韓国ドラマの動画を無料視聴する方法をまとめたサイト|韓流ドラマを視聴する際のおすすめ動画配信の比較からドラマランキングの紹介までをまとめたサイト「ネゴシエーション」

軍師リュ・ソンリョンの動画無料サイトまとめ!日本語字幕含め1話から全話視聴!

「軍師リュ・ソンリョン」は激動の朝鮮史を生き抜いた伝説の軍師が困難に命がけで立ち向かった男の信念と苦悩を描いた大河ドラマです。

主演のキム・サンジュンを始め、キム・ギュチョル、キム・ソックンなどの実力派キャスト陣、スタッフ陣が集結し、壮大な時代劇を描いています。

そんな「軍師リュ・ソンリョン」のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います!

ちなみにU-nextなら「軍師リュ・ソンリョン」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

軍師リュ・ソンリョンが無料視聴できる動画配信サービス一覧

軍師リュ・ソンリョンの動画を無料視聴できるサービス一覧をまとめましたので、ご覧下さい♪

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 無料期間
月額料金/ポイント
韓国ドラマ作品数

見放題
× 31日間無料
月額1990円 600円分配布

888円
× 2週間無料
月額888円 900円分配布

7546円
× 30日間無料
月額933円

7546P
× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布

8624円
× 31日間無料
月額550円 ポイントなし

10780円
× 31日間無料
月額550円

7546円
× 無料
×
見放題
2週間無料 月額990円
2000ポイント配布

 

「軍師リュ・ソンリョン」を視聴できる動画配信サービスはいくつもありますが、無料で全話見ることが出来るのはU-nextだけです♪

また、U-nextは動画配信サービスの中で31日間という最も長い無料期間があるだけでなく、韓国ドラマの配信本数が他のサービスに比べて圧倒的に多いのも魅力の1つです。

無料視聴期間が31日と最も長いだけでなく、作品数も最も多いU-nextで、軍師リュ・ソンリョンをお楽しみ下さい♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ただ、無料期間があるとは言っても、解約が難しくて結局、お金を払うことになるんじゃないの?と不安にも思いますよね。

そこで続いて、U-nextの登録方法、と、解約方法について説明しますので、不安を払拭して頂ける嬉しいです!
 

U-nextの登録方法と解約方法

U-nextの登録方法は簡単3ステップで完了できるので画像と共に説明していきますね。

【登録方法】

U-nextの登録方法の流れから説明致します!スマホでは横スクロールして頂けますと全てのステップが見れます♪

step1 step2 step4 step4
「今すぐ31日間 無料トライアル」をクリック お客様情報を入力し「次へ」をクリック クレジットカード情報を入力 確認して完了

【解約方法】

続いて解約方法を説明致します。こちらもスマホですと横スクロールで簡単にご覧頂けます♪

step1 step2 step3 step4 step5
ログイン画面の左上をクリック→設定・サポートをクリック 契約内容の確認・変更をクリック 月額プラン『解約はこちら』→次へをクリック 『同意する』をクリック→解約する 解約完了

以上が登録方法と解約方法になります。登録も簡単ですし、解約も3クリックでできるので安心ですね♪

登録も簡単に出来て、解約も簡単に出来ることはわかったけど、でも、やっぱり無料動画サイトで観れるなら・・・と、思う気持ちもわかります汗

そこで無料動画サイトにて視聴は可能なのか?

「軍師リュ・ソンリョン」 を検索した結果をまとめましたので、ご覧頂ければと思います♪

 

軍師リュ・ソンリョンの無料動画一覧

各話ごとに無料動画があるかどうか「軍師リュ・ソンリョン 字幕」と「軍師リュ・ソンリョン 吹き替え」に分けて、検索した結果をまとめました。

結論から述べると無料動画があるか確認しましたが、軍師リュ・ソンリョンの予告編だったり韓国語字幕だったりとドラマ本編をたっぷりと楽しめるような動画はありませんでした。

Youtubeでは「軍師リュ・ソンリョン」の取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

現在の動画配信サービスだと「吹替版」を扱っている配信サービスがなく、「字幕」での視聴のみとなります。

「U-next」なら字幕版の取り扱いがあるだけでなく30日間無料で見ることができるので、すぐに見たい!という方は、ぜひ無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

また、映像でも見たいけど、どんな内容なのかを把握してから視聴したい!という方のために、あらすじを既に視聴された方の感想と共にまとめました!

文章でどんな雰囲気のドラマなのかを掴んでから、映像でも2度楽しんで頂けると嬉しいです♪

第1話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第1話 あらすじ
16世紀後半の朝鮮王朝時代、君主である宣祖は、明の大明会典が、朝鮮は簒奪者が作った国であると、朝鮮を蔑視していることに悩んでいました。宣祖は、朝鮮国が正式な国として認められていないということを容認することはできず、幾度も明と話し合ってこの大明会典の訂正をお願いしていました。そして1589年、宣祖の願いが叶い、大明会典の内容は訂正され、安心した宣祖でしたが、それだけでは終わりませんでした。次は、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が、朝鮮を牽制してきたのです。秀吉は、もし国交を結ばないのであれば派兵をするという姿勢を見せ、朝鮮に国交締結を迫りました。そして、この新たな問題が、朝鮮に大きな影響を与えていくのです。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第1話 感想
感想を入力

第2話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第2話 あらすじ
秀吉が行う通信使派遣の要求について討論する宣祖たちでしたが、臣下たちの意見は一致せず、どうするのか決められない状況にあります。意見がバラバラになる主な理由は、権力闘争でした。宣祖は、そのことを知っていても、彼らをまとめていく能力が不足していたため、とりあえず東人の勢力を抑制し、捕獲しては処刑するということをしました。リュ・ソンリョンという、のちに大軍師になる男も、処刑される中に含まれていましたが、彼の筋の通った意見に関心し、宣祖は彼を処刑しませんでした。彼を生かしておけば、国の役に立つと思ったのである。この考えは、見事にその通りになります。そして、宣祖は東人の勢力を排除することに成功し、主導権を再び得ることができるようになります。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第2話 感想
感想を入力

第3話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第3話 あらすじ
反逆者の男から、秘密兵器のことを聞いたことにより、朝鮮国内に大勢のスパイが潜伏しているという衝撃的な事実を朝廷は知ることになります。スパイはおよそ数十人は潜んでいるようで、宣祖たちは、スパイが軍事機密を盗んで日本へ移動してしまうことを恐れました。もしも機密情報が日本に伝わってしまったら、秀吉に負けてしまいます。リュ・ソンリョンも、このことに危機感を感じ、即座にスパイを見つけて殺すことにします。一方で、宣祖は既に数個の機密情報が漏れてしまった可能性があることを知り、そのことをリュ・ソンリョンにも伝えます。そして、リュ・ソンリョンは、日本の出方を知るための通信使を送るという作戦を提案するのです。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第3話 感想
感想を入力

第4話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第4話 あらすじ
リュ・ソンリョンは、倭国の侵入に身構えるための準備や、国内情勢の安定化に励み、多忙にしていました。彼は、無罪であるのに殺されたたくさんの学者たちのことで頭がいっぱいでした。自分はのうのうと生きていて良いのだろうかといつも思っていました。一方で、彼らの分も、自分が頑張って働くべきだとも思っていました。自分の影響力を高め、王権を確立するために、宣祖が無罪の人々を殺したことを、リュ・ソンリョンは、見過ごすことはできませんでした。リュ・ソンリョンは、この件の事実性を宣祖に聞き、確かめました。このことを、宣祖は直ちに否定しました。そして、宣祖はリュ・ソンリョンに、自分は無能な王であり、自信がないということを打ち明け、弱音を吐きます。そして、王権を維持するためには必死に頑張らなければならないことも言いました。リュ・ソンリョンは、ありのままを見せる宣祖を信じることに決めました。一方で、東人と西人が拮抗したことにより、宣祖が心配していた内部紛争の危機は回避されました。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第4話 感想
感想を入力

第5話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第5話 あらすじ
朝廷内の派閥争いを静めた宜租は二度と派閥争いが起きないように、あるとき臣下の為に酒宴を開き、接待しました。その行動に彼らは一様に驚きます。なぜなら王が臣下を接待することなどありえない話だったからです。
その一方、ソンリョンは、やや暴走気味の王によって国が滅んでしまうのではないかと心配します。派閥争いは絶対に許さない姿勢を示し、臣下たちを緊張させたことで彼は独裁者のようになってしまい秀吉が進出を伺っている中このような状況は明らかに危険です。
しかし、ソンリョンは王なりに国の行く末を考えていると今は宜租を信じることにしました。
一方、チョン・チョルとソン・ホンなどは宜租の急進的に対して不満を抱いていた
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第5話 感想
感想を入力

第6話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第6話 あらすじ
覚悟を持って、建儲の話を進めるために宣祖を訪ねる西人のチョン・チョルでしたが、結果は大失敗に終わったどころか、建儲の話は宣祖を蔑む内容が含まれていたため、宣祖を憤慨させてしまいました。今も君主は生きているのに、次の君主の話をしたことが、宣祖を怒らせてしまった原因でした。後継者の話は重要ですが、チョン・チョルは、巧く工夫して話すべきでした。この失敗により、宣祖のチョン・チョルへの視線は鋭いものとなり、恐ろしくなったチョン・チョルは、リュ・ソンリョンに助けを求めますが、冷たく突き放されてしまいます。一方、朝廷の空気は異様なものとなっていました。最近の倭国は様子がおかしく、侵略の時期がすぐそこまで来ている可能性も否めない状況だったのです。よって、国境辺りの警備を強めるために、兵力を増強したり、戦力のある将軍たちを選抜したりしました。その頃、倭国では秀吉が朝鮮に迫ろうとしていました。リュ・ソンリョンたちは、秀吉の侵略を阻止することができるのでしょうか?
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第6話 感想
感想を入力

第7話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第7話 あらすじ
朝廷内では倭国の様子を探るため、ファン・ユンギルら通信使の一行を派遣したことにより問題が発生します。彼らの戻ってきた報告内容が、ファン・ユンギルは倭国に警戒すべきと言い、キム・ソンイルは大したことないと異なった報告を受けたことでどちらが正しいのかと朝廷内は大混乱に陥ります。
ソンリョンは冷静に事態を見ていて、頼りにしていた現場を見た使臣の報告が異なっていたので彼は南方に出向きそこで情報収集を行います。南方ではその地の民が苦しい生活をしていたのでソンリョンは秀吉が総力を挙げてきたらとても戦えないと危機感を覚えます。そしてさらにソンリョンは、挙国一致を旨として国内で分裂している場合ではないと強く思うのでした。一方、明では我々の許可なく朝鮮が倭国に通信使を派遣したことで朝鮮と倭国が手を組んで明を攻めてくるのではと問題になっていた。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第7話 感想
感想を入力

第8話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第8話 あらすじ
あらすじの入力
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第8話 感想
感想を入力

第9話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第9話 あらすじ
西人のチョン・チョルらは、倭国への警戒を強めることで多忙している宣祖と朝廷のもとに再び訪れました。宣祖に、また後継者の建儲のことを話し、宣祖は再度激昂します。そして、チョン・チョルは、宣祖に、今の時期をきちんと理解しろと一喝されました。こうして、西人は宣祖の信頼を失い、衰えていきます。一方で、倭国は朝鮮侵略を敢行することに決めたのです。なぜなら、息子の鶴松を病で亡くしてしまい、悲しみに暮れる豊臣秀吉の戦意が朝鮮進出へと向かったのと、名古屋城が完成し、侵略のための基地ができたからです。そして、朝鮮と倭国の戦争は回避できない状況に陥り、リュ・ソンリョンと宣祖は沿岸部の防備を強化します。例えば、土塁や砦をの建設や、武器の調達など、さまざまなことをしました。そんな中、リュ・ソンリョンは宣祖に、軍備の調整はしっかりと進んでいるものの、民衆の生活は厳しくなっているということを報告しました。戦争開始になったら、このことが国の負担になってしまうと考えたのです。これを受け、宣祖は焦ります。そして、明の協力も得ることを考えるのです。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第9話 感想
感想を入力

第10話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョンル」第10話 あらすじ
宣祖らは必死に国の軍備や防備強化を行っていた中、朝廷の対応がよくないという批判の落書きが書かれているという事態になり、混乱に陥ります。また、頑張って調達した武器を保管していた倉庫に火をつけられるという事件も発生してしまいます。これでは、倭国との戦争どころではなく、内部紛争によって国がやられてしまうのではないかと宣祖は焦る一方で、リュ・ソンリョンは冷静さを保ち、事態に取り組みます。リュ・ソンリョンは、兵士や労働者の不満の根源を分析していました。そして、リュ・ソンリョンは両班からも税を払ってもらうことにし、市民の負担軽減を図ります。すると、彼らの不満は減少、財政と国庫は安定し、みんなの不安を取り除くことができました。残るは、戦争への準備を行うだけです。その時、倭国は名古屋城が建設され、豊臣秀吉の指示を待つだけでした。これまで戦国時代で猛威を奮っていた加藤清正や小西行長らが進出していくのです。彼らは戦闘意欲を高めている一方で、小西行長だけは戦争回避を望んでいました。そして、小西行長は、自分のルートを利用して工作を始めようとします。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第10話 感想
感想を入力

第11話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第11話 あらすじ
王朝は、財政危機に陥っているものの、防備に対する覚悟は備わっているという状況でした。そんな中、宣祖は予算に着目し、陸軍の強化に予算を多くつぎ込むことを提案しました。しかし、リュ・ソンリョンは、陸軍は大切だが、倭国は船に乗って攻撃してくるから、水軍も大切だと、宣祖の意見に反対しました。リュ・ソンリョンはわかりやすい説明をしたものの、朝廷では、陸軍だけでも戦える派と水陸のどちらも大切だと思う派の、二つの意見で別れてしまうことになりました。そんな中、兵曹判書は宣祖の意見に賛成し、それを受け宣祖は、領議政はすごい影響力を持っていることに驚きます。一方、倭国では朝鮮侵略が目前に迫っていました。全くタイプの異なる加藤清正と小西行長は、前線で作戦指揮という役割を担うことになります。小西は、冷静で、武力だけではなく、自分の頭脳も使って戦うことに優れている一方で、加藤は、とても勇ましい性格で、武力を使って敵を倒すことに優れていました。豊臣秀吉は、そんな正反対な小西と加藤のコンビがどのように働くのか、楽しみにしていました。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第11話 感想
感想を入力

第12話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第12話 あらすじ
陸軍を重点的に強化したいと思っている宣祖と、水軍にも力を入れるべきだと思っているリュ・ソンリョンの間には大きな溝がありました。これはなかなか解決しませんでしたが、立ち往生していては、倭国の進出が始まるので、一刻も無駄にできません。そんな中、リュ・ソンリョンは水軍強化を決意し、宣祖に秘密で亀甲船の製造に取り組むのです。これを知った宣祖は憤慨し、陸軍に集中すべきだといったはずだ、なぜ私のいうことを聞けないんだと、リュ・ソンリョンに言いました。これに対し、豊臣秀吉らは海を渡って来るから、水軍も重要であるとリュ・ソンリョンは反論しました。この意見に、宣祖も納得しますが、やはり自分は王であるため、自分の立場を考えると、自分の意見を通したいと思います。そして、王である私の命令に従わなかったリュ・ソンリョンをこのままにしていて良いのかということでも悩みます。そんな中、イ・スンシンから、王の配慮への感謝の気持ちが込められた手紙が届いた宣祖は、とても嬉しくなります。そこには、王のおかげで亀甲船の製造は良好であるということが書いてあり、宣祖はリュ・ソンリョンを許すことにします。そして、リュ・ソンリョンの国家に対する忠誠心を理解し、彼を評価しました。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第12話 感想
感想を入力

第13話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第13話 あらすじ
豊臣秀吉は、倭国の最終通牒を拒否し、戦争をすることを選んだ宣祖に怒りを覚え、即座に朝鮮侵略開始を決め、小西行長らに伝えます。そして、倭国は朝鮮進出への動きを始めたのです。小西行長は先鋒として、400隻もの船を指揮して釜山浦に進出し、陸部に入って戦争を開始します。朝鮮の民衆はその状況を理解できず、逃げ回ります。倭国はそんなことも御構い無しに、次々と占領、すぐに釜山鎮は倭国によって占領され、朝鮮軍はどうしようもなく後退していきます。一方で、宣祖のところにもその状況が伝わりましたが、大臣たちは、倭軍は倭寇と何ら変わらない集団だから、釜山を占領されただけで慌てふためく必要はないと焦る様子は見せませんでした。しかし、リュ・ソンリョンとドッキョンは、この状況を深刻な状況だと受け止め、今すぐ戦闘体制を調整すべきだと、大臣たちの意見に反対します。倭軍は、朝鮮を侵略しようとしており、彼らはただの略奪を目的として来ているわけではないと主張しましたが、大臣も宣祖も、その意見には全く聞く耳を持ちませんでした。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第13話 感想
感想を入力

第14話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第14話 あらすじ
あらすじを入力
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第14話 感想
感想を入力

第15話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第15話 あらすじ
釜山占領に成功して勢力をつけてきた倭軍は、さらに北へ移動して漢陽に向かっています。朝廷は、これを防ぐために、たくさんの戦歴と経験を持つ朝鮮一の猛将、シン・リプ含める二人の将軍を送ることに決めます。シンは絶対勝ち、良い報告をしてくれると思っていた大臣でしたが、倭軍はすぐにシンを倒してしまいます。シンは知力を使って攻撃しようとしましたが、それを逆手に取られ、倭軍にはめられてしまったのです。朝鮮一のシンが敗北したということを聞き、大臣たちも、宣祖も恐れを抱きました。そして、すぐに都を移動させると言いましたが、王朝はこれに反対し、真っ向から抵抗し、宣祖はあきらめざるをえませんでした。しかし、この噂は市民に回ってしまい、多くの人々や兵士が漢陽を去り、北に逃亡していきました。リュ・ソンリョンは、宣祖の指示で、残った兵で防備を固めることにしますが、残った兵力の数を知って驚愕します。それは、すべての兵士が逃亡し、0人となっていたのです。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第15話 感想
感想を入力

第16話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第16話 あらすじ
漢陽には兵士が誰一人おらず、宣祖の心は絶望で満ちていました。もう終わりだから、再び播遷して北へ逃げようと宣言します。しかし、ソンリョンは、漢陽に残って戦おうと言っていたにもかかわらず、逃げようと言っている宣祖の弱気な姿勢にがっかりし、失望しました。しかし、漢陽には兵力がほとんどないので、戦おうとして戦えない状況にありました。だから、宣祖の提案も理解できないことはありませんでしたが、それでも戦おうという気持ちは残っていて欲しかったとリュ・ソンリョンは思うのでした。一方で、宣祖はこの混乱している状況を逆手にとって、世子の冊封を行うことにします。そして、光海君が後継者に選ばれたのです!光海君は、これを嬉しく思いましたが、宣祖は国の滅亡がかかっている状況で、自分を守ることしか頭にないと、宣祖に対して失望していました。これでは、もう国は負けてしまいます。その頃漢陽では、残りの朝鮮軍が倭軍に立向かい、倭軍の攻撃に頑張って持ちこたえていました。リュ・ソンリョンは、まだ漢陽で戦う余裕があると考え、播遷をやめるように、宣祖に伝えます。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第16話 感想
感想を入力

第17話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第17話 あらすじ
結局、漢陽は倭軍にやられてしまいました。この衝撃的なニュース知った宣祖は大変驚き、早めに播遷して良かったと安堵しました。しかし、漢陽を占領した倭軍はそのまま開城に進出し始め、また新たにピンチに陥ります。倭軍の目的は明であり、朝鮮は明へのウォーミングアップに過ぎなかったのです。そして、宣祖はイ・サネとリュ・ソンリョンに罷免を告げます。宣祖が自分の威厳と求心力を保つためであり、自分が行ったにもかかわらず、二人が播遷に至った原因として罰することにしたのです。一方で、倭軍の進撃は進み、宣祖は新たに播遷することを宣告します。自分が最後まで守ると言っていた開城を見捨てて、逃亡しようとしていたのです。リュ・ソンリョンは反対しますが、宣祖は無視するので、側近たちは違って欲しいと思っていました。でも、その側近たちは、宣祖に賛同する人たちでした。一方で、倭軍の小西行長は、占領後に朝鮮支配をスムーズに行うため、北への進出を一時停止し、漢陽に民を帰すことを行うのです。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第17話 感想
感想を入力

第18話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第18話 あらすじ
自分の保身に走り、国家と民衆のことは放っておく宣祖に、長年仕えていた領議政のイ・サネは、自分の老いと罷免を理由に引退することを決意します。しかし、サネは、唯一信頼できるリュ・ソンリョンに、宣祖を尊敬できなくても、朝鮮国と人々のために全力を尽くして欲しいと彼にすべてを託しました。リュ・ソンリョンは、その言葉を受け、たとえ一人になったとしても全力で戦うことを誓いました。気持ちを切り替え、宣祖とともに現在の状況を把握しに行きます。倭軍は、これまで破竹の攻撃をしてきていましたが、今はあまり騒がしくないのです。それは、小西行長が漢陽で地盤を固めていたからであり、小西は民を漢陽に戻らせて、倭軍のために働かせようとたくらんでいたのです。そんな中、倭軍が3000人の兵を連れて攻撃してきました。彼らは鉄砲集団でした。相手を容赦なく倒そうという姿勢を見せる宣祖とは反対に、リュ・ソンリョンは敵を倒すためには相手を知る必要があると言いました。投降兵は相手を知るのに役立つので、助けて欲しいと言いました。宣祖はこれを許可し、投降兵の沙也可軍団を採用するのです。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第18話 感想
感想を入力

第19話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第19話 あらすじ
朝鮮軍は、倭軍が漢陽を占領し、進撃を一時停止していた期間、態勢を立て直していくことができたとともに、3000の兵を連れてきた沙也可の投降によって、軍備も強化していくことができました。ミョンウォンとウンインは宣祖から将軍に指名され、軍隊とともに臨津江に行くように告げられました。ここは、とても重要な場面になるので、絶対に勝てよ!と言われます。やる気がみなぎる宣祖とは反対に、リュ・ソンリョンは、猛将に兵を与えるだけではなく、もっと効果的な戦法を練らないと、勝てないと宣祖に言いました。しかし、宣祖は今回ばかりは絶対に主導権を持ちたいと思っているので、リュ・ソンリョンの意見を無視します。そして、倭軍では、加藤清正は激怒していました。偵察隊が朝鮮軍によって破滅させられてしまったからです。朝鮮軍に怒りを覚え、絶対に滅ぼしてやると加藤軍は誰のいうことも聞かずに、北方へ軍を移動させます。しかし、小西行長は冷静で知能に長けているので、南方に隠れている朝鮮軍のことを心配していました。もし南方の軍が北上してきたら、漢陽ははさみ打ちされてしまうと、危機感を募らせます。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第19話 感想
感想を入力

第20話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第20話 あらすじ
朝鮮軍が倭軍に海上で勝利したという嬉しい報告がきました。これまで、倭軍に釜山を占領されてからずっと連敗で、宣祖も側近たちも逃亡のことを考えて北に逃げていった朝鮮軍でしたが、久しぶりの勝利の報告に朝廷も宣祖も安堵します。この調子で反撃するぞと気を強めました。一方で、石田三成も朝鮮に渡り、倭軍も態勢を整えていました。石田は、臨津江に北上したら一気にやるぞと、平壌を一気に攻撃するように命令しました。最後に残るのは宣祖を捕まえることなのでした。しかし、朝鮮軍が50000の大軍とともに全羅道から進撃してきたのです。これに対処しようとする宇喜多秀家でしたが、脇坂安治が出兵すると言ったのです。出兵した脇坂は、頭を使って地理的条件をうまく利用し、朝鮮軍を倒しました。また負けてしまったので、一時イ・スンシンの勝利に喜んでいた朝廷は再び失望し、明の支援を望む声が上がり始めます。ですが、この意見も二つに別れ、結論が出せずに立ち往生してしまいます。
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第20話 感想
感想を入力

第21話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第21話 あらすじ
あらすじの入力
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第21話 感想
感想を入力

第22話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第22話 あらすじ
あらすじの入力
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第22話 感想
感想を入力

第23話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第23話 あらすじ
あらすじの入力
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第23話 感想
感想を入力

第24話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第24話 あらすじ
あらすじの入力
ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」第24話 感想
感想を入力

各話のあらすじ、感想を見て頂き、どんなドラマなのか?よりイメージして頂けたのではないでしょうか♪

映像で見れば、緊迫感ある展開にハラハラすること間違いなしです!

映像でも見てみたい!と思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

軍師リュ・ソンリョンのキャスト・スタッフ

【脚本】
チョン・ヒョンス

【キャスト】
キム・サンジュン
キム・サンフィ
 

まとめ

ソンリョンの苦闘と信念の日々を緊張感を持たせつつドラマチックに展開されていくストーリーに目が離せません!

軍師リュ・ソンリョンの無料動画を調査した結果、無料期間を上手く利用すれば多くの動画配信サービスで視聴できる事が分かりました。

ぜひ、U-nextを使って映像でも、皆が感動してる「軍師リュ・ソンリョン」を楽しんで頂ければと思います♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴