブン

公開年 2016年
興行収入 160億円

本作は、監督アントワーン・フークアが『荒野の七人』を現代風にアップデートした物語が語られます。
非道な実業家バーソローミュー・ボークの支配下に置かれ不自由な暮らしを強いられていたローズクリックの人々は、賞金稼ぎサム・チザム率いる7人のならず者集団に助けを求めることに。当初7人はお金を目的に仕事を引き受けますが、住人との交流を通して、この戦いにお金以上の意義を見出すようになります。
引用:ciatr シアター

マグニフィセント・セブンの感想

20代・女性


30代・女性

4位|REDリターンズ

公開年 2013年
興行収入 157億円

CIAが最も恐れた超一流の元スパイたち、RED「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)。そのリーダー的存在のフランクは、相棒のマーヴィンの命が狙われ、世界中の諜報機関が自分たちを抹殺しようとしていることを知る。フランクは自分たちの暗殺計画とともに“世界の危機”を知り動き出すが、まさにその時、世界一の殺し屋が迫っていた…。
引用:Wikipedia

REDリターンズの感想

20代・女性


30代・女性

5位|王になった男

公開年 2012年
興行収入 97億円

朝鮮王朝時代、道化師のハソン(ヨ・ジング)は妹と共に芸を披露しながら全国を旅していた。漢陽(ハニャン)を訪れたハソンたち一行は、王のイ・ホン(ヨ・ジング/2役)を揶揄する芸を見せる。その場に居合わせた王の側近イ・ギュ(キム・サンギョン)はハソンの芸をやめさせようとするが、仮面をとったハソンの姿を見て息を呑む。ハソンは王に瓜二つの顔立ちをしていたのだ。イ・ギュはハソンに王の影武者をさせるため、宮廷に連れてくる。宮中に渦巻く陰謀から、一度は宮廷を逃げ出すハソンだが、庶民がふみにじられる現実を知り、次第に本当の王になって世界を変えたいと願うようになる。一方、王妃のソウン(イ・セヨン)は冷酷な王から距離をおいていたが、ある日突然優しくなった王に戸惑いつつも、次第に惹かれていく。
引用:韓流TV

王になった男の感想

20代・女性


30代・女性

 

まとめ

以上、イ・ビョンホン出演のドラマと映画の一覧と人気作を紹介させていただきましたが、興味のある作品はありましたか?

俳優デビュー以来、長きにわたりドラマや映画に出演し続けて、今もなお存在感のあるイ・ビョンホンの人気は、韓国だけなく世界中から支持されていますね。

これからもイ・ビョンホンの活躍に目が離せません!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!