韓国ドラマの動画を無料視聴する方法をまとめたサイト|韓流ドラマを視聴する際のおすすめ動画配信の比較からドラマランキングの紹介までをまとめたサイト「ネゴシエーション」

王は愛するの動画無料サイトまとめ!日本語字幕含め1話から全話視聴!

「王は愛する」は、2017年に韓国で放送され、宮廷を舞台にしたラブロマンス作品です。

主演を務めるのは、イム・シワンと少女時代のユナで、ユナに恋するライバルをホン・ジョンヒョンが演じます。

男女の三角関係の行方が気になるドラマです。

この記事では「王は愛する 」の動画を無料で見ることのできる配信サービスを比較し、まとめてみました。

ちなみにU-nextなら「王は愛する 」の動画を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

31日の無料お試し期間中に解約すれば1円もかかりません。

 

王は愛する の動画を無料視聴

「王は愛する 」の無料動画があるかどうか、

  • Youtube
  • ニコニコ動画
  • GYAO!
  • TVer

の4つの視聴サイトで各話ごとに検索し、結果をまとめました。

検索した結果は、ドラマ「王は愛する 」の予告編の動画しかなく、本編を視聴出来る動画はありませんでした。

ですが、U-nextなどの動画配信サイト(会員登録が必要)では、全話を無料視聴することが出来ます。

今すぐ「王は愛する 」の動画を視聴したい方は、無料視聴できる動画配信サイトをまとめましたので、ぜひご覧ください♪

<<無料視聴できる動画配信サイト一覧を見る>>

動画で無料視聴する前に内容を知りたい!

という方は、あらすじ・感想を各話ごとにまとめましたので、ドラマ「王は愛する 」の雰囲気を味わって頂けると幸いです。

第1話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第1話 あらすじ
時は高麗ご時世。高麗の王、忠烈王と言われるものと、元の公主との間に生まれ、3歳という幼さで、高麗の王の跡継ぎとなったワン・ウォン。ウォンの母である元成公主とは、元の国の皇帝の娘である。高麗とは異なる元の血筋を本人とは関係なく引き継いでしまった息子、ウォンに「汚れた血。」と罵るなど、父親は様々な罵詈雑言を浴びせる。そんな父親の言動や態度に落胆するウォン。そんなウォンに声を掛ける人がいた。「妹は飴を食べると喜びますよ。」と声を掛けたのはワン・ヨンの三男であるワン・リンというもの。高麗の王であり父であり忠烈王と元の皇帝の娘で母である元成公主の仲は険悪であり、夫妻というよりも、敵対している佇まいだった。リンはウォンに「王宮の外にも民がいて、世の中がある。」という事を教えた。そこから2人は共に王宮を抜け出し、街へ出かけるほど仲良くなる。
ドラマ「王は愛する」第1話 感想
ウォンは跡継ぎであるも、父親である高麗王にぞんざいな扱いを受けていた。そんな日々を過ごす中で、彼が真っ直ぐに育っていくのは、親友であるリンの存在であろう。リンから数多くの事を教わり、関わったことでウォンという素晴らしい主人公が形成されていくのであろうことが予測できる。父親側としても色々考えや恐怖があるのであろうが、3歳である息子に八つ当たりせざるを得ないほど追い詰められている高麗王の心情にも同情を禁じ得ません。ウォンはリンから王宮の外にいる人たちもまた、生活があり、人生があることを今後も学んでいくのでしょう。成長を追っていきたいと思います。

第2話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第2話 あらすじ
無事に橋を渡り切り、危険な崖を乗り越え、目的の酒がある洞窟までなんとかたどり着くウォンたち。そこで、ウォンはリンに対して「あの女がまだ誰か分からないのか?」「7年前にヨンベク宅に侵入した際に、出逢った遺言を伝えた侍女だ。」と話すウォン。リンは7年前、当時侍女であったサンに出会った日の事を思い出していた。サンは事件で死亡した人たちに悲しみの感情を向け、涙を流し、誰に望まれるべくもなく弔っていた。そのような聖母のようなサンの姿に見とれるリン・・。ウォンが遺言をサンに伝える姿を見て、リンは心の中で呟きます。「もし自分が先に(サンに)出会っていたなら・・・先に手を握ってやりたかった。」と。果たしてリンは7年前サンに好意を抱いたのでしょうか?。
ドラマ「王は愛する」第2話 感想
ウォンとリンは今日も共に過ごしている。そこで、7年前に出逢った女性に出逢う。その女性は不慮の事件で命を落としてしまった名前も知らない人々を弔っていた。その姿を見たリンには、サンに対する特別な感情が湧き上がる。そして、もし自身が7年前サンに対して出逢っていたなら・・・、と考えてしまう。早速ウォンとリンの関係が崩れそうな出来事が起こる。それはわずかな気持ちの亀裂であるが、確かな亀裂である。今後の3人の行く末はどうなるのか。サンに対しての想いがウォンにも芽生えるのか、気になってきたでしょう。

第3話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第3話 あらすじ
ウォンが近頃、度々狩りに出かけるため、誰を同行させているのかが気になっており、それについて話している忠烈王・・そこには妻である、元成公主もいる。そして忠烈王は「自身が年を取ったせいか、頭の切れる若者に会いたくなる。」とジョンとリンを自身の前に呼び出す。しかし、ウォンを呼ばれていない。その事実もあり、妻である元成公主はキムに「ウォンを狩りに絶対連れてくるのですよ。」と指示する。元成公主は「どうしてここまでウォンを疎ましく思うのでしょう。」と心の奥で呟く。その夜、リンは父ヨンにウォンの事を話している。「父である忠烈王にも、母である元成公主にもウォンは心を開いていないようだ。」と。するとヨンは「王妃である元成公主は16歳でこの国に来て、その頃39歳だった王である忠烈王の元に嫁いだのだ。けれども、忠烈王にはすでに正妻であるリンの伯母、貞和宮主がいて、戸惑い、驚いていた。しかし、肝心の元成公主は若くして分娩したのもあり、忠烈王を慕っていたのだよ。」
ドラマ「王は愛する」第3話 感想
どうしてもウォンを認めたくない、意外と肝っ玉の小さい高麗の王である忠烈王。そのことに関しては母親である、元成公主も気に掛けていたようで、リンらにウォンを連れてくるように伝える。ウォンの事を母親なりに心配はしている様子。父親はあれだけれど・・・。その一方、忠烈王と元成公主の馴れ初めや今の現状に至った理由がリンの父からリンが聞かされている。政略結婚はいつの時代も、なにかしらの問題点があるものだなぁと感じる今日この頃。そして、リンにとって衝撃の事実がはやくも3話にて知らされる。ウォンとリンはいとこ同士であったのだ。それを知ってか知らずか2人は仲良くなる。そして、忠烈王は確かに元成公主に慕われており、疑心暗鬼や政治的背景から、忠烈王はどうすることも出来ない状態に陥っていたのだと言う事を。

第4話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第4話 あらすじ
狩りの最中、突然リンはウォンの馬に矢を放つ。その結果ウォンは落馬してしまう。その後、リンは刀を手に忠烈王の元へ走り行き「ご無事ですか?」と声を掛ける。忠烈王を狙った敵を発見し、それらから守ろうとしたためである。忠烈王はウォンが負傷している事や、ウォンを狙った矢ではあるが、実はウォン自身が忠烈王を狙って放ったものだと気付く。リンは「自身がウォンに矢を放てば、ウォンが忠烈王を狙った犯人だと疑われずに済む。」と考えていた。それら一連の行為総てを目撃したサンを殺し、証拠を隠滅しようとするイン。けれどもそこにサンを守る為リンが現れ、インは去って行く。しかし、肝心のリンは忠烈王に矢を放った犯人として、王の前へ連れ出されてしまう。
ドラマ「王は愛する」第4話 感想
父と母への確執を常に抱えていたウォンは、遂にその想いが爆発してしまう。狩りの最中、これがチャンスと思ったウォンは父である忠烈王を弓で殺害しようとする。そのことを直前に知った親友リン。ウォンの馬を射ち、彼を落馬させてしまう。しかし、それはウォンが忠烈王を狙ったと思わせないための物であった。しかし、それら一連を見ていたもんが要る、それはかつて7年前に出逢ったサンであり、リンの想い人である。インはそのすべてを見ていたサンを殺そうとするが、リンは自身の首を絞めるのを覚悟でサンを守る。しかし、リンは忠烈王を狙った犯人として捕まってしまう。複雑な関係がさらに複雑になっていく。忠烈王への仕打ちは彼自身が招いたものであるが、それを当の本人は知る由もない。

第5話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第5話 あらすじ
翌日の朝、インがウォンを策略に陥れようとしていることを知った元成公主は、ウォンを呼び戻すことにする。外泊していたことを知られないように、酒を飲んで、かなり酔っぱらった振りをして向かうウォン。しかし、全て知っている元成公主は「昨日の夜、私たちは幼少時の話、ふるさとの話を夜通ししていた」と話し、ウォンがアリバイを作ることに力を貸す。一方、塩商人を尾行し、妓楼へ後を追っていくサンとウォン。そこにはサンの乳母であった女性が労働していて、サンの姿を見ると「お嬢様がなんでここに!」と驚いた。その女性の口を手で塞ぐインの様子が。そんな頃、塩商人を尾行しながら、リンのことを気遣っているサンに「なんで私がここにいるのに、他の男性のことを思ったりできるのだろう」とまじまじと見つめるウォン。
ドラマ「王は愛する」第5話 感想
ウォンのために自分を殺して接しようとするリンとは異なり、ウォンは全く悩まずサンを選んだ。ウォンが助けることができるのはリンとサンのうちのどちらかだけとは、残酷な性格の王の提案だった。友情よりも愛情がウォンにとっては重要なのだろうか。ウォンがサンを人生で初めて愛した女性だと王に告げるシーンでは胸がときめいた。サンを心配するリンの心持が分かり、今後の三角関係がどのようになっていくのか楽しみである。

第6話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第6話 あらすじ
「あなたの目の前で他の人のことを考えるなんて容易でない。あなたは私の気持ちを撹乱し揺さぶる」と応答するサン。その様子を眺めていた乳母は「お嬢様がなんでここにいるのだろう。それに顔にあの傷がない」と怪訝そうにしている。インはソファが本物のサンではと疑義を持ち始める。一方、塩商人が出会っていたのがジョンということを知ることとなった2人。しかし、ウォンは「黒幕の人物はもう一名いる」とインに疑いをかけている様子。この乳母を利用しそうな様相だ。
ドラマ「王は愛する」第6話 感想
今までひた隠しにしていたサンの身元を、ソンインとリンが見破ることになった。ソンインはリンの兄のジョンと一緒に、ウォンの位を滅ぼそうとする、敵対する勢力の人物である。このあとサンの立場がますます複雑化する様相を呈している。リンのことを救おうとしたウォンとワン・ヨンの画策について何も知らない王妃は、ワン・ヨンが太子をバカにしたと激怒していて、新しい事態が起こりそうだ。

第7話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第7話 あらすじ
お嬢様と侍女は7年前入れ替わりスンヒュ先生の弟子として生きてきましたが、その事をワン・ジョンが脅してきました。「ジョンに嫁げば秘密は守られます」と知っている事を打ち明け、助けるとリンは話します。サンは明日思い出を作れるよう、自由に舞わせてくださいと訴えます。結納当日ウォンがくれた簪を見ながらサンはこれは使わずに、隠しておくと袖に隠します。とうとうサンは覚悟を決めワン家の文様である蝶の刺繍のついた仮面をつけます。サンはウォンに惹かれているのでしょうか。結納の儀が始まり、そこには大勢の護衛を連れた、世子ウォンが現れます。ヨンベクがウォンを「世子様」と呼ぶのを見てサンは驚きます。
ドラマ「王は愛する」第7話 感想
サンが7年もの間身分を偽り生きてきた理由を、貢女として送られるのを逃れるためだったと、サンとウンベクのせいにする計画なのでしょうか。サンのためにと行動するリンですが、もしサンが好きな事に気付いても、親友のウォンも同じく彼女に恋をしている態・・・。ウォンとサンの友情を考えると、これからこの二人の関係はどのように変わっていくのかドキドキします。サンの結婚をリンは止めたかったでしょうが、自分の気持ちを告白出来ない理由は、ウォンのサンへの想いを知っているからなのでしょうか。サンに小鳥の髪飾りをプレゼントしたウォンですが、サンの正体にまだ気付きません。サンはついにウォンの正体を知る事になりました。ウン・ヨンベクの娘がサンだと知らないウォン。ウォンは果たしてサンの結婚を阻止出来るでしょうか。サンを見つめるリンの演技に注目です。ワン・ヨンを怪しむ王妃の新たな展開もありそうです。

第8話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第8話 あらすじ
訪れたお茶会の日・・そこにはダンもやってきて、元成公主とお目にかかる。そこにウォンがやってきて「この中から世子妃を選ぶ。名簿に載っている5名とワン・ヨン家の長女、そして私が招いた娘、7名が集まりました」とおっしゃられる元成公主。そこに登場したのは「ウン・ヨンベク氏の娘でサンという名前だそうです。顔に傷があったが、名医により完治したと・・」と説明し、サンが出てくる。「この女子はワン・ジョンと・・」とウォンが申し上げようとすると「顔を見せてくれぬか?」と命ずる元成公主。サンも世子妃候補に?内心おろおろしながら紐を取るサン・・その顔を拝見したウォンはソファがサンだった事に気付き、驚愕する・・。
ドラマ「王は愛する」第8話 感想
なんとも複雑な状況になってしまいました。これまで秘密にしていた三人の正体がすべて表にでることになりました。ウォンが太子だと知って狼狽えるサンが気になったリンは、彼女の側で常に見守っていた事を知った時は感銘。王妃がワン・ダンを貢女候補に入れた事と、ウォンがサンの婚姻を無効にしたのは、たまたま同時期に起きてしまった出来事でしたが、ウォンを忌み嫌う忠烈王は、すべてが二人の策略だと勘ぐってしまいます。いくら王妃と対立していた関係にあるとは言え、王のウォンに対しての態度は度が過ぎているような気がします。結局、こういった王の態度がウォンを今後刺激する事になるのでしょう。ドラマ「王は愛する」でウォンは史実の王ですが、リンやサンはドラマ上での人物です。即位した忠宣王(ウォン/高麗王朝26代)に関した現存する文献があまりなく、ドラマに現れるキャラクターのうち、実在したとわかっているのがワン・ダンと、烈王がもっとも愛し側室となったヨン・ブヨンです。予想外にも実在した人物の登場が少ないドラマですが、ロマンスドラマのわりには現実味があるキャラクターが多数登場しているフィーリングを受けました。ウォンはサンを太子妃として選ぶことになるのでしょうか。他にも、王妃との約束通りリンは元に渡る事になるのでしょうか。リンの悲しそうな表情が多く登場する話だったと考えます。ウォン、リンの両方ともお似合いのサンが、結ばれる相手は誰なのでしょうか!!結ばれるのはどっちでもよさそうな心情で、現在は話の展開が楽しく夢中になりました。

第9話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第9話 あらすじ
サンの顔を見たウォンは、7年前にとある事件の遺言を伝えたサンが、現在はソファと名乗っていた事を知り、驚きを隠せない。「貢女を逃れるために、自身の顔に傷があるように装ったり、返送したり、身分を偽ったりしたのか・・・。こんな美しい艶やかな顔を隠していたとは。それは父の指示か?」と聞く元成公主。それに加えて「ダン、なぜ跡継ぎはここにそなたを呼んだのだ?」と迫る元成公主・・・。「跡取り様は・・・。」と言ってもいい物かと言葉に詰まるダン・・・。・・・それはお茶会当日の事であった。ウォンは「王妃様が茶会は、この国の世子妃を決定する場だと知っていて来たのか?すべてを知っていてここにやってきたのか?」とサンに問う・・・。すると「はい、その通りです。」と沈痛な面持ちで答えるサン。するとウォンは溢れそうになる涙を堪え「婚姻を約束した方を紹介する・・・。」と言って、ダンを呼び出す。そして、ダンの手を取る。そのウォンとダンの手を取った光景を見て、涙を流し、どこか悲しそうな面持ちでウォンを見つめているサン・・・。涙を流した訳というのは・・・。
ドラマ「王は愛する」第9話 感想
ウォンとサンの7年越しの邂逅が遂に訪れる。サンは自身の身分や正体を隠すために、装いを変えたり、顔に傷を作ったりしていた。それを知った元成公主はサンを問い詰める。その一方、ウォンはお茶会が、周囲の人々に色々と画策されていたことを知り、自身の運命に対して悲観する。そこで謀られたことに対して、涙をこらえながら、ダンの手を取り、婚姻を約束したと沈痛な面持ちで答える。かつてこれほどまでに婚姻の約束で悲しそうに発表することがあっただろうか。ウォンの心境を考えると同上を禁じ得ない。そして、それをウォンと同様に沈痛な面持ちで静観しているサンの心情とは・・・。

第10話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第10話 あらすじ
“外で待っていたリンは、ダンは世子妃に選ばれた事を知り、急いでウォンの元へ向かう。

「これは何の真似ですか?サンお嬢様に聞いたのではないのですか?」とリンは血相を変えながら怒鳴り込んだ。しかし、「サンお嬢様?ソファの正体を?ソファも私の正体を?」「迂闊にも私だけ知らなかったのか」と激怒するサン。

「罪人、ウン・サン。

国王様がおられるのに無礼だぞ。

さっさと跪ずくのだ」と命令する大臣。

サンが忠烈王の前で跪く・・・するとそこに禁足令の王命を破ったウォンが「父上!」と叫びながら駆けつける。

「何たることだ。頭に矢がかすめたあの時でさえも私はお前をどこかで信じていたのに。

一体お前は何を企んでいるのだ」とウォンに怒り狂うと「この者を貢女にする。

すぐに烙印を押せ。逃げられると思うな」と王命を出す忠烈王。

サンが連れていかれそうになる。するとウォンは立ち上がり「彼女を開放しろ!」と怒鳴り「手を離せ!さもないと殺すぞ!聞こえないのか!」と兵士に怒鳴る。

だが、怒り狂った忠烈王は「お前こそ私に殺されるがいい!」とウォンを殴りつける・・。”

ドラマ「王は愛する」第10話 感想
今まで王位に全く関心がなかったウォンがついに変化しました。ウォンはサンとリンを助けるため初めて王に反抗したですが、次回からは忠烈王との対立が中心になりそうなので、個人的には恋愛小説だけでなく、同時に政治色が強いシーンも面白そうで期待しています。そして王妃はウォンとは異なり、サンはウォンに恋愛感情はない事を知りました。さらにサンの真っすぐで素直な姿まで目にしました。ところで王妃は体調が悪そうですが、チェ宦官に何か危害を加えられてるのでしょうか。彼がソンインに協力している事に、まだ気づいていない様子の王妃。これまでの怒りが爆発し、ウォンが王と対立したところで10話が終了。サンが7年間身分を隠していた事を王も気づく事になり、今後サンは更に危険な状態になる事が予想され、ウォンやリンがどう動くのか楽しみです。リンがサンを助けに駆けつける時、見ているだけでドキドキしたので、ぜひ注目してほしいシーンの一つでした。ウォンは王に立ち向かうための力を手にする事ができるのでしょうか。

第11話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第11話 あらすじ
1日放送のMBCドラマ「王は愛する」第11話では、ウン・サン(ユナ(少女時代))がワン・リン(ホン・ジョンヒョン)ばかりを心配する姿に嫉妬するワン・ウォン(イム・シワン(ZE:A))の様子が見られる。ウン・サンは「貴方の前で他の事を考えるのは簡単ではない」とし、「貴方は私を不便にさせ、動揺させる。だからどいて」と言った。禁足令を無視してウォンは、サンが投獄されている牢を訪ねる。元に貢女として送られる事にサンは覚悟を決めると、最後に感謝と別れの言葉をウォンに告げる。サンを救う為にウォンは、間もなく元の使臣団が帰国する中、必死に知恵を絞る。そんな中、使臣団のための宴の準備を着々と元成公主が進めていた。元成公主のもとにウォンとリンが到着すると、なんとウォンがまさに探し求めていたある人物の姿があった。
ドラマ「王は愛する」第11話 感想
今までの流れではサンとリンが結ばれるような雰囲気が続いてましたが、第11話ではウォンとも結ばれる確率もあり得そうなので、まだまだ展開が読めませんでした。元に送られる危機を回避できたサンですが、今度はウォンがソンインに拉致されてしまい、再びサンが危険な状況に落ち入り、驚異の展開が続きます。第10話の最後のシーンで忠烈王をウォンが怒らせた真意が判明しました。忠烈王が怒り狂ってウォンを叩き、その出来事を元から派遣された役人に見せる事は、すべてウォンの計画の内だったようです。これまでの話の展開をみるとすべてがウォンによって計画されている事から、彼は判断力や対応能力が抜群のようです。ただ、サンへの恋心の大きさや、リンとサンが一緒にいる姿を見ただけで嫉妬する様子が気になりました。今まで登場したウォンのナレーションを思い返してみました。度々登場する小鳥とは、サンの事なのでしょうか。サンとリンが両想いになった瞬間、ウォンが変貌しそうで怖いです。ウォンとリンの両方がサンに気持ちを寄せている事に気づいたダン。今後、二人の心情に気づく人物が増えると、サンはまた危険な目に遭う事になるのでしょうか。

第12話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第12話 あらすじ
突然、サンが乗る馬車を不審に思ったウォン。その馬車に止まるよう指示する。何事かと、リンが扉を開けると、そこには意識を失っているサンに対して、首に刀を当てて彼女を連れて行こうとする瞬間のインの姿があった。ウォンは「ソファ(サン)の傍から離れろ!彼女に触れるな!!」と激怒した。剣を構えたウォンを命懸けで止めようとするリン・・・。するとそこにはソン内官がおり「これは王の命令だ。」と述べる。サンを連れていくよう指示を出したのが王である、と言われ、感情を抑えきれず怒り暴れるウォン。しかし、サンを乗せた馬車は何事もなかったかのように走り去っていく。ウォンはサンの事が絡むと、自身を抑えきれず、理性を失ってしまうようであった。そこから、ウォンとリンは、ソン・インに捕らえられたサンを見つけ出す。しかし、王の命令が下ったらしく、サンは王の御所へと連れ去られる。忠烈王はサンを解放しないばかりか、ソン・インら家臣たちにそそのかされてしまい、ウォンを疑いだす。そしては、王妃の元成公主をも家臣の言葉通りにおとしめる。その横暴な忠烈王の振る舞いに、遂には我慢ならなくなったウォン。激情に任せて、父に刃を向けるのだった。そんなウォンに失望し、ついにウォンを跡継ぎとして相応しくない、と王から伝えられる。
ドラマ「王は愛する」第12話 感想
サンに対する想いを薄々ながら感じ始めるウォン。サンの事になると激情に身を任せ、彼女に関与しようとするものに対し、敵意を向けまくる。たとえそれが忠烈王の命令であろうと・・・。ウォンもウォンだが、忠烈王も忠烈王である。結果的に臣下にも慕われていなかった忠烈王は、疑心暗鬼に陥り、妻である元成公主だけでなくウォンも疑いだす。全ては臣下の想いのままとなっている。そんなこんなで罠にはめられるウォン・・・。遂にはサンの事を表に出され、忠烈王に刃を向ける。それに激怒した忠烈王は、ウォンを跡継ぎとして認めないことを大勢の前で告げてしまう。

第13話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第13話 あらすじ
ある日ウォン(イム・シワン)は親友であるリン(ホン・ジョンヒョン)を連れ、どうしようもなくなり、力を借りようとイ・スンヒュの元を訪ねる。イ・スンヒュから、8年前にサン(ユナ)は自身の力の無さ等、母親の死への罪悪感から味覚を失った事を教えられる。ウォン自身においても、何もしなかった、出来なかった事への罪悪感からこれまで8年間隠していた真相を遂に話すに至る。サン含む母親を襲った盗賊を目撃していたのは、自分たちであることを。それから、リンと共に王宮に戻ったウォン。そこで、兵士の食糧などを保管し、貯蔵する倉庫が空になっている事を知る。倉庫のすべての食料などは、王の内房庫(ネパンコ/宮廷内の倉庫を管理する部署)に移されていたのだった。とにかく困った状況に置かれ、右往左往しているウォンの元に、イ・スンヒュの命令でサンが現れる。そんな状況になってしまうだろう、ことを予想していたウン・ヨンベクが予め用意していた食料とお金をサンからウォンに手渡します。サンはウォンに対して「8年前の事件の真相を明かさないで欲しい。」とお願いする。
ドラマ「王は愛する」第13話 感想
サンが無力感や罪悪感を感じていることを伝えられたウォン。ウォン自身も、サンの母親の事件に関して無力感や罪悪感を感じて生きてきたことを吐露する。いくばくか心の重荷が軽くなった矢先、王宮に戻ったウォンであるが、倉庫の食料等一式が移されていたのであった。そこで、サンに食料やお金を持たせた人物がいた。色々とやらかしたり、激情に身を任せ父である忠烈王に刃を向けたことがあるウォンであるが、そんあウォンのことを理解し、共に歩んでいこうとする者も確かに存在するのだ。しかし、そんなウォンにサンはかつての事件を公にしないで欲しいことを伝える。サンの心情は、なぜ明らかにしてほしくないのか、こうご期待。

第14話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第14話 あらすじ
サン(ユナ)の母が殺害された当時の事件の真相が、遂に明らかになった。急遽、王妃の命令でリンは、推鞠所(王の命令で重罪人を取り調べる所)に連れてこられる。連れていかれたリンの兄である、ワン・ジョンと父のワン・ヨンもリンと同様に王妃の元へと連行されてしまう。ワン・ヨン一家の家紋が付いた証拠品を、サンの母親の事件の犯人であるとされ、突き付けられたリンは、すべてを諦めてしまう。しかし、ワン・ジョンは「無罪だ。」と嘘を言い続けます。実は、サンの母親の事件現場で発見された証拠品を持っていた人物は、なんと驚くことに、サンたちを襲った盗賊のボスだったのである。盗賊のボスの証言で、新たな事実が表沙汰になってしまう。実は、サンの母親以外にも何者かによりその場に居合わせたすべての盗賊が殺害されていたのだ。王妃は、今後ウォンに対して危害を加えるであろう者を予想し、リンやその力を持つ者たちを排除しようとする。それを知ったウォンは、王妃の行為に驚き、中止させようとする。身分が低い盗賊が証言した事にウォンが関与しているのでは、と不安になった王妃は、兄であるワン・ジョンとサンの母を殺害した犯人が顔見知りであると、こっそりとサンに耳打ちし、嘘の証言をさせようとする。実際にそれを受諾し、嘘の証言をしに向かうサンに対してウォンが近づく。ウォンは「親友であるリンのために、すべてを許してもらえませんか、お願いします。」と懇願する。王妃の言う通り、嘘の証言を言う事を心に決めていたサンでしたが、犯人として拘束されているリンを見ると、何とも言えない気持ちになり、彼を助けるため「ジョンが彼女を助けた。」とその場で王妃の嘘とは別の嘘の証言をする。そんなサンの嘘の証言で釈放された兄ワン・ヨン。肝心のジョンとリンですが、ウォンの未来を考慮した王妃はリンをウォンに近づかせないようにするために島流しにする。そして、ウン・ヨンベクはリンとサンが互いに心が通じ合っていることに気づき、二人を結婚させ遠い国に行かせる事にし、王妃に許可をもらうため王宮にやってくる。王妃への面会を待つ、ウン・ヨンベクの元にヨン・ブヨンが現れる。ヨンはウンに対して、挨拶がてらに突然怪しいお香をたく。彼が王宮に来た事を知ったウォンは急いで彼に会おうとするが、ウン・ヨンベクは既に亡くなっていた。
ドラマ「王は愛する」第14話 感想
遂にサンの母親が殺害された事件の真相が明らかになろうとしている。しかし、その犯人としてされた人物は、サンの兄であるワン・ジョンであった。そして、ウォンの幼い時からの親友であるリンであったのだ。王室で過ごしてきたリンにとって、自身の無罪を訴えても無駄なことを知っており、すでに諦めてしまっていた。そして、王妃はウォンにももしかすると悪影響があるのかもしれない、と判断し、サンにうその証言をさせ、ウォンへの危機を避けようとする。そのあと、証言しようと向かうサンに対し、ウォンがリンは親友であること、彼をどうしても助けたい事、を懇願する。そんなウォンの頼みに何かを感じたのか、また別の証言を行う。そんなサンが今後ウォンに関与すれば、何かしら不都合があるのではと考えた王妃は、リンを島流しにする。ウォンに対するリンの気持ち、リンに対するウォンの気持ちが真摯に伝わる面場面である。そして、リンとサンの気持ちに気付いたヨンベクは王妃に対して、リンとサンが結婚させてもらえるように頼みに行く。そこにヨンが現れ、謎のお香をたいてしまう。一息ついたウォンはヨンベクに合おうするが、次に彼に合うのは彼の最期であった。

第15話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第15話 あらすじ
リンはサンのためにすべてを捨て、遠くに逃げ逃亡者となることを決意します。リンがウォンにとって最もリスキーな人物だと決断した王妃は、サンの財産を入手する計画を立てます。王妃の策略通り、軍の食料品がウン・ヨンベクとワン・ヨン宅に横流ししたと、濡れ衣を着せられる事になります。ウン・ヨンベクの葬儀の日、王妃とソンインのグループがサンとリンを意識します。サンとリンが危うい立場に置かれた事を知ったウォンは、サンではなくリンを助ける事を決心します。
ドラマ「王は愛する」第15話 感想
サンかリンの二人のうち立ちらか一方だけ助けられる状況に追い詰められたウォンは、サン(ソア)ではなくリンを助けることでした。ウォンが記した辛い手紙を無事サンに届ける事ができるのでしょうか。リンを太子にする策略をソンインが単独で計画したものだと思っていましたが、リンが策略を確認するためにソンインの屋敷を再び訪問した場合、その場にいたトップは、なんとあの忠烈王でした。リンはサンを連れて一緒に逃亡する計画で、王妃はリンとサンを殺害までして消そうとし、王妃の策略の動きを知った忠烈王はリンの救出しようとするところで、ドラマが終わりました。サンは、ウォンが送った手紙を無事受け取ることができるのでしょうか。リンの妹のダンとウォンの結婚が二日後となり、ウォンがリンのために残された手段は、ダンと結婚して、ワン・ヨンの世帯の地位を現在まで以上に引き上げる事だったようです。リンが初めてウォンに背き、サンを優先させました。これで二人のブロマンス(友情)に傷が入る事になるのでしょう。ウン・ヨンベクとワン・ヨンが、リンとサンを結婚させようとした事や、リンがウォンのためにすべてを捨てる決意をした事を知ると、ウォンはどのように変わるのでしょうか。迫りくる危機を知らない二人に何が起きるのか、次の話への期待が高まります。

第16話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第16話 あらすじ
王の素行がおかしく、王宮に戻らない事を懸念したリンは彼の側に留まる事にし、ソンインの行方を探っていたウォンの部下から、リンが王と共にいるとの情報を受けます。リンが見限った可能性があるとの情報に耳を向けず、リンを信じきるウォン。一方、ソンインの従兄のソン・バンヨンはウォンを廃位させるため、ウォンが金目当てでウン・ヨンベクを殺害したと偽の情報を流します。ウォンからの手紙を受けとったサンは王宮に戻ります。ただし、ワン・ダンからウォンとの結婚がある事を教えられ、ウォンから身を引くよう嘆願されます。同時期、王と一緒に王宮に戻ったリンは、ウォンの方ではなく、妹のダンの元へ急ぎます。ダンの様子がおかしいことから、サンの後を追います。リンはサンを同じように探しているウォンに気づき、唐突にサンを呼び止め、キスします。
ドラマ「王は愛する」第16話 感想
最終話まで残すところ4話のみとなりました。どんな終わりを迎えるのでしょうか。個人的にはリンとサンが相性がよいように思え、二人が結ばれることを望みます。サンと一緒に船に乗り、遠い異国で、いつまでも共に居たいと話すリンの告白に胸がキュンキュンしましたが、サンの表情が心なしか暗かったような気がします。リンの告白に、ウォンの事が頭によぎる様子のサンですが、もしかして彼女が好きな相手というのはリンじょなくウォン??彼女の想いがどっちに向いているのか、彼女の口からハッキリさせて欲しいと切に思ってしまいました。リンを眺める照れている眼差しは恋、まっすぐにウォンを見ていた眼差しは友情だと思っていましたが、ダンとウォンの結婚の話を耳にしてガッカリしたような表情を見えたサン。私だけの思い違いだったのでしょうか。サンとリンのキスシーンが現れるとは意外でした。離れたところから二人を見つめるウォンの姿をラストにドラマが終わりましたが、このキスは何を意図しているのでしょう。ウォンに間違った選択をして欲しくないと思う想いから出たリンの行動だったのか、の見極めは次の話で可能でしょう。無比(ヨン・ブヨン)と過ごすようになって正気を失った様子の王と、具合を悪くした王妃の姿から察すると、どっちかが死ぬことになりそうです。すべてはソンインの策略通り、リンとウォンが対立する事になりそうです。やはりバットエンドを迎える事になるのでしょうか。鋼の意思をもって突き進むウォンも、静かに守ってくれるリンも最高で、二人の間で揺れ動くサンが羨ましくなる瞬間が多々ある話でした!ロマンス中心のドラマですが、この時代の高麗を知らないからか、歴史的にも十分に堪能できるドラマだと思えました。

第17話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第17話 あらすじ
リンとサンのキスを見たウォンは、ショックを受けたままダンとの婚礼をあげる事になります。婚礼後、サンが気になってウォンは、結婚したばかりのダンを残しサンをさがしに出かけます。リンはサンとの結婚を許してもらおうとしますが、ウォンはサンをリンに渡すつもりはなく、リンを捕まえているように命じます。リンと一緒に遠くへ逃げるつもりだったサンに、ウォンはサンを守る事を約束します。ムソクがリンを助け出し、リンはサンの元へ向かおうとしますが、ソンインは忠烈王のところにリンを連れて行きます。忠烈王は無比(ムビ)が側にいないと時に、リンに助けを求めます。王の健康状態が無比と関連があると気づいたリン。サンの父の死に王妃が係りあると誤解したウォンは、王妃に会う事を拒絶します。王宮では緊急会議が開かれ、ウォンも出席する事になりますが、忠烈王は現れず、王にすべてを委任されたリンがやって来ます。忠烈王の個室に突然現れた王妃は、ソンインと無比の関わりを知ります。フラタイは王妃を守ろうしてソンインの部下に殺され、守ってくれる人がいなくなった王妃は、一人個室で寂しく命を引き取ります。
ドラマ「王は愛する」第17話 感想
妃が病だった事も、ウン・ヨンベク殺害と無関係だった事も知らないウォン。母との誤解をとく事なく、王妃が亡くなりました。母の死を知ったウォンの次の行動は?どんな感じで展開されるか心配になります。サンとリンは約束の場所に向かいますが、途中王妃が死亡した事を知ったサンは、ウォンの元へもどるのでしょうか?彼女を待つリンの表情には心もとなさがいっぱいです。今後どんな展開になるのでしょうか。リンが友情を捨ててサンを選択したたような描かれ方でしたが、リンには何か思惑があるようです。相手がソンインなので、リンの計画通りに事が進むか問題です。ソンインはウォンを失脚させ、リンを利用して権力と王座を握ろうとしてるようです。両想いのサンとリンは遠い国で二人だけの幸せな毎日を送る事になるのでしょうか。リンとサンが結ばれることを望むばかりです。

第18話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第18話 あらすじ
計画よりも早く王妃が死亡した事から、忠烈王を亡き者にしようと企むソンイン。王の安否を気にかけ現れたリンは、王の意識がない事はムビが焚いているお香のせいだと気づきます。王妃を死に追いやった背景に無比(ムビ)とソンインがいる事を知ったウォンは、無比の挑発的な態度に腹をたて彼女を殺してしまいます。ウォンを失脚させようした勢力を捕まえ始めたウォンはリンの父まで拘束する事になります。サンと共に旅立つ準備ができたリンは、ウォンを一人残す事が不安になり、すべて決着するまで残る決心をします。サンはリンに頼まれ、毒に侵された王を助けるための解毒剤を見つけます。ウォンとリンの仲を裂くため、ソンインは新たな計画を立てます。その計略通り、リンが狙っていたのが王座だと誤解してウォンは、リンに剣をむけます。リンもまたウォンに剣を向けますが、途中リンがわざと剣を手から離し、ウォンに斬られ倒れます。
ドラマ「王は愛する」第18話 感想
リンがウォンとの幼い頃を思い浮かべるシーンは、とても美しいと感じました。リンという人物が後半でも最高に描かれてました。変わらないはずの二人の友情も、サンが登場した事で変わって行きましたが、ウォンへの友情を絶対に捨てないリンがウォンよりも好きです。王妃の死後、冷静さを失ったウォンは、リンという唯一の友人を斬ってしまったことに驚きます。リンの想いに気づいて、ソンインの悪事を早く暴いてもらいたいです。昏睡状態の王から玉璽(王の印)を奪ったソンインは、更に暴走して行きそうです。ビヨンとムソクの恋はどうなるのでしょうか・・・。ムソクの正体を知らなとはいえ、何もかもムソクに話してしまうビヨンの情けなさにイライラを感じてしまいました。ウォンを演じるイム・シワンは時代劇にもピッタリにはまっていて母の王妃を亡くして号泣するシーンでは思わず涙が出てきてしまいました。ウォンの複雑な心境が分かりやすく表現されていたと思います。

第19話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第19話 あらすじ
リンの手紙にはこれまでの経緯が詳しく書かれていて、ウォンは全てを理解し、反乱を起こそうとした人物を捕え始めます。ウォンはチャンイからリンの意識が回復した事と、サンの行方が分からない事を伝えられます。リンはサンがわざと姿を消した事を知ります。ビヨンはサンを助けるために、ソンインの命令をききます。ソンインの命令とは、太子妃となったダンを王宮から連れ出す事でした。嘘とは知らずサンがいる場所に向かうダン。サンはソンインに捕われていて、何も知らないダンがそこに連れて来られます。ソンインの計画は、サンとダンのどちらか一人を殺して、残りの一人を人質として使用する事でした。二人に注がれたお茶の一つには毒が入っています。毒の入ったお茶はダンに渡される事になりますが、サンはとっさにお茶をすり替えて、自ら毒入りのお茶を飲みます。意識を取り戻した忠烈王は、無比がウォンに殺された事を知ります。
ドラマ「王は愛する」第19話 感想
意識を取り戻した忠烈王は無比が殺された事を知ります。もちろん王妃が死亡した事も聞かされ、とてもショックを受けた様子でした。リンの父がウォンに話したように、王は本当は王妃を愛しく思っていたのに、時代の背景から考えて、彼女への気持ちを上手く表現することができなかったのだと思います。王に愛されていないと思っていた王妃も可哀そうですが、彼女が生きている間に心を伝えられなかった王も可哀想ですね。このままリンとウォンが仲たがいしたままではと心配してましたが、リンの手紙で再び二人が一緒にいる姿を見られる事ができました。毒の入ったお茶をダンの代わりに飲んでしまったサンはどうなるのでしょう?ソンインは最後死ぬ事になるのでしょうね。ウォンは今後如何に対処する事になるのでしょう。最終回が気になります。リンとサンが結ばれ、ウォンは悲しい結末を迎える事になるのでしょうか。

第20話

字幕動画
吹き替え動画
ドラマ「王は愛する」第20話 あらすじ
ソン・インからの脅迫状を受け取ったウォンは、リンとともに馬を走らせます。その頃、ソン・インに捕らえられてサンは馬車の中にいたが、サンの体内にはダンの身代わりになって飲んだお茶の毒が回り始めていました。そこへ駆け付けたたウォンは、ついにソン・インと対峙することに・・・。一方、王宮内では元の役人達による忠烈王への激しい追求が行われていました。父子の対立、王位を狙う者達のひどい争い、加えてウォン、リン、サンの関連。リンが家族と離縁して反乱のリーダーとして死を迎えたことで、忠烈王は退き、ウォンが王に即位することになります。しかし、すべてに決着を付けるべく、ウォンが最後に下した結論とはなんなのか…。
ドラマ「王は愛する」第20話 感想
ついに最終回を迎えました。リンとサンの想いを知ったウォンが、キューピットのような役割を果たしますが、リンが以外にも反乱のリーダーとして死を迎え、ウォンが王に即位する事になります。リンが強く願っていた通り、すべてを捨ててサンと共に旅立ちました。ウォンではなく、帰するところリンと結ばれました。ウォンはサンと結ばれる事なく、悲しい結末を迎えました。愛する人とかけがえのない友を失ったウォンが、王位を捨て元に戻る結末で終わりました。もっと悲しいエンディングがあると思っていたので少しガッカリでした。ウォンが行ってしまった後に、一枚の絵が発見され最後に登場しますが、幸せそうに笑っている昔の三人の姿が描かれていました。切ない想いにさせられる最後でした。

あらすじや感想を見ていただき、王は愛する の内容をお分かり頂けたかと思います。

「王は愛する 」の内容を知って、ぜひ動画でも見てみたい!

そう思った方は、無料で視聴出来る動画配信サイト一覧をまとめましたので、ぜひ参考にしてください♪

 

王は愛する の動画を無料視聴できる動画配信サイト

王は愛する の動画を無料視聴できる動画配信サイトの情報を字幕/吹き替え別にまとめました。

◯:見放題 △:有料/実質無料 ×:視聴不可

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 無料期間
月額料金/ポイント
韓国ドラマ作品数
U-next
見放題
X 31日間無料
月額1990円 600円分配布
1270作品

TSUTAYA TV

見放題
X 30日間無料
月額933円 1100円分配布
760作品

FOD

見放題
X 2週間無料
月額888円 ポイント配布
500作品

ビデオマーケット

見放題
X 初月無料
月額500〜980円
540円分配布
600作品

dTV

見放題
X 31日間無料
月額500円 ポイントなし
350作品

NETFLIX

見放題
X 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
190作品

hulu

見放題
X 2週間無料
月額933円 ポイントなし
150作品

ABEMATV

見放題
X 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
140作品

GAYO!

1話目無料
(220円/2話〜最終話)
X 無料
580作品

amazonプライムビデオ

見放題
X 30日間無料
月額500円 ポイントなし
320作品

(2020年11月13日時点の配信情報)

字幕版のみとなりますが、「王は愛する 」の動画を無料視聴出来る動画配信サービスは、U-next ・TSUTAYA TV ・FOD などいくつもあります。

※日本語吹替版を扱っている動画配信サービスはありません。

Q:なぜ、無料で視聴出来るの?
A:殆どの動画配信サービスには無料視聴期間があるからです。

※ U-nextの例:登録から31日間、無料で動画を視聴出来ます。

なかでもU-nextは韓流ドラマ作品の取り扱い数が日本一なので、

沢山の韓国ドラマ・映画が視聴出来るだけでなく、見たい作品がなかった・・・ということが殆どなくおすすめです♪

31日の無料期間もあるので「王は愛する 」の動画だけでなく、他の韓流ドラマ・映画も、ぜひたくさんお楽しみください♪

31日の無料お試し期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ここまでU-nextで王は愛する の動画を無料視聴できることをお伝えしました。

ただ、無料で視聴することが出来るのはわかったけど、解約が出来なくてお金を払うことになるんじゃないの?と不安も出てくると思います。

そこで、U-nextで王は愛する の動画を無料視聴する方法を登録・解約方法と共に説明しますので、不安を払拭して頂ける嬉しいです!

U-nextで王は愛する の動画を無料視聴する方法

U-nextの登録・解約方法ともにすごく簡単なので、画像と一緒にお伝えします♪

【登録方法】

U-nextの登録方法の流れから説明致します。

※スマホで、この記事を読まれている方は画像を横スクロールして頂けますと全ての登録の流れが見れます♪

step1 step2 step3 step4
「今すぐ31日間 無料トライアル」をクリック お客様情報を入力し「次へ」をクリック クレジットカード情報を入力 確認して完了

【解約方法】

続いて解約方法を説明致します。

※スマホで、この記事を読まれている方は画像を横スクロールして頂けますと全ての解約の流れが見れます♪

step1 step2 step3 step4 step5
ログイン画面の左上をクリック→設定・サポートをクリック 契約内容の確認・変更をクリック 月額プラン『解約はこちら』→次へをクリック 『同意する』をクリック→解約する 解約完了

以上が登録方法と解約方法になります。

登録も簡単ですし、10秒もあれば解約もできるので安心です♪

U-nextに登録後すぐに王は愛する の動画を無料視聴できるので、ぜひたくさんの韓国ドラマ・映画をお楽しみください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

さきほど韓流ドラマ・映画の取り扱い数が日本一のU-nextとお伝えしましたが、他にもどんな作品があるんだろう?

と、気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、U-NEXTの韓流ドラマのおすすめ作品をまとめました。

王は愛する だけでなく、多数の韓国ドラマ作品をお楽しんで頂けると嬉しいです♪

U-nextでおすすめされている作品

 

王は愛するのキャスト・スタッフ

【脚本】
ソン・ジナ

【キャスト】
イム・シワン:ワン・ウォン
ユナ:ウン・サン
ホン・ジョンヒョン:ワン・リン
オ・ミンソク:ソン・イン
パク・ファニ:ワン・ダン

 

「王は愛する」の動画を見た方々の感想

口コミ

(30代・女性)
人の気持ちを汲み取ることをせず少し乱暴な皇子だったウォンが、早合点がちの言動で少し危ういところはありますが、徐々に賢く決断し対処していく姿が頼もしく思いました。最終的にはウォンがサンに対する好意を抑えつつ、友であるリンとサンの幸せを願い二人が静かに暮らせるように計らっていく姿が、涙を伴うくらい潔くかっこいいと思いました。王をはじめとした官僚たちがウォンの足を引っ張り、邪魔をして、ウォンとリンを仲違いさせたりサンを遠ざけたりと陰険なやり口にイライラし怒りを感じながらウォンを応援しながらドラマの展開を観ていました。リンのウォンへの忠誠や家系の立場ではなく友としてウォンに応えたことに対しても、ウォンは友を思い絆をしっかり深めることが出来ていて情愛が成熟したなぁと思いました。


(30代・女性)
最後の終わりがあまり自分好みではありませんでした。タイトルの通り、「王は愛する」なので間違いではないのですが、ハッピーエンドで終わる話が好きなので切なさが残る終わりが観終わって残念な気持ちになりました。それまで一生懸命彼女を守ってきたことや二人の気持ちを考えると切ない気持ちになりました。ストーリーは、王様と王妃の儚く切ないラブストーリー、とことん悪役の家臣に思惑によって王家の中が波乱に満ちていく時代劇ストーリー、世継ぎである王子とその親友である王族との友情や三角関係のストーリー、様々な要素が絡み合ったお話になっていました。商人の娘であることを隠して生きているヒロインの母の仇を打つためにたくましく動く姿はカッコよかったです。そして綺麗で優美でした。王子と親友二人がヒロインに翻弄されたり、王座争いに巻き込まれたりと息つく暇もなく見進めることができたドラマでした。

 

まとめ

3人の恋の行方と、男同士の友情、そして切ないストーリーを楽しめるのが見どころの韓国ドラマでした。

31日の無料期間に加え、韓国ドラマ・映画の作品数日本一のU-nextで、ぜひ王は愛する の動画を無料視聴でお楽しみください♪

31日の無料お試し期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴